魔界台本「魔界の宴咜女(えんため)」:遊戯王カード考察  絶対に破壊しちゃいけない類のカードです

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。

 

 

 

魔界台本「魔界の宴咜女」
永続魔法
このカード名の①の効果は1ターンに2度まで使用できる。
①:自分フィールドの「魔界劇団」モンスター1体をリリースし、
自分の墓地の「魔界台本」魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分フィールドにセットする。
②:自分のEXデッキに表側表示の「魔界劇団」Pモンスターが存在し、
セットされたこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「魔界劇団」Pモンスターを任意の数だけ特殊召喚する。

 

 

魔界台本初の永続魔法です。

アークファイブにおいて沢渡シンゴがズァーク戦で使用し

その効果により2度にわたり魔界劇団をリリースしつつ

魔界台本「魔王の降臨」の再利用に使われました。

アニメでは1ターンに何度でも発動できる効果となっていましたが

OCG化にあたり発動回数に制限が出来てしまい

代わりに魔界台本特有の地雷効果が追加されました。

 

本から伸びた腕がさらに別の本を所持しています。

効果から考えて複数の魔界台本がこの一冊に収納されているのでしょう。

ところでこの腕って誰の腕なんでしょう?

独特な色と形をしているので多分誰かの腕のはずなんですが・・・。

 

 

①の効果は1ターンに2度、

自分のモンスターゾーンの魔界劇団1体をリリースする事で

墓地の魔界台本をセットするというものです。

魔界台本はビッグ・スターやプリティ・ヒロインでサーチが用意な分、

デッキから目当ての魔界台本をサーチ仕切ってしまうケースも多く

そういった場合に墓地から再利用する手段として重宝します。

特に使いやすい除去である魔王の降臨を使いまわし出来るのはありがたいです。

ただ魔界台本は基本的に場に魔界劇団がいてこそ効果を発揮するので

リリース要因以外の魔界劇団もちゃんと確保しておく必要があるでしょう。

 

 

②の効果はセットされたこのカードが相手によって破壊された場合に

デッキから魔界劇団ペンデュラムを好きなだけ特殊召喚できるというものです。

魔界台本特有の地雷効果ですがその中でも特に強烈な部類であり

このカードが破壊されれば場を魔界劇団で埋め尽くす事が可能です。

万一このカードを破壊してしまったらそれだけで戦況がひっくり返る為、

今まで以上に相手は魔界劇団に対してセットカードを破壊できなくなるでしょう。

相手に警戒させるだけでも十分な意味のある効果です。

 

 

魔界劇団は新マスタールールの影響がかなり痛いテーマではありますが

相性のいい覇王眷竜の登場や新マスタールール向きの効果を持つカーテンライザーなど

強化されている部分もしっかりあります。

リンク召喚も上手く吸収しつつ新しい時代の沢渡を目指していきたい所です。

関連記事

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第6話『アイドル!!ブルーエンジェル』感想

遊戯王ヴレインズ第6話の感想です。 翔一ポエムな次回予告で紹介された複雑な兄妹関係。 兄

記事を読む

遊戯王カード考察:セフィラ・メタトロン 実は結構いろんなデッキで使えるリンク3

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

遊戯王アークファイブ第117話『牙をむく鈴の音』感想

遊戯王ARC-V117話の感想です。 瑠璃とリンの救出したカイトとユーゴですが 既にプロ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:天地開闢(てんちかいびゃく)

戦士族の新しい墓地肥やし手段!   今回紹介するのはレイジング・テンペストより

記事を読む

ヴァレルロード・ドラゴン:遊戯王カード考察  チェーン封じにコントロール奪取とライバルエースの風格十分!

7月8日に第10期2つ目のパック「サーキット・ブレイク」が発売されます。 今回紹介するのはその

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第44話『運命の囚人』感想

遊戯王ヴレインズ44話の感想です。 前回のあらすじ:とうとうミラフォサポートまで使いだ

記事を読む

スリーバーストショット・ドラゴン:遊戯王カード考察  かなり戦闘向きな汎用LINK-3

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ジャンク・チェンジャー

ランク3にシンクロギミックを混ぜたい時に!   今回紹介するのはPREMIUM

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:一騎加勢

クラッシュ・オブ・リベリオンの発売から結構時間も経っているので、 そろそろ新カードとは言えない

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:HSR(ハイスピードロイド)チャンバライダー

早速魔術師が大会で結果を残しているみたいですね。 まあサーチ手段も豊富でレベル7出しやすいとな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:トークバック・ランサー LINK-1の中でも攻撃力高め、効果も優秀

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:サイバネット・コーデック 最大で6枚サーチ!あとはデッキに何を採用するか

本日6月23日、ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-の発売です。

遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

→もっと見る

    • 5,411,840 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑