遊戯王OCG新カード考察:水舞台装置(アクアリウム・セット)

今回紹介するのはデュエリストパック決闘都市編からこのカードです。

 

水舞台装置
永続魔法
①:自分フィールドの水属性モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
②:自分フィールドの「アクアアクトレス」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合、
自分の墓地の水族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は水族モンスターしか特殊召喚できない。

 

 

原作で鮎川アユが使用したカードであり新しく判明したアクアアクトレスのサポートカードです。

原作ではアクアアクトレスの攻撃力のみを上げる効果でしたが、

OCG化の際に水舞台と同じく水属性全般もある程度強化するようになり、

フィールドから墓地に送られた時に墓地から水族を特殊召喚する効果も追加されました。

 

攻撃力、守備力の上昇は水属性で300、アクアアクトレスでも600と控えめですが、

水照明と組み合わせればアクアアクトレス・グッピーが2400打点へと化けます。

また水照明と違いフィールドにいくつでも発動できるのもポイントです。

3枚発動すれば水照明の状況下でグッピーは4800打点へと変貌します。

ここに湿地草原まで組み合わせたら7200打点です。

アクアリウムをサーチできるアクアアクトレス・テトラも新しく判明しましたので、

フィールドに水舞台装置を揃える事はそう難しくはないでしょう。

墓地に送られた時の効果もありますので、

ハーピィの羽箒もあまり警戒しなくていい点は嬉しい所ですね。

 

現状脳筋テーマであるアクアアクトレスをさらなる脳筋に仕立て上げるカードです。

まあ元々の使い手が小学生である事を考えるとシンプルで分かりやすいテーマです。

墓地へ送られる効果もちゃんと「場合」になっていてタイミングを逃さない点も、

小学生に優しい分かりやすいポイントと言えますね。

 

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

雲魔物-アイ・オブ・ザ・タイフーン

いくら墓地に送られた時に水族を特殊召喚する効果があるといっても

有用な水族モンスターを特殊召喚できない状態である場合、

相手は躊躇無く水舞台装置を破壊しようとするでしょう。

それを防ぐ為にも特殊召喚するモンスターを墓地に用意する必要があります。

やはり有力なのは水族でも高い攻撃力を持つこのカードです。

特に蘇生制限も無い為墓地に送りさえすれば特殊召喚が可能になります。

効果も戦闘向きであり水舞台装置の恩恵も受けやすいです。

蘇生する条件を満たせるのであればイビリチュア・ジールギガスや

CNo.101 S・H・Dark Knightも候補になります。

 

 

ブリザード・ファルコン

水属性モンスター全体の攻撃力を上げる効果を持っている為、

ブリザード・ファルコンの効果の発動条件を簡単に満たせます。

鳥獣族である為③の効果で蘇生できない点は残念ですが、

それでも1500のバーンダメージは魅力的です。

水舞台装置が場持ちのいい永続魔法であるという点、

アクアアクトレス・テトラでサーチできるという点も、

ブリザード・ファルコンの効果を腐らせにくい事に一役買っています。

 

 

魔導師の力

墓地に蘇生候補の水族モンスターを用意する事が出来れば、

相手は迂闊に水舞台装置を除去する事が出来なくなるでしょう。

そうなればフィールドに魔法罠が多いほど効果を発揮するこのカードが生きてきます。

水照明もあれば一撃で相手のライフを削りきる事も十分に可能です。

脳筋を突き詰めたいあなたにお勧めのカードです。

関連記事

ムーンバリア:遊戯王カード考察

相手のメインフェイズ2を奪い取れ!   今回紹介するのは20th ANNIVE

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ブロック・ドラゴン

コアキメイルを配慮した嬉しい耐性!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第69話『疾走するディーバ』感想

遊戯王ARC-V69話の感想です。 今回は柊柚子VSエンジョイ長次郎。 シンクロ次元に来

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:イタチの大暴発

お前たちは“この世で一番美しい白い花”を汚した! わかっているはずだな!白を汚したものはどうなるか

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:聖戦士カオス・ソルジャー

待ちに待った大逆転裁判を入手できてちょっと興奮が抑えきれないユリポエです。 でも頑張ってブログ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン

スケール1&エクストラデッキメタ!   今回紹介するのは3月21日に発売される

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン、オッドアイズ・フュージョン

ディメンション・オブ・カオスのカードも次々と判明してきましたね。 今回紹介するのはこのカードで

記事を読む

堕天使(だてんし)ユコバック、堕天使降臨:遊戯王カード考察

使いやすい墓地肥やしはやっぱり強い!   今回紹介するのはプレミアムパック19

記事を読む

ペンデュラム・フュージョン:遊戯王カード考察

融合召喚の新しい可能性!   今回紹介するのはPREMIUM PACK 19よ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:フルメタルフォーゼ・アルカエスト

相手モンスターを溶かしまくれ!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
トリックスター・ブラッディマリー:遊戯王カード考察  Sっぽいけど癒し系、でもその実ハンデスの布石となるえげつない子

Vジャンプ9月号の応募者全員サービスにおいて 遊戯王VRAINS

東方鈴奈庵第53(最終話)話『八雲紫の安寧(後編)』感想

東方鈴奈庵53話の感想です。 はい、最終話です。何の予告もなく突

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第11話『轟く弾倉 ヴァレルロード』感想

遊戯王ヴレインズ第11話の感想です。 ついにはじまったプレイメー

ソードワールド2.0の神々の何かちょっとおかしい紹介:戦勝神ユリスカロア

ものすごく久しぶりですがソードワールド2.0に関する記事です。

ゲートウェイ・ドラゴン:遊戯王カード考察 シンプルながらも重宝する展開要員

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,476,075 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑