DDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザー:遊戯王カード考察  相手の妨害に専念する?それとも積極的に攻撃力上げる?

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。

 

 

 

DDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザー
エクシーズ・効果モンスター
ランク6/水属性/悪魔族/攻2800/守1800
悪魔族レベル6モンスター×2
①:モンスターを特殊召喚する効果を含む、
モンスターの効果・魔法・罠カードの効果が発動した時、
このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
その発動を無効にし、破壊する。
その後、このカード以外の自分フィールドの「DD」モンスター1体を選び、
そのモンスターとこのカードの攻撃力をターン終了時まで1800アップできる。
②:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「契約書」カード1枚を手札に加える。

 

ブラック企業「ディファレント・ディメンション社」エクシーズ課の重役です。

怒涛王シーザーが重役に出世しました。

アークファイブにおいて赤馬零児がズァーク戦で使用したカードであり

エグゼクティブ・アレクサンダー、エグゼクティブ・テムジンと共に3体並び

覇王眷竜ダークヴルムの特殊召喚を防ぎつつ自身とエグゼクティブ・テムジンを強化、

覇王龍ズァークの攻撃力を上回り戦闘ダメージを与えました。

アニメでは特殊召喚を無効にしたモンスターの攻撃力の数値分だけ強化する効果でしたが

OCG化にあたり上昇する攻撃力は固定になっています。

 

全体的に元の怒涛王シーザーよりも装飾が豪華になっており金のパーツが目立ちます。

持ってる金棒もごつくなっている上にこれを片手で担ぎ上げており

地獄の鬼を意識した感じのパワプルな印象です。

 

 

ランク6のエクシーズでありエクシーズ素材にはレベル6悪魔族2体を要求します。

DDの中ではDDプラウド・オーガとDD魔導賢者ニコラ、

それからDDD烈火王テムジンが該当します。

プラウド・オーガや烈火王テムジンが特殊召喚効果を持っているので

そこから展開を狙うのがいいでしょう。

邪帝ガイウスや魔帝アングマールを採用してアドバンス召喚しつつ揃える手もあります。

あとは怒涛王シーザーにRUMアストラル・フォースを使ってもいいでしょう。

 

 

①の効果はモンスターを特殊召喚する効果を持つ魔法罠やモンスター効果が発動した時に

オーバーレイユニットを1つ消費する事でそれを無効にして破壊、

さらに自身以外の自分のDDを1体選んでそのカードと自身の攻撃力を

そのターンの間だけ1800上昇させるというものです。

非常に高い妨害効果を持っておりこのカードが存在しているだけで

相手は特殊召喚に大きな制限を受ける事になります。

その上1ターンに1度の制限も無い為オーバーレイユニットの数だけ無効にできます。

 

その一方で攻撃力の上昇効果はそのターンの間限りであり、

相手のターンで特殊召喚を無効にしても自分のターンまで攻撃力を維持する事はできません。

わざわざ自分のターンに相手が効果を無効にさせてくれる事も考えづらいので

攻撃力の上昇効果を活かすのであれば自分で自分の特殊召喚を無効にする必要があります。

1度の発動で合計3600もの攻撃力上昇は魅力的であり

エグゼクティブ・シーザーの攻撃力も元の2800と合わせて4400まで上昇し

大抵のモンスター相手に戦闘で勝てるようになります。

自分の特殊召喚を無効にしてでも攻撃力を上げる価値は十分にあるでしょう。

先ほど言ったように1ターンに1度の制限が無い為、複数回特殊召喚を無効にすれば

その数だけ攻撃力を上昇できるので1ターンキル級の攻撃力も確保可能です。

 

 

②の効果はこのカードがフィールドから墓地へ送られた場合に

契約書1枚をデッキから取引してくるというものです。

怒涛王シーザーの②の効果と同一ものであり

あちらと違い1ターンの1度の制約がなくなっています。

このカードを1ターン複数回展開するケースは少ないとは思いますが

元の怒涛王シーザーと合わせて契約書のサーチに積極的に使っていけます。

 

 

①の効果は基本的に相手の特殊召喚の妨害に使うか

自分の特殊召喚を無効にして攻撃力を上げていくかの取捨選択をする事になるでしょう。

どちらの使い方も余裕であり状況を見て上手く使い分けていきたい所です。

関連記事

遊戯王アークファイブ第143話『覇王の魂』感想

遊戯王ARC-V143話の感想です。 見事に沢渡と月影を撃破した権現坂、 しかし遊矢は柚

記事を読む

遊戯王カード考察:剛鬼死闘(ごうきデスマッチ) デッキから可能な限りっておま・・・

今回紹介するのはLINK VRAINS BOX(リンク・ヴレインズ・ボックス)よりこのカードです。

記事を読む

影六武衆(かげろくぶしゅう)-ゲンバ:遊戯王カード考察 回収効果持ちチューナー、影武者とは一長一短

今回紹介するのはデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)35 ラベノス・タランチュラ

今回紹介するのはプレミアムパック18よりこのカードです。    

記事を読む

異次元の探究者:遊戯王カード考察 帰還タイミングがポイント

モリンフェンスリーブ化されるみたいですね。まあ接戦でしたしね。 この調子でズァークもスリーブ化

記事を読む

燃え竹光(もえたけみつ):遊戯王カード考察 これから毎ターンメインフェイズ1スキップしようぜ

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:奇術王 ムーン・スター

エクシーズ召喚に使ってもいいぞ!   バレンタインデーですね。 今回紹介

記事を読む

遊戯王アークファイブ第84話『運命のダイスロール』感想

遊戯王ARC-V84話の感想です。 2回戦最終試合ユーゴVSセレナ。 はたしてどのような

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:電子光虫(デジタル・バグ)

以前電子光虫-ライノセバスの記事を書いた時 「電子光虫というテーマが出てくるんじゃないか?」と

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン

7月9日に新パック「インベイジョン・オブ・ヴェノム」が発売されます! 今回紹介するのはそのイン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:やぶ蛇 地雷カードの決定版 発動できた場合皆は何を出す?

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:クインテット・マジシャン シンプルに豪快で強い、未来融合もオススメ

2月23日にザ・ヴァリュアブル・ブック20が発売されます。 今回

遊戯王カード考察:ヤジロベーダー さあなんか新用語が出て来ましたよ

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:急き兎馬(せきとば) 新しいランク5素材候補、実はデメリットも有効活用できる

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:星遺物-『星槍』(せいいぶつ せいそう) リンク用の強力な戦闘補助、回収もしやすい

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

→もっと見る

    • 4,966,755 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑