No.(ナンバーズ)68 魔天牢(まてんろう)サンダルフォン:遊戯王カード考察  モンスターを墓地に幽閉してしまえ

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。

 

 

 

No.68 魔天牢サンダルフォン
エクシーズ・効果モンスター
ランク8/闇属性/岩石族/攻2100/守2700
レベル8モンスター×2
①:このカードの攻撃力・守備力は、
お互いの墓地のモンスターの数×100アップする。
②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
相手ターン終了時まで、このカードは効果では破壊されず、
お互いに墓地のモンスターを特殊召喚できない。

 

 

汎用ランク8となる闇属性岩石族のナンバーズです。

 

空中に浮かぶ巨大な建造物のような姿をしたモンスターです。

その様相はまさに名前の通り天にそびえる魔の牢獄といった感じです。

サンダルフォンとはユダヤ教に伝わる大天使の1人で

天にそびえるほどの巨体を持つ巨人であったと言われています。

罪を犯した天使たちを閉じ込める幽閉所の支配者であったとも言われており

巨大な牢獄に冠する名前としてはうってつけの存在だと言えるでしょう。

 

 

①の効果はお互いの墓地のモンスターの数×100の数値分

このカードの攻撃力と守備力が上昇するステータス強化効果です。

攻撃力は2100とランク8にしてはやや控えめな数値ですが

守備力は2700と十分な数値であり効果による上昇値も含めれば

守備力3000以上は十分に確保可能です。

 

 

②の効果は1ターンに1度、オーバーレイユニットを1つ消費する事で

次の相手ターン終了時までこのカードに効果破壊耐性を付与、

それに加えてお互いに墓地からモンスターを蘇生できなくなるというものです。

最低でも1ターン、相手がこのカードを突破出来れば2ターンもの間

相手の蘇生を封じる事が可能になっています。

その突破も効果破壊耐性により、除外やバウンスにこそ無力ですが

ステータス上昇と相まって中々にいやらしい壁として機能します。

墓地からの蘇生不能は自分にも影響がありますが

あらかじめ展開しきった後に発動すればその影響は最小限に抑える事ができます。

 

 

咎人を墓地という牢獄に閉じ込めつつ効果破壊耐性によって牢獄を守り

さらに閉じ込めた咎人が多ければ多いほど力が増す様はまさに牢獄の支配者です。

まあ封じるのは蘇生だけなので貪欲な壺とか使われると脱走されちゃうんだけど

攻撃力より守備力が高い為基本的には守備表示で壁として運用する形になりますが

相手の場ががら空きだったり墓地が十分に超えている場合には

アタッカーとして機能させる事も可能です。

闇属性なのでNo.84 ペイン・ゲイナー→No.77 ザ・セブン・シンズと繋げる事で

疑似的に4000打点のモンスターとして運用する事も可能です。

 

 

ちなみにこのカードからザ・セブン・シンズに繋げると岩石族と悪魔族を揃えられる為、

ダーク・コーリングから攻撃力6100のE-HERO ダーク・ガイアが出せます。

素材元のザ・セブン・シンズが4000打点として十分に強い上に

ランク8メインのデッキにダーク・コーリングを採用するだけいいので

かなり自然な形でランク8に【ダーク・ガイア】の要素を組み込めます。

おまけにダーク・ガイア自身もレベル8のモンスターである為、

いざという時にはダークガイアをエクシーズ素材として利用する事も可能です。

 

 

ランク8エクシーズはギャラクシーアイズを中心に強力なカードが目白押しですが

そんな中でもこのカードは「壁になりながら墓地利用を妨害する」、

「ザ・セブンシンズに繋げつつダーク・ガイアの融合素材になる」

というこのカード独自の役割をちゃんと確立させています。

特にインフェルニティのような蘇生カードを多用するデッキには非常に刺さるので

ランク8を使うデッキであれば1枚エクストラデッキに忍ばせておいて損はありません。

関連記事

遊戯王カード考察:EM(エンタメイト)スカイ・マジシャン

第1話から姿を見せていた存在がついにOCG化   今回紹介するのはマキシマム・

記事を読む

白闘気双頭神龍(ホワイト・オーラ・バイファムート):遊戯王カード考察 すげー頑張って原作再現してます

10月4日に漫画版遊戯王ARC-V4巻が発売されます。 今回紹介するのはその付録となるこのカー

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:竜穴の魔術師

続々と新カードの情報がやってきて興奮が収まりきらないユリポエです。 1枚ずつの考察になるので多

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)78 ナンバーズ・アーカイブ

安定性重視か少し冒険してみるか?   今回紹介するのはコレクターズパック「閃光

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:黄昏の忍者シンゲツ

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)考察:第1話時点での謎とその予測について、サイバース世界は危険?

遊戯王VRAINS、いよいよ放送開始しました。 ディエルこそありませんでしたがその分世界観の紹

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超重輝将(ちょうじゅうきしょう)ヒス-E(イー)

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:メタルフォーゼ・ミスリエル

これでメタルフォーゼ融合も勢ぞろい   インベイジョン・オブ・ヴェノムの収録カ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第93話『破滅のデュエルマシン』感想

遊戯王ARC-V93話の感想です。 セルゲイから柚子を守る事が出来なかった遊矢。 シンク

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超量士(ちょうりょうし)グリーンレイヤー

今回紹介するのはウィング・レイダーズよりこのカードです。    

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:トークバック・ランサー LINK-1の中でも攻撃力高め、効果も優秀

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:サイバネット・コーデック 最大で6枚サーチ!あとはデッキに何を採用するか

本日6月23日、ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-の発売です。

遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

→もっと見る

    • 5,411,519 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑