EM(エンタメイト)オッドアイズ・シンクロン:遊戯王カード考察  ちゃっかり吊り上げ効果がつきました

5月13日、いよいよコレクターズパック2017の発売ですね。

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。

 

 

 

EMオッドアイズ・シンクロン
ペンデュラム・チューナー・効果モンスター
星2/闇属性/魔法使い族/攻 200/守 600
【Pスケール:青6/赤6】
①:1ターンに1度、自分フィールドの「EM」モンスターまたは
「オッドアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、その表側表示モンスターをチューナーとして扱い、
レベルは1になる。
【モンスター効果】
EXデッキから特殊召喚したこのカードは、
S召喚に使用された場合に除外される。
①:このカードが召喚に成功した時、自分の墓地のレベル3以下の、
「EM」モンスターまたは「オッドアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
②:1ターンに1度、自分のPゾーンのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを効果を無効にして特殊召喚し、
そのカードとこのカードのみを素材としてSモンスター1体を召喚する。

 

 

エンタメイトにしてオッドアイズにしてシンクロンのペンデュラムチューナーです。

エンタメイトにとってもオッドアイズにとっても初のチューナーであり

逆にシンクロンにとっては初のペンデュラムモンスターとなります。

名前が全部カテゴリ名とかなんやねん!

アークファイブにおいて榊遊矢がジャック・アトラス及び赤馬零児戦で使用し

その効果でペンデュラムゾーンの星読みの魔術師とチューニング

クリアウィング・シンクロ・ドラゴンのシンクロ召喚へと繋げました。

アニメではペンデュラム効果はチューナーに破壊耐性を付与するというものでしたが

OCG化にあたりまったくの別物になっています。

 

大きな赤と緑の目が特徴の顔に手足がついたような白いモンスターです。

エンタメイトらしく帽子と蝶ネクタイでコーディネートしています。

目が歯車になっており機械族っぽい見た目ですが魔法使い族です。

 

 

ペンデュラムチューナーですが効果外テキストとして

P召喚したこのカードをシンクロ素材にすると除外されてしまう制約があります。

ただ闇属性なので闇次元の解放に対応しており

新マスタールールの仕様変更も考慮すると一概にデメリットとはいえません。

 

 

ペンデュラム効果は1ターンに1度、自分の場の

エンタメイトかオッドアイズ1体をレベル1のチューナーにするというものです。

高レベルのモンスターばかりの状態でもシンクロ召喚に繋げやすく

特にレベル7のシンクロと合わせてクリスタルウィング・シンクロ・ドラゴンや

ゴヨウ・キングのシンクロに繋げたい場合に重宝するでしょう。

レベル4を3体ペンデュラム召喚した時にその内の1体をチューナーにする事で

氷結界の龍トリシューラのシンクロ召喚を狙う事も可能です。

 

 

モンスター効果の①は通常召喚に成功した時に

墓地のレベル3以下のエンタメイトかオッドアイズを効果を無効にして蘇生可能です。

ジャンク・シンクロンに近い効果で恐らく意識していると思われます。

ペンデュラムは墓地に落とすのが少し面倒なのでこの効果を活かすのであれば

レベル3以下の非ペンデュラムを採用した方がいいでしょう。

オッドアイズはペンデュラムモンスターばかりですが

エンタメイトであれば非ペンデュラムも多いです。

使いやすい効果を持つEMフレンドンキーや

超カバーカーニバルと一緒にディスカバーヒッポを採用するのがオススメです。

スカイマジシャンを主軸に添えているタイプならスカイ・ピューピルでもいいでしょう。

 

 

モンスター効果の②は1ターンに1度、

自分のPゾーンのカード1枚を効果を無効にして特殊召喚、

そのままこのカードと特殊召喚したPゾーンのカードでシンクロ召喚するというものです。

アニメのPゾーンのカードをシンクロ素材にする効果を再現したものとなっています。

このカードをペンデュラム召喚してそのままシンクロ召喚に繋げられる他、

単純に展開手段の代わりとしても機能します。

P効果目当てにセットしたペンデュラムをどかしつつ

シンクロ素材として有効活用する手段としても効果的です。

また覇王眷竜ダークヴルムの効果でセットした覇王門をシンクロ素材にすれば

次のターンまたダークヴルムの効果で改めてセットする事も可能です。

 

 

効果も優秀ですが何といっても「EM」「オッドアイズ」「シンクロン」と

3つのカテゴリに属している事が大きな特徴です。

調律、ドクロバット・ジョーカー、ペンデュラム・マジシャン、天空の虹彩と

数多くのサーチ手段に対応しておりEMやオッドアイズ唯一のチューナーとして

シンクロ召喚を行うカギとなってくれるでしょう。

また②のモンスター効果はエンタメイトやオッドアイズに関係なく、

Pゾーンのペンデュラムカードであれば何でも活用する事が可能です。

ペンデュラムデッキにシンクロ召喚のギミックを手に入れたい場合に

オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンや天空の虹彩あたりと一緒に

他のデッキに出張させるのも面白いと思います。

関連記事

遊戯王アークファイブ考察:2017年現在まだ解明されていない謎はどれだけあるか?

皆様、あけましておめでとうございます。 2017年もこの考察好きニコ厨のMUGEN次元をよろし

記事を読む

遊戯王アークファイブ雑記:ランサーズをセレナちゃん主役の乙女ゲー風に紹介

注意:今回は考察ではなく雑記です。しかもわりと頭悪い内容です。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:底なし落とし穴

リリース手段なければ阿鼻叫喚!     とうとうザ・ダーク・イ

記事を読む

2016年度遊戯王OCG検定終了、面白かった問題やwikiと裁定の違う問題に関して

4月25日から5月9日までの間、2016年度の遊戯王OCG検定が実施されていました。 28問全

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:次元障壁(じげんしょうへき)

とっても使いやすいメタカード   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RR(レイド・ラプターズ)-ブレード・バーナー・ファルコン

降り注ぐ火玉 舞い降りるアカデミア エクシーズとかっとビングと未来の街、ハートランドが燃える

記事を読む

サイバネット・ユニバース:遊戯王カード考察

墓地の再利用と妨害を兼ねるフィールド魔法!   今回紹介するのはスターターデッ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第83話『師弟の絆』感想

遊戯王ARC-V83話の感想です。 今回は柚子と素良がメインの回になりそうですね。 結局

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:HSR(ハイスピードロイド)チャンバライダー

早速魔術師が大会で結果を残しているみたいですね。 まあサーチ手段も豊富でレベル7出しやすいとな

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:イルミラージュ

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです    

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
六武衆の真影(ろくぶしゅうのしんえい):遊戯王カード考察 荒行使う時とかに便利な奴です

今回紹介するのは8月21日に発売される Vジャンプ10月号の付録

【F.A.(フォーミュラアスリート)】:遊戯王テーマ考察  LEVEL=SPEED……誰かがそう教えてくれた……

「……誰もが恐れ、おびえた目をして見てた……」 「………そうさ、俺は

ペンデュラム・スイッチ/Pendulum Switch:遊戯王カード考察  Pゾーンとモンスターゾーンを反復横跳び

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。

影六武衆(かげろくぶしゅう)-ゲンバ:遊戯王カード考察 回収効果持ちチューナー、影武者とは一長一短

今回紹介するのはデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズよりこのカ

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第14話『ゴーストガールの誘い(いざない)』感想

遊戯王ヴレインズ第14話の感想です。 前回はマスコミが可哀想にな

→もっと見る

    • 4,534,579 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑