トレジャー・パンダー:遊戯王カード考察 除外コストの許す限り何体でも特殊召喚可能!

今回紹介するのはコード・オブ・デュエリストよりこのカードです。

 

 

 

トレジャー・パンダー
効果モンスター
星4/地属性/獣族/攻1100/守2000
①:自分の墓地から魔法・罠カードを3枚まで裏側表示で除外して発動できる。
除外したカードの数と同じレベルの通常モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

 

 

レベル4地属性の獣族モンスターです。

 

おジャマイエロォォォォォォォ!

カード名その通りにいかにもインディ・ジョーンズな恰好をした

トレジャーハンター風のパンダがこれまたインディ・ジョーンズにあった

大玉が転がってくる罠から必死に逃げています。

逃げきれなくてぺしゃんこになったおジャマイエローが哀愁を誘います。

迷宮の罠としてはもはや定番と言っていいこの大玉トラップ。

アークファイブのエンディングにもこんな感じのシーンがありました。

 

 

その効果は自分の墓地から魔法罠を3枚まで除外、

除外した枚数と同じレベルの通常モンスター1体を

デッキから特殊召喚できるというものです。

この効果、なんと1ターンに1度制約が無いという点が凄まじく

墓地に除外する為の魔法罠が存在する限り

何度でも何度でもな・ん・ど・で・も!特殊召喚が可能です。

特にレベル1の通常モンスターだけならば1枚除外するだけでOKとコストが軽く

リンク召喚やシンクロ召喚の準備に大いに活用が可能です。

 

 

既にwikiのこのカードのページではこのカードを使ったエクストラリンクや

エクゾディアパーツを揃える方法が紹介されています。

エクゾディアパーツを揃える方は少し複雑な手順を要求されますが

エクストラリンクの方は除外コスト10枚とEXデッキのカードがあれば出来るので

EXデッキの枠に余裕があるのであれば狙ってみてもいいでしょう。

ちなみにエクストラリンクに必要なEXデッキのモンスターは

リンクスパイダー2体、プロキシー・ドラゴン1枚、星杯戦士ニンギルス2枚、

そして星杯戦士ニンギルスのリンク素材となるモンスター4枚の計9枚です。

「そんなに枠の余裕ねえよ!」って場合は6月17日に発売される

「ストラクチャーデッキ-サイバース・リンク-」に

星杯戦士ニンギルスと同じリンクマーカーを持ちトークン以外のモンスター3体で

リンク召喚可能なトライゲート・ウィザードがあるのでそっち使えば5枠で出せます。

 

 

他にも除外用の魔法罠が6枚あれば逃げ惑う民、弾圧される民、

団結するレジスタンスの3枚を特殊召喚して大革命を狙う事ができますし

炎、水、風属性の3体を特殊召喚すれば風林火山の発動も狙えます。

発動した後にリンク召喚などに繋げれば無駄がありませんし

そのままトライワイトゾーン発動の足づくりにする事も出来るので

低レベルの通常モンスターを使うデッキであれば

その展開力の大きな手助けとなってくれます。

 

 

あとの問題はいかにして墓地に魔法罠を貯めるかになるでしょう。

トゥーンのもくじのようなサーチカードを採用できれば貯めやすいですし

ライフ差を気にしないのであれば成金ゴブリンやチキンレースといった

ドローカードを積極的に採用していくのもありです。

チキンレースは一緒にテラフォーミングも採用出来るので

合わせて使えばさらに墓地の魔法罠を増やす事ができるでしょう。

デッキから特殊召喚したい通常モンスターを落としてしまうリスクを受け入れるなら

ライトロードや隣の芝刈りで墓地肥やしを積極的に狙う手もあります。

またこれらのような魔法罠を墓地に送るカードを意識せずとも、

サポート系の魔法罠を多く採用しているデッキであれば

自然と墓地に除外用のコストが溜まっているケースも多いでしょう。

 

 

非常に様々な形で悪用の効くカードであり

活躍次第では規制される可能性も十分に考えられるポテンシャルがあります。

関連記事

遊戯王OCG,ストラクチャーデッキR-機械竜叛乱-と一緒に揃えておきたいカードは?

ストラクチャーデッキR-機械竜叛乱-がいよいよ9月24日に発売されます。 そして収録カードも判

記事を読む

アーティファクト-ミョルニル:遊戯王カード考察 純構築向けのカード、制約とどう向き合うか

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王カード考察:EM(エンタメイト)スカイ・マジシャン

第1話から姿を見せていた存在がついにOCG化   今回紹介するのはマキシマム・

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:レッカーパンダ

場に残せば残すほど攻撃力がどんどん上昇!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリ

記事を読む

遊戯王カード考察:魔界の警邏課(けいらか)デスポリス シャドウ・ディストピアを採用出来るデッキが増える

6月21日にVジャンプ8月号が発売されます。 今回紹介するのはその付属としてついてくるこのカー

記事を読む

遊戯王カード考察:トランスファミリア EXモンスターゾーンから移動させられるのは割と貴重

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王カード考察:トリックスター・ブルム 手っ取り早くヒヨスやマンドレイクの効果を使いたい時に

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:イグナイト・ユナイト

アヴェンジャーやスティンガーが一気に使いやすく!   今回紹介するのはインベイ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第108話『アマゾネス・トラップ』感想

遊戯王ARC-V108話の感想です。 タイラー姉妹に敗北してしまったアレンとサヤカ、 そ

記事を読む

ファイアウォール・ドラゴン:遊戯王カード考察

藤木遊作のもう1つのエースカード!   今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:サイバネット・オプティマイズ 通常召喚追加はやっぱり強い!

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:トークバック・ランサー LINK-1の中でも攻撃力高め、効果も優秀

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:サイバネット・コーデック 最大で6枚サーチ!あとはデッキに何を採用するか

本日6月23日、ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-の発売です。

遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

→もっと見る

    • 5,412,983 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑