クラッキング・ドラゴン:遊戯王カード考察  相手が展開すればするほど大ダメージ!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。

 

 

 

クラッキング・ドラゴン
効果モンスター
星8/闇属性/機械族/攻3000/守   0
①:このカードは、
このカードのレベル以下のレベルを持つモンスターとの戦闘では破壊されない。
②:このカードがモンスターゾーンに存在し、
相手がモンスター1体のみを召喚・特殊召喚した時に発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時までそのレベル×200ダウンし、
ダウンした数値分だけ相手にダメージを与える。

 

 

レベル8闇属性の機械族モンスターです。

全体的にトゲトゲな体が特徴の機械竜です。

首回りの楔上のパーツにはブースターらしき光が発生していますが

ファンネルみたいにこれを飛ばしたりできるんでしょうか。

クラッキングとはコンピューターネットワークに侵入し

データの破壊や改竄、不正利用などをするコンピューター用語の事で

「ハッキング」と呼ばれる行為の中でも悪意のある行為全般を指します。

イラストでもコンピューター世界と思わせる青色の空間を破壊しており

今まさにクラッキングをしている所である事を伺わせます。

カード名から遊戯王VRAINSの悪役が使うカードである可能性が非常に高いです。

ZEXALにおいても右京先生の使うカードにクラッキングというものがあり

コンピューター関係の悪役ネーミングとしてはこれ以上ないくらいに分かりやすいです。

 

 

①の効果はこのカード以下のレベルのモンスターとの戦闘では破壊されないという

限定的な破壊耐性効果です。

このカードのレベルは8ある為8レベルまでとの戦闘であれば破壊されませんが

いかんせんこのカードの攻撃力は3000とかなりの高水準であり

実際に8レベルまでのモンスターに攻撃力で負けるケースはあまりありません。

低レベルのモンスターの攻撃力を上げて攻撃してくるようなデッキ、

例えば脳筋型のエンタメイトやワイトあたりが相手であれば意味が出てきます。

レベルに関係する効果なのでレベルを持たないエクシーズやリンクには無効です。

 

 

②の効果はこのカードがモンスターゾーンにしている状態で

相手が1体のみを召喚か特殊召喚した場合に発動、

そのモンスターの攻撃力をレベル×200だけ下げて

さらに下げた攻撃力に等しいダメージを相手に与える事が可能です。

レベル4モンスター1体出せば最大800ダメージを与えられ

レベル10であれば1体出すだけでも最大2000ダメージと強烈です。

さらに1ターンの1度の制限も無い為、相手が複数モンスターを出せば

そのたびにバーンダメージを与えられます。

悪夢の拷問部屋も併用すればさらにダメージは加速するでしょう。

攻撃力低下も魅力的で①の効果が通用しないような高レベルのモンスターでも

この効果を受ければまずこのカードを突破できなくなるでしょう。

①の効果はますます発動する機会が少なくなります。

やはりレベルを持たないエクシーズやリンク相手には無力ですが

それらのモンスターであってもレベルを持つモンスターを展開する必要があり

展開までの過程で無視できないレベルのバーンダメージを与えられるでしょう。

ただしあくまで「攻撃力低下した分のダメージ」なので

元々の攻撃力が0のモンスターであればダメージを与えられない点には注意です。

複数このモンスターを出せば重複も可能ですが攻撃力の低下が頭打ちした場合

与えられるダメージも下がってしまうでしょう。

 

 

あ、これリンク召喚の噛ませ犬ですね多分

何かこうアニメで敵がこのカードを出していい気になっている所に

レベルを持たないリンクモンスターを出されて

こんな感じになる場面がすごく予測できます。

まあ本当にレベル0だったら0だったで結局②の効果効かないんですが

ついでに守備表示にする効果を持つパルス・ボムも一緒に発動すれば

守備表示にならないリンクモンスターのアピールとしてバッチリですね!

 

 

とはいえその性能は強力で決してかませでは終わらない性能をしています。

ペンデュラム召喚のように複数のモンスターを同時に出された場合には

②の効果は発動できませんがその肝心のペンデュラム召喚は

新マスタールールで弱体化しているのでよりこの効果が活きやすくなっています。

効果も強烈で攻撃力も3000と十分な数値を持つモンスターであり

特に特殊召喚に制限があるわけでもないので

相手ターンのはじめにリビングデッドの呼び声などで蘇生してやれば

バーンダメージを相手に強いる事が可能です。

繰り返しこのカードを場に出していけば相手のライフをガンガン削っていけます。

 

 

守備力0の闇属性であり悪夢再びに対応しているのもポイントです。

レベル8の機械族という事でこのカード1枚で

マシンナーズ・フォートレスを特殊召喚するためのコストにできるので

一緒に採用する選択肢もありだと思います。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:超銀河眼の光波龍(ネオ・ギャラクシーアイズ・サイファー・ドラゴン)

とりあえず4500でダイレクトアタックする!   今回紹介するのはレイジング・

記事を読む

遊戯王アークファイブ第77話『破壊の美学』感想

遊戯王ARC-V77話の感想です。 2回戦第1試合は柊柚子VSセルゲイ・ヴォルコフ! 1

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:汎神(はんしん)の帝王

8月ももうすぐ終わりですね。早く涼しくなって欲しいものです。 今回紹介するのは真帝王降臨よりこ

記事を読む

遊戯王カード考察:Sin Cross(シン クロス) 普通の蘇生カードだけどそれがありがたい

本日2月9日、20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTIONの発売です。

記事を読む

遊戯王カード考察:EM(エンタメイト)クリボーダー クリボーの中でも割合汎用性高めです

今回紹介するのはPREMIUM PACK 2019よりこのカードです。   &

記事を読む

遊戯王カード考察:トランスファミリア EXモンスターゾーンから移動させられるのは割と貴重

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:降竜の魔術師(こうりゅうのまじゅつし)

ドラゴン族絶対殺すマンのお供に   今回紹介するのはレイジング・テンペストより

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:疾走の暗黒騎士ガイア

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:E・HERO(エレメンタルヒーロー) コスモ・ネオス これがクワドラプルコンタクト融合だ!

今回紹介するのはSAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)よりこのカードです。 &nb

記事を読む

遊戯王アークファイブ第136話『覇王龍君臨』感想

遊戯王ARC-V136話の感想です。 勝つ事だけを考えろというNGワードにより復活してしまった

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 6,403,415 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑