闇の進軍:遊戯王カード考察  ライトロードに墓地回収カード登場、除外効果を活かせるかがカギを握る

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。

 

 

 

闇の進軍
通常魔法
このカード名の効果は1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の墓地の「ライトロード」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
その後、手札に加えたそのモンスターの元々のレベルの数だけ、
自分のデッキの上からカードを除外する。

 

 

ライトロード用の新たな通常魔法です。

トワイライトロード・ジェネラル ジェインと

トワイライトロード・ファイター ライコウが後ろに多数の仲間を連れて

やたらと悪そうな顔をして進軍しています。

でもジェインがライコウ連れて散歩してる様子にもちょっと見える

名前からして光の援軍を意識したカードと見ていいでしょう。

 

 

その効果は1ターンに1度墓地のライトロード1体を手札に回収、

その後回収したライトロードのレベルの数だけデッキから除外するものです。

丁度光の援軍の対になっているような効果であり

あちらがデッキからサーチするのに対しこちらは墓地から回収、

あちらがデッキからカードを墓地に送るのに対して

こちらはデッキからカードを除外する効果となっています。

除外効果はデッキ切れを促進するデメリットでもあり

戒めの龍の召喚条件を満たしやすくなるメリットでもあります。

 

 

基本的にはデッキからサーチできてなおかつ墓地肥やしの可能な

光の援軍の方がライトロードにとっては使い勝手がいいですが

戒めの龍の召喚条件を満たそうと考えた場合この効果による除外が活きてきます。

使い勝手が劣るとはいっても万能な墓地回収効果があって困るという事はなく

光の援軍と合わせて狙ったカードを手札に持ってくるのに役立つでしょう。

上級モンスターも回収できるのでケルビムを使いまわす事も可能です。

ただその場合相当な数のカードをデッキから除外する事になるので

デッキ切れにはより気を付ける事になるでしょう。

残念ながら相変わらず裁きの龍は手札に持ってこれません

 

 

他のトワイライトロード関連のカードも除外に関する効果を持っていますが

このカードは特に顕著な除外能力を持っています。

かなり高速で自分のデッキを除外する事が出来るので

紅蓮魔獣 ダ・イーザを組み込んだデッキを構築するのも面白いと思います。

 

 

それにしてもトワイライトロード、ただのライトロードの追加カードにしては

やたらと収録されているカードが多いです。

今回の追加分だけでも新テーマレベルの収録カード枚数を持っています。

強化というよりはもはや生まれ変わるといった方が適切でしょう。

関連記事

遊戯王アークファイブ第54話『シンクロ次元「シティ」』感想

遊戯王ARC-V54話です。 いよいよシンクロ次元の様子が見れますね。  

記事を読む

遊戯王アークファイブ第115話『決闘海賊(デュエルかいぞく)キャプテン・ソロ』感想

遊戯王ARC-V115話の感想です。 デニスは自らカードになってしまいました。 ランサー

記事を読む

EM(エンタメイト)オッドアイズ・シンクロン:遊戯王カード考察  ちゃっかり吊り上げ効果がつきました

5月13日、いよいよコレクターズパック2017の発売ですね。 今回紹介するのはコレクターズパッ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第66話『開幕戦!!クロウvs権現坂』感想

遊戯王ARC-V66話の感想です。 ついに始まりましたフレンドシップカップ。 興味深いカ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:SR(スピードロイド)メンコート

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:白翼の魔術師(はくよくのまじゅつし)

使いやすいペンデュラムチューナーが来ました   今回紹介するのはペンデュラム・

記事を読む

灰流うらら(はるうらら):遊戯王カード考察

すごいメタカードが来ちゃいました   今回紹介するのはマキシマム・クライシスよ

記事を読む

遊戯王アークファイブ考察:素良や黒咲など「色」を表す人物について

久しぶりにアニメの考察でもしようかと思います。   遊戯王ARC-Vにおいて紫

記事を読む

RR(レイド・ラプターズ)-エトランゼ・ファルコン:遊戯王カード考察

レイド・フォースやデス・ダブル・フォースと高相性!   今回紹介するのはマキシ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ウィム・ウィッチ

ペンデュラムもアドバンス召喚する時代!   今回紹介するのはインベイジョン・オ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
トリックスター・ブラッディマリー:遊戯王カード考察  Sっぽいけど癒し系、でもその実ハンデスの布石となるえげつない子

Vジャンプ9月号の応募者全員サービスにおいて 遊戯王VRAINS

東方鈴奈庵第53(最終話)話『八雲紫の安寧(後編)』感想

東方鈴奈庵53話の感想です。 はい、最終話です。何の予告もなく突

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第11話『轟く弾倉 ヴァレルロード』感想

遊戯王ヴレインズ第11話の感想です。 ついにはじまったプレイメー

ソードワールド2.0の神々の何かちょっとおかしい紹介:戦勝神ユリスカロア

ものすごく久しぶりですがソードワールド2.0に関する記事です。

ゲートウェイ・ドラゴン:遊戯王カード考察 シンプルながらも重宝する展開要員

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,476,075 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑