魔界劇団カーテン・ライザー:遊戯王カード考察  新マスタールールに早速対応とか沢渡さんさすがっすよ!

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。

 

 

 

魔界劇団カーテン・ライザー
ペンデュラム・効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1100/守1000
【Pスケール:青7/赤7】
このカード名のP効果はデュエル中に1度しか使用できない。
①:自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。
Pゾーンのこのカードを特殊召喚する。
【モンスター効果】
①:自分フィールドにこのカード以外のモンスターが存在しない場合、
このカードの攻撃力は1100アップする。
②:1ターンに1度、
デッキから「魔界台本」魔法カード1枚を墓地へ送って発動できる。
自分のEXデッキから表側表示の「魔界劇団」Pモンスター1体を手札に加える。

 

 

魔界劇団の新しい仲間となるレベル4ペンデュラムです。

アークファイブにおいて沢渡シンゴがバトルロイヤルで使用、

自身の効果で攻撃力を上げつつアタッカーとして活用されつつ

ファンキーコメディアンのペンデュラム効果のコストになりました。

 

サーカスのテントのようなフードをかぶったピエロのようなモンスターです。

魔界劇団の一員という事で例によって目が片方しかありません。

カーテンライザーは直訳すると「幕を上げるもの」であり

演劇のはじまりを意味する幕開きの事だと思われます。

そうなると彼の役割は歌舞伎用語でいう所の「仕出し」ではないでしょうか。

仕出しとは舞台の幕引き直後に登場する通行人などを演じる役で

主要人物が登場するまでの繋ぎや物語の解説、雰囲気作りとして重要な立場です。

 

 

ペンデュラム効果はデュエル中に1度、自分の場にモンスターがいない時に

Pゾーンからモンスターゾーンに特殊召喚できるというものです。

デュエル中に1度限りではありますがPゾーンさえ空いていれば

実質的に緩い条件で手札から特殊召喚可能な効果となっています。

魔界劇団エキストラと条件がかぶっていますがこちらはレベル4であり

覇王眷竜ダークリベリオンのエクシーズ素材などに活用が可能です。

 

 

モンスター効果の①はこのカード以外自分のモンスターがいない場合に

攻撃力を1100アップさせるというものです。

元々の攻撃力と合わせて2200打点として活用が可能です。

アニメでは純粋に攻撃力を倍にする効果でありもしそのままであれば

ファンキー・コメディアンのP効果で攻撃力を上げれば

中々楽しい事になっていたのですがちょっと残念ですね。

それでも下級モンスター相手なら一掃できる攻撃力を持っています。

 

 

モンスター効果の②は1ターンに1度、

デッキから魔界台本1枚を墓地に送る事でエクストラデッキに存在している

魔界劇団1体を手札に回収するというものです。

実に新マスタールール向きの効果でありエクストラデッキから手札に移す事で

その魔界劇団をメインモンスターゾーンにペンデュラム召喚可能となります。

ペンデュラム召喚の際にカーテンライザーを混ぜてこの効果を使えば

1ターンに2体は安定してペンデュラム召喚を狙う事が可能です。

勿論ペンデュラム召喚の準備がまだ整っていない時に

エクストラデッキからスケール要因を引っ張ってくるのにも活用可能です。

魔界台本を墓地に送るコストも魔界の宴咜女やデビル・ヒールの効果で

墓地から回収できるので無駄になりません。

ただ魔界劇団はどちらかと言えば魔界台本を墓地から回収するよりも

デッキからサーチする方が得意なのでそのあたりは意識しておきましょう。

 

 

基本的にはアタッカーとして活用できる状況であればアタッカーにしつつ、

そうでない時は効果で魔界劇団を手札に回収した後に

エクシーズ素材や融合素材なりに使ってしまうといいでしょう。

闇属性ペンデュラムなので覇王眷竜ダーク・リベリオンや

覇王眷竜スターヴ・ヴェノムの存在になれます。

1体エクシーズ素材にするなりしてカーテンライザーを墓地に送り

眷竜スターヴでそれをコピー出来れば②のモンスター効果を使いつつ

①のモンスター効果で3900打点を狙っていく事も可能です。

 

 

またレベル4の魔界劇団では貴重な高スケール要因でもあります。

スケールは7とティンクル・リトルスターと比べると低めですが

代わりに魔界劇団の縛りがなく他のテーマを混ぜる時に活きてきます。

そもそも現在魔界劇団にはレベル5,6のモンスターがいないので

そのあたりからも他のテーマを混ぜる事を意識しているのでしょう。

逆にペンデュラム効果による特殊召喚を目当てに

他のデッキに1枚だけ出張させるという手もあります。

眷竜スターヴや眷竜リベリオンの素材として結構価値があります。

 

 

魔界劇団にも新マスタールールを意識したカードが登場しました。

沢渡さんは新マスタールールもしっかり理解しております

関連記事

サイバース・コンバーター:遊戯王カード考察 セクレタリーと並ぶ手札からの展開手段に

7月21日にVジャンプ9月号が発売されます。 今回紹介するのはその付録としてついてくるこのカー

記事を読む

遊戯王カード考察:天球の聖刻印(てんきゅうのせいこくいん) 簡単に出せてフリーチェーンで対象に取らないバウンス

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

遊戯王アークファイブ第66話『開幕戦!!クロウvs権現坂』感想

遊戯王ARC-V66話の感想です。 ついに始まりましたフレンドシップカップ。 興味深いカ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ランスフォリンクス、竜角の狩猟者、ドラコニアの獣竜騎兵、ドラコニアの海竜騎兵

今回紹介するのはEXTRA PACK 2015よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超量士(ちょうりょうし)グリーンレイヤー

今回紹介するのはウィング・レイダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:甲虫装機(インゼクター) ピコファレーナ 超進化の繭が使いやすくなりました

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

【オルターガイスト】:遊戯王テーマ考察  罠カードメイン低速メタビート!いやらしく相手を妨害していこう

遊戯王VRAINSにおいて財前晃とちょっと大人な関係を匂わせつつ ゴーストガールとして情報を盗

記事を読む

遊戯王アークファイブ第89話『強襲!オベリスクフォース』感想

遊戯王ARC-V89話の感想です。 とうとうシンクロ次元にやってきたオベリスクフォース。

記事を読む

遊戯王アークファイブ雑記:ランサーズをセレナちゃん主役の乙女ゲー風に紹介

注意:今回は考察ではなく雑記です。しかもわりと頭悪い内容です。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:暗黒騎士ガイアロード

簡単に手札から出せるレベル7!   今回紹介するのは劇場版 遊☆戯☆王 THE

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:ブースター・ドラゴン とりあえずヴァレットの効果発動したい時に

VRAINS主要4キャラのテーマである サイバース族、トリックス

遊戯王カード考察:電網(でんもう)の落とし穴 腐るケースはかなり少ないと思います

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:ストームサイファー デメリットだけじゃない2400打点デメリットアタッカー

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、

→もっと見る

    • 4,879,154 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑