変則(トランスミッション)ギア:遊戯王カード考察  遊戯王初!相手とジャンケンするカード!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。

 

 

 

変則ギア
通常罠
①:自分のモンスターが相手モンスターと
戦闘を行うダメージ計算時に発動できる。
相手プレイヤーとジャンケンを行う。
引き分けの場合はジャンケンをやり直す。
負けたプレイヤーはその戦闘を行う自身のモンスターを
裏側表示で除外しなければならない。

 

ダメージ計算時に発動可能な汎用の通常罠です。

 

イラストではギアギアーノ達が工場らしき場所で集まっています。

カード名を考えると恐らく腕パーツの交換か改修をしているのでしょう。

ギアギアーノはそれぞれグー、チョキ、パーの手をカードでしていますが

ギアギアーノMK-Ⅱは頭の中でグー、チョキ、パー全てを満たす

いわゆる最強のジャンケン手を思い浮かべています。

多分このギアギアーノMK-Ⅱが思い浮かべているのが変則ギアなのでしょう。

 

トランスミッションギアとはエンジンなどが作り出すエネルギーを

歯車などを利用して回転数や回転方向などを調整しつつ

タイヤなどにエネルギーを伝達させる機構の事です。

変速機構とも呼ばれ本来は「変則」ではなく「変速」と書くのが正しいです。

 

 

その効果は自分と相手のモンスターが戦闘するダメージ計算時に発動、

相手プレイヤーと勝負が決するまでジャンケンを行い・・・・・・・

ジャンケン!?

今までコイントスなりサイコロ振るなりするギャンブルカードはありましたが

相手とジャンケンしろなんて事を要求するカードはこれが初です。

一概にジャンケンと言っても特に外国では色々な派生があったりしますが

まあこの場合はグーチョキパーの単純な3択だと考えるべきでしょう。

 

話を効果説明に戻します。

ジャンケンで負けた方のプレイヤーは戦闘を行うモンスターを

裏側表示で除外しなければいけないというものです。

この裏側表示で除外はプレイヤーに直接要求するものなので

例え該当のモンスターがアルティメットファルコンのような完全耐性持ちでも

問答無用で裏側表示で除外してしまいます。

とは言えそれはジャンケンに勝てた場合の話で負けてしまった場合は

逆に自分のカードを裏側表示で除外しなければなりません。

戦闘時でしか発動できない事もありそこまで強いカードではないです。

ジャンケンなのでコイントスと違いセカンドチャンスなども使えません。

一応完全耐性持ちを単体で突破できる可能性を秘めたカードなので

もし完全耐性持ちに対する対抗策を作れないデッキを使う場合であれば

お守りとしてサイドデッキに忍ばせておくのもありだと思います。

 

 

まあカードの性能はさておきこのカードを使えばジャンケンができます!

デュエル中にジャンケンをしたい場合にはこのカードを使いましょう。

至極単純に考えればジャンケンに勝てる確率は2分の1なのですが

誰もが知っているゲームで誰もがやるゲームであるが故に

少しでもジャンケンで勝てる確率を上げる研究というのは多いです。

そういったジャンケンについて研究している人が使うのであれば

単純な2分の1では終わらないカードとなるでしょう。

でも後出しはダメですよ?

 

逆にジャンケンするのが恥ずかしいって人は

こんなカードでも2人分用意して使ってもいいでしょう。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:アモルファスP(ペルソナ)、虚竜魔王(きょりゅうまおう)アモルファクターP

儀式魔法内臓のフィールド魔法!   いよいよシャイニング・ビクトリーズが発売さ

記事を読む

遊戯王カード考察:調弦の魔術師(ちょうげんのまじゅつし)

手札からのペンデュラム召喚を狙え!   今回紹介するのはディメンション・ボック

記事を読む

デュエリスト・アドベント:遊戯王カード考察

結構サーチできるカード多いです   今回紹介するのはマキシマム・クライシスより

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:リジェクト・リボーン

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:RR(レイド・ラプターズ)-ファジー・レイニアス

クラッシュ・オブ・リベリオンが発売されましたね。 皆さんが特に注目しているカードは何でしょうか

記事を読む

遊戯王アークファイブ第95話『己の信じるデュエル』感想

遊戯王ARC-V95話の感想です。 ジャックとのデュエルに破れコースから落下していったセルゲイ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:レアメタルフォーゼ・ビスマギア

今度のメタルフォーゼは効果モンスター!   今回紹介するのはインベイジョン・オ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:WW(ウィンド・ウィッチ)-アイス・ベル

展開しながらバーンダメージ!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:竜破壊の剣士-バスター・ブレイダー、破壊剣士融合

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

捕食植物(プレデター・プランツ)オフリス・スコーピオ、捕食植物ダーリング・コブラ:遊戯王カード考察

セットで運用するのがオススメです。   今回紹介するのはマキシマム・クライシス

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 4,201,128 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑