ハック・ワーム:遊戯王カード考察  条件さえ満たせば複数展開可能!ジェスター・コンフィと一緒にどうぞ

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。

 

 

 

ハック・ワーム
効果モンスター
星1/闇属性/機械族/攻 400/守   0
①:相手フィールドにモンスターが存在しない場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。

 

 

レベル1闇属性の機械族モンスターです。

まさにワームの形をした機械のモンスターであり

この場合のワームとはコンピューターウィルスの一種の事であり

感染したコンピュータの中で自分の複製を次々と作りながら

他のコンピューターに感染していく特徴を持ったものを指します。

背中にクラッキング・ドラゴンと同じような楔が存在しており

このカードもクラッキング・ドラゴンと同様、

遊戯王VRAINSでVR世界にハッキング攻撃を仕掛ける悪役、

ハノイの騎士が使用してくるカードと考えていいでしょう。

 

 

その効果は相手の場にモンスターがいない場合に

手札から特殊召喚できるという非常にシンプルな特殊召喚効果です。

実質的に相手の場にモンスターが存在する場合に特殊召喚が可能な

魔界劇団-エキストラとちょうど反対の特殊召喚条件と言えるでしょう。

一緒に採用する事でお互いの穴を埋める形になってくれます。

 

 

相手のモンスターがいない局面は先行1ターン目の他にも

ブラック・ホールなどで全体除去した場合などいくつかチャンスがあります。

除去手段がいくつかあるのならより特殊召喚できる機会は多いでしょう。

特にレベル1メインのデッキにおいて

手札から積極的に展開していけるカードの1つとして使っていけます。

機械複製術に対応しているのも特徴です。

それでもやっぱり先行1ターン目以外では使いにくいと考える場合には

マッチ戦でサイドデッキに入れておき先行を取れる事が確定している場合などで

魔界劇団-エキストラとバトンタッチする形で交換するという手もあります。

 

 

え?ジェスター・コンフィの方が無条件で特殊召喚できて使いやすい?

そのジェスター・コンフィがもっと欲しいんだよ!

レベル1メインのデッキを使った事ある人なら分かるかもしれませんが

特にミスティック・バイパーを採用している場合

手札にカードが溜まってもそれを展開する手段がないというのはよくあります。

正直いってジェスター・コンフィ3枚だけでは全然足りないので

このカードのように手札から特殊召喚できるカードが増えるに越したことはないです。

守備力0の闇属性なのでジェスター・コンフィと悪夢再びを共有できるのも魅力です。

またジェスター・コンフィにはない魅力として

相手の場にモンスターがいない状態ならば手札から複数出せるという点があります。

チャンスがあれば悪夢再びで墓地から回収して大量展開とかしてもいいでしょう。

関連記事

遊戯王OCG:自分なりのデッキの組み方について

前回の記事でデッキ枚数に関する話を少しさせていただきました。せっかくなので 今回は実際に自分が

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:トラミッド・フォートレス

普通のピラミッド形態!(なんか砲台ついてるけど)   今回紹介するのはザ・ダー

記事を読む

遊戯王テーマ考察:LL(リリカル・ルスキニア)

DIMENSION BOX LIMITED EDITIONには アークファイブのデュエリストに

記事を読む

2015年度、遊戯王OCG検定テスト終了、自分が躓いた問題に関して

5月15日から25日の間、遊戯王OCG検定テストが実施されていました。 これに合格した人には遊

記事を読む

融合再生機構/Fusion Recycling Plant:遊戯王カード考察 デッキからでも墓地からでも

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第24話『ダークマスクが背負う宿命』感想

遊戯王ヴレインズ24話の感想です。 ドクター・ゲノムの操る地獄螺旋鬼の猛攻に苦しめられるGo鬼

記事を読む

遊戯王カード考察:円融魔術(マジカライズ・フュージョン) まあクインテット・マジシャンとセットで

今回紹介するのは2月23日に発売される ザ・ヴァリュアブル・ブック20の付録となるこのカードで

記事を読む

遊戯王カード考察:覇勝星(はしょうせい)イダテン サーチ効果とか追加されました

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第104話『「D」の名を持つHERO』感想

遊戯王アークファイブ104話の感想です。 ついに融合次元において榊遊勝と再開した柊柚子。

記事を読む

遊戯王カード考察:セグメンタル・ドラゴン 「一定期間だけ除外」のルールを把握しておこう

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク- よりこのカードです。  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:サイバネット・オプティマイズ 通常召喚追加はやっぱり強い!

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:トークバック・ランサー LINK-1の中でも攻撃力高め、効果も優秀

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:サイバネット・コーデック 最大で6枚サーチ!あとはデッキに何を採用するか

本日6月23日、ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-の発売です。

遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

→もっと見る

    • 5,414,101 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑