オッドアイズ・ランサー・ドラゴン:遊戯王カード考察  サポート豊富で結構出しやすい3000打点

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。

 

 

 

オッドアイズ・ランサー・ドラゴン
効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2000
①:自分フィールドのPモンスターが戦闘・効果で破壊された場合、
自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードが攻撃する場合、
相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。
③:自分フィールドの「オッドアイズ」カードが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに自分の手札・モンスターゾーン・Pゾーンの
「オッドアイズ」カード1枚を破壊できる。

 

 

出でよ!窮地の壁を打ち砕く頼もしき渾身の一撃!
オッドアイズ・ランサー・ドラゴン!!

 

 

オッドアイズの進化形となる光属性ドラゴン族のレベル8モンスターです。

オッドアイズペンデュラムの進化形ですがペンデュラムではなくなっています。

アークファイブにおいて榊遊矢が黒咲隼戦で使用したカードであり

RR-ファイナル・フォートレス・ファルコンの連続攻撃を

その効果によって何度も防ぎライフ差による勝利をもぎ取りました。

アニメでは戦闘ダメージの半分を相手に与える効果や

手札やデッキからオッドアイズを墓地に送ってモンスター効果を無効に出来ましたが

OCG化に伴いそれらの効果が無くなった代わりに召喚条件が少し緩くなりました。

 

膝や股間、頭部などいたる所がトッキントッキンになったオッドアイズです。

光り輝く槍先のような翼も実に特徴的です。

同じく武器の名を冠するオッドアイズ・セイバー・ドラゴンを意識していると思われ

あちらが素のオッドアイズ・ドラゴンの進化形とするならば

こちらはオッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンの進化形と言える存在です。

遊矢が所属するランサーズの名を冠しているのも偶然ではないでしょう。

 

 

①の効果は自分の場のペンデュラムモンスターが戦闘か効果で破壊された場合に

モンスター1体をリリースする事で手札から特殊召喚できるというものです。

破壊されるモンスターとリリースするモンスターの2体分が必要となりますが

天空の虹彩で自分のカードを破壊すれば損失を抑えつつ特殊召喚が可能です。

 

 

②の効果はこのカードが攻撃するダメージステップの間、

相手の魔法罠の発動を封じるというものです。

特に古代の機械でよくみられる攻撃時に相手のカードの発動を封じる効果であり

攻撃反応系の魔法罠を恐れずに攻撃をしかける事が可能です。

それにしても元々オベリスクフォースと戦うランサーズの名を冠するカードが

そのオベリスクフォースの使う古代の機械の要素を持った効果を持つというのは

中々に興味深いものがあります。

 

 

③の効果は自分の場のオッドアイズが戦闘か効果で破壊される場合に

手札、モンスターゾーン、Pゾーンのいずれかに存在するオッドアイズ1体を

破壊の身代わりにするというものです。

このカード自身を守る場合にも使えますし逆に自身を身代わりにして

逆にハーピィの羽箒などからPゾーンのオッドアイズを守る事も可能です。

 

 

何気にメインデッキに入るオッドアイズでは最高攻撃力を誇ります。

②の効果も③の効果もそこまで強力なものではありませんが

要所要所で役に立つ効果であり各種オッドアイズサポートでサーチが容易な

3000打点として役割を持っているカードだと言えます。

①の効果で特殊召喚する以外にもEMドラマチックシアターの効果や

オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴンの効果で特殊召喚可能であり

また復活の福音の蘇生にも対応している為取り回しは中々良好です。

特にEMドラマチックシアターを採用する場合

このカードがデッキから特殊召喚する場合の筆頭候補となるでしょう。

関連記事

遊戯王カード考察:サイバネット・オプティマイズ 通常召喚追加はやっぱり強い!

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王アークファイブ第139話『闇に染まる眼』感想

遊戯王ARC-V139話の感想です。 ズァークに立ち向かう4番手は沢渡とクロウ。 ここま

記事を読む

遊戯王カード考察:調弦の魔術師(ちょうげんのまじゅつし)

手札からのペンデュラム召喚を狙え!   今回紹介するのはディメンション・ボック

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第22話『漆黒に染まる日輪』感想

遊戯王ヴレインズ22話の感想です。 物語はさらなる展開を迎えハノイの騎士も再び活動を開始します

記事を読む

拮抗勝負(きっこうしょうぶ):遊戯王カード考察  大量展開にきっついオシオキを

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

メタバース:遊戯王カード考察  テラフォーミングの代わりにするかそれとも「ならでは」を活かすか

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:青き眼の祭司、太古の白石(ホワイト・オブ・エンシェント)

クリスマス・イブですね!私は夜勤です( 今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカー

記事を読む

遊戯王カード考察:ドラグニティ・ドライブ 特殊召喚の制約はまあなんとかなります

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

ロストワールド:遊戯王カード考察

これぞ本当の意味でのデッキ破壊!   今回紹介するのはストラクチャーデッキR-

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:レッカーパンダ

場に残せば残すほど攻撃力がどんどん上昇!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:サイバネット・オプティマイズ 通常召喚追加はやっぱり強い!

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:トークバック・ランサー LINK-1の中でも攻撃力高め、効果も優秀

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:サイバネット・コーデック 最大で6枚サーチ!あとはデッキに何を採用するか

本日6月23日、ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-の発売です。

遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

→もっと見る

    • 5,413,013 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑