ブーギートラップ:遊戯王カード考察  トラップ版「魔法石の採掘」登場、活路への希望などがすぐに発動可能!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。

 

 

 

ブーギートラップ
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:手札を2枚捨て、自分の墓地の罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたカードはセットしたターンでも発動できる。

 

 

汎用の通常魔法です。

イラストでは吟遊詩人風の男がナラクオトシアナ=サンをはじめとする

落とし穴のような罠カードに描かれている面々を誘導しています。

恐らくは氾濫する川に落とそうとしているのでしょう。

名前の由来は「ブービートラップ」と「ブギ」をかけたものと思われます。

ブギとはロックンロールやスウィングで使われる音楽リズムの一種で

ピアノの音楽ジャンル「ブギウギ」をギターやベースに流用したものです。

イラストの構図はハーメルンの笛吹き男を意識したものとなっていますが

笛ではなくギターで誘導しています。

効果的にはブービートラップEを意識したものとなっています。

 

 

その効果は1ターンに1度手札を2枚捨てる事で発動、

自分の墓地から罠カード1枚をセットし

セットしたカードをそのターンにいきなり発動できるというものです。

いわば魔法石の採掘の罠カード版とも言うべき効果となっています。

あちらと同様重い手札コストを要求しており気軽に使える効果ではありません。

また永続罠であればコストが1枚少なくてすむブービートラップEがあるので

こちらは主に通常罠やカウンター罠の再利用に使う事になるでしょう。

 

 

気軽に発動できるカードではないものの罠カードというのは

「魔法カードと違いセットしたターンに発動できない」

という前提の元に作られているものがいくつか存在します。

そういったカードを墓地から引っ張り出していきなり発動できるというのは

重いコストを支払ってでも実行する価値は大いにあります。

例えば活路への希望など大量ドローを狙えるカードの多くは罠カードであり

状況次第ではコスト分以上のアドバンテージを確保する事も可能です。

また裁きの天秤と相性がよく損失したコスト分を簡単に補充できます。

 

他にはトリックスター・リンカーネイションやプレゼントカードを

即時発動する事で高速でデッキ破壊を狙う手もあります。

バーンデッキにおいてはマジカル・エクスプロージョンや停戦協定など

制限カードになっているものを発動→回収して即発動とする事で

ダメージ効率をアップさせる使い方も出来るでしょう。

自分に有利な盤面の時、墓地から神の宣告あたりを引っ張り出してきて

相手のあがきを潰すような使い方もあります。

 

 

悪用される為に生まれたようなカードであり中々怖いポテンシャルを持っています。

昨今は手札補充に優れたデッキも多くこのカードのコストを賄えるデッキも増えています。

類似カードである魔法石の採掘も一時期制限カードになっていた時代があり

このカードも強力な悪用方が規制される可能性も十分にあるでしょう。

使いづらいカードではありますが弱いカードであるとは口が裂けても言えません。

関連記事

遊戯王OCG:2018年1月の制限改定を個人的に予想してみる

12月になりました。今年もいよいよあと一か月ですね。 遊戯王的にはルールそのものが一気に変わっ

記事を読む

遊戯王カード考察:セフィラ・メタトロン 実は結構いろんなデッキで使えるリンク3

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

ヴァレルロード・ドラゴン:遊戯王カード考察  チェーン封じにコントロール奪取とライバルエースの風格十分!

7月8日に第10期2つ目のパック「サーキット・ブレイク」が発売されます。 今回紹介するのはその

記事を読む

戦線復帰(せんせんふっき):遊戯王カード考察

こんなカードを待っていた人も多いはず!   今回紹介するのはコード・オブ・ザ・

記事を読む

剣闘獣(グラディアルビースト)ノクシウス:遊戯王カード考察  負けパターンの対策手段として機能する剣闘獣のメイン盾

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

竜巻竜(トルネードラゴン)/Tornado Dragon:遊戯王カード考察  新しい汎用ランク4登場、魔法罠除去ならこいつの出番

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王アークファイブ第107話『決闘に飢えたアマゾネス』感想

遊戯王ARC-V107話の感想です。 ユーリに襲撃され塾生をカード化されてしてしまった遊勝塾融

記事を読む

炎王獣 ガネーシャ:遊戯王カード考察  強い事しか書いてない至れり尽くせりの1枚

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン、サイレント・バーニング

手札を維持して攻撃力を確保しろ!   今回紹介するのはデュエリストパック-王の

記事を読む

遊戯王カード考察:E・HERO オネスティ・ネオス

攻撃力上昇数値、脅威の2500なコンバットトリック   今回紹介するのは20t

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:ストームサイファー デメリットだけじゃない2400打点デメリットアタッカー

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話『終末のトリガー』感想

遊戯王ヴレインズ31話の感想です。 はじまったゴーストガールとリ

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)5 亡朧竜(もうろうりゅう) デス・キマイラ・ドラゴン

今回紹介するのはプレミアムパック20よりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,875,666 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑