遊戯王OCG新カード考察:リバース・リユース

コレクターズパック-運命の決闘者編-の発売も間近になって来ました。

新しいカードの情報も次々来ているみたいですね。

今回紹介するのはこのカードです。

 

 

リバース・リユース
通常罠
①:自分の墓地のリバースモンスターを2体まで対象として発動できる。
そのモンスターを表側守備表示または裏側守備表示で相手フィールドに特殊召喚する。

 

 

原作で方中ミエルが発動しようとしていましたが不発に終わってしまったカードです。

だから説明は失敗フラグだって言ってるじゃないですかー!

あまりにも説明が行われた瞬間に失敗が察しやすすぎるので、

もう少し説明して上手く行く展開も混ぜたほうがいいんじゃないかと個人的に思っています。

 

 

自分の墓地のリバースモンスターを2体まで相手フィールドに特殊召喚する効果です。

この時表側守備表示か裏側守備表示かを選ぶ事が可能です。

また2体「まで」なので1体だけ特殊召喚する事も可能です。

 

相手のフィールドに特殊召喚するという性質上、普通に使用すると

ディスアドバンテージになってしまう使いづらい罠のように思えます。

しかしお互いに影響を及ぼすリバースモンスターは結構多いです。

メタモルポッドやカオスポッドなどは相手のフィールドにいても、

問題なく効果を発揮する事が可能です。

 

むしろ光の護封剣や攻撃によってリバースさせられる事を考えると

自分フィールドに特殊召喚するよりも便利な面も多いでしょう。

特にカオスポッドは自身も発動する際の対象に含ませられる為

デッキ破壊を狙う際などはより多くのカードを墓地に送りやすいです。

 

またリバース効果には大きなデメリットのある効果も存在します。

このカードでそういった効果を持つモンスターを相手に特殊召喚すれば

そのデメリットを押し付ける事が可能になります。

ファイヤーソーサラーであれば800ダメージを食らう代わりに

相手の手札2枚を除外できる強烈無比なカードに変貌します。

こんなものが2枚も特殊召喚されるんですから恐ろしいですね。

 

変わった使い方としては魔導雑貨商人を送りつけてデッキ破壊する手もあります。

上手く決まるかは相手のデッキ次第ですが相手がフルモンスターであれば

決まれば1発です。狙ってみるのも悪くないでしょう。

後はニードルワームを送りつけて墓地肥やしに利用したりでしょうか。

追記:魔導雑貨商人は魔法罠が無い場合効果は不発に終わってしまいます。

よってフルモンスター相手にデッキ破壊は出来ませんでした、申し訳ありません。

 

 

このように様々な悪用の可能性を秘めた非常に面白いカードです。

このカードを核としてデッキも構築可能な、それほどのポテンシャルを秘めたカードです。

もしかしたら【リバース・リユース】なるデッキが出てくるかもしれませんね。

こういう今まであまり注目されなかったカードに価値を付与するカードは大好きです。

プレイヤーとしてのセンスが問われるカードですので是非面白いコンボを見つけてください。

 

 

このカードに限らずリバースモンスターを対象とするカードを使用する際に

気をつけなければいけないのは「リバースモンスターの定義」に関してです。

例として以下の3つのカードを挙げておきます。

 

スノーマンイーター
星3/水属性/攻   0/守1900
水族・効果
このカードがリバースした時、
フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して破壊する。

ライトロード・ハンター・ライコウ
星2/光属性/攻 200/守 100
獣族・効果
リバース:フィールド上のカード1枚を選択して破壊できる。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

占術姫アローシルフ
星4/風属性/攻1000/守1400
天使族/リバース/効果
①:このカードがリバースした場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から儀式魔法カード1枚を選んで手札に加える。

 

この3枚のカードはいずれもリバースした時に効果が発動されるモンスターです。

しかしスノーマンイーターはリバースモンスターではなく、

ライトロード・ハンター・ライコウと占術姫アローシルフはリバースモンスターです。

リバース時に効果が発動されるからといってリバースモンスターであるとは限らないのです。

見分け方のポイントはライトロード・ハンター・ライコウのモンスター効果で

赤色で色分けした「リバース:」と書かれている部分です。

モンスター効果の最初に「リバース:」と書かれているものがリバースモンスターとなります。

しかし比較的最近登場したリバースモンスターの場合にはこの「リバース:」の表記がありません。

代わりに「天使族/リバース/効果」といったように種族の後ろにリバースの表記がされています。

この表記がされていればリバースモンスターとして扱われます。

結構間違えやすいポイントなので覚えておくようにしましょう。

 

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

洗脳解除

特殊召喚したモンスターをすぐさま自分の場に戻す事が可能です。

これがあればリバース・リユースは単純に墓地のリバースモンスターを

裏側守備表示で蘇生させる事が可能なカードへと変わります。

様々なリバースモンスターを有効に活用する事が可能になるでしょう。

洗脳解除の代わりに所有者の刻印でも問題ありません。

 

 

悪魔の偵察者

リバース・リユースと特に相性がいいと思われるモンスターです。

本来相手に3枚ドローさせるというディスアドバンテージになるカードが

こちらが3枚ドローできるという強烈なアドバンテージに一変します。

しかも2体特殊召喚させられるわけですから上手くやれば合計6枚ドローです。

リバース・リユースを使うつもりならなんとしても採用したいカードでしょう。

関連記事

サイバー・ダーク・クロー:遊戯王カード考察  エクストラデッキから墓地に送れるカードが新たに誕生!

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:レッドアイズ・インサイト

レッドアイズに超朗報   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムよ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン

「マスター・オブ・ペンデュラム」の新カードの情報が出ました。 早速考察していきたいと思います。

記事を読む

サイバース・コンバーター:遊戯王カード考察 セクレタリーと並ぶ手札からの展開手段に

7月21日にVジャンプ9月号が発売されます。 今回紹介するのはその付録としてついてくるこのカー

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第46話『未来を描き出すサーキット』感想

遊戯王ヴレインズ46話の感想です。 前回のあらすじ:もうこれが最終回でもおかしくないぐ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第103話『華々しき機械天使』感想

アークファイブ103話の感想です。 遅れるといいましたが思ったより早く予定が終わりました。

記事を読む

遊戯王カード考察:セグメンタル・ドラゴン 「一定期間だけ除外」のルールを把握しておこう

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク- よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:オルターガイスト・マルチフェイカー オルターガイスト専用、かと思いきや案外・・・

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

時械神(じかいしん)ラツィオン:遊戯王カード考察  結構再現度高いぞ!墓地から希望を奪い取れ!

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:仁王立ち

俺はフルモンをやめるぞ、遊矢ーー!   今回紹介するのはシャイニング・ビクトリ

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    フルモンスターで雑貨打つと,めくったカードはデッキに戻る.魔法加えてないため,その後の墓地送り処理を行えないため.

  2. ご指摘ありがとうございます。修正しておきました。

  3. 匿名 より:

    カオスポットをリバース・リユースで送り付けて、ジャックポット7を3枚落として勝利するデッキを作る。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,495,448 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑