【トリックスター】:遊戯王テーマ考察  遊戯王VRAINSのヒロインが使うテーマは相当エグいぞこれ・・・

今年春から始まる新作アニメ、遊戯王VRAINS(ヴレインズ)

主人公の藤木遊作がサイバース族の種族デッキの使い手である事が判明しましたが

さらに2人のカリスマデュエリスト、財前葵と鬼塚豪が

それぞれ「トリックスター」と「剛鬼」というテーマを使う事が判明しました。

どちらもコード・オブ・ザ・デュエリストで収録されるテーマであり

今回は財前葵のが使うトリックスターについて紹介したいと思います。

 

 

 

トリックスター・リリーベル
効果モンスター
星2/光属性/天使族/攻 800/守2000
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがドロー以外の方法で手札に加わった場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードは直接攻撃できる。
③:このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時、
自分の墓地の「トリックスター」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 

 

トリックスター・マンジュシカ
効果モンスター
星3/光属性/天使族/攻1600/守1200
①:手札のこのカードを相手に見せ、「トリックスター・マンジュシカ」以外の
自分フィールドの「トリックスター」モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを特殊召喚し、対象のモンスターを持ち主の手札に戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手の手札にカードが加わる度に、加えたカードの数×200ダメージを相手に与える。

 

 

トリックスター・キャンディナ
効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1800/守 400
①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「トリックスター」カード1枚を手札に加える。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手が魔法・罠カードを発動する度に相手に200ダメージを与える。

 

 

トリックスター・ナルキッス
効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1000/守1800
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:相手が効果ダメージを受けた場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手が手札・墓地のモンスターの効果を発動する度に相手に200ダメージを与える。

 

 

トリックスター・ホーリーエンジェル
リンク・効果モンスター
光属性/天使族/攻2000
【リンクマーカー:左下 右下】
\ ↑ /
←   →

「トリックスター」モンスター2体
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカードのリンク先に「トリックスター」モンスターが召喚・特殊召喚される度に、
相手に200ダメージを与える。
②:このカードのリンク先の「トリックスター」モンスターは戦闘・効果では破壊されない。
③:「トリックスター」モンスターの効果で相手がダメージを受ける度に発動する。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、そのダメージの数値分アップする。

 

 

トリックスター・スイートデビル
リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/天使族/攻2000
【リンクマーカー:左 右】
\ ↑ /
←   →
/ ↓ \
「トリックスター」モンスター2体
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカードのリンク先のモンスターが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られる度に、
相手に200ダメージを与える。
②:「トリックスター」モンスターの効果で相手がダメージを受ける度に発動する。
相手フィールドの全ての表側表示モンスターの攻撃力はターン終了時まで、
このカードのリンク先のモンスターの数×200ダウンする。

 

 

トリックスター・ライトステージ
フィールド魔法
①:このカードの発動時の効果処理として、
デッキから「トリックスター」モンスター1体を手札に加える事ができる。
②:1ターンに1度、相手の魔法&罠ゾーンにセットされたカード1枚を対象として発動できる。
このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
セットされたそのカードはエンドフェイズまで発動できず、
相手はエンドフェイズにそのカードを発動するか、墓地へ送らなければならない。
③:自分フィールドの「トリックスター」モンスターが戦闘・効果で相手にダメージを与える度に、
相手に200ダメージを与える。

 

 

トリックスター・リンカーネイション
通常罠
①:相手の手札を全て除外し、その枚数分だけ相手はデッキからドローする。
②:墓地のこのカードを除外し、
自分の墓地の「トリックスター」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 

 

現在判明しているカードからテーマを推測すると以下の通りです

・妖精の姿をしたアイドルのテーマである

・光属性、天使族のテーマでありリンク召喚を狙う

・1ターンに何度もバーン効果を発動しじわじわと痛めつけていく

・葵ちゃんスカートやたら短いよね

・とにかく拷問だ、拷問にかけろ!

 

いずれもアイドルを思わせる恰好をした妖精の姿をしています。

遊戯王ヴレインズがVR空間を舞台にした作品である事を考えると

恐らく電子妖精やネットアイドルをイメージしたテーマなのでしょう。

ところでこの子物騒なもの手に持ってるんだけど

これはトリックスターとモーニングスターかけてるんだろうか。

 

 

トリックスターの効果の中でまず目につくのは

「200ダメージを与える」と書かれた効果が多い点です。

おまけにエースカードであるトリックスター・ホーリーエンジェルは

相手にバーンダメージを与えるたびに攻撃力が上昇する効果を持っており

バーンダメージを与える事がこのテーマのコンセプトの1つなのは間違いありません。

いわゆる地味バーンと呼ばれる類でありダメージも200と微々たるものですが

ダメージを与える条件も相手が魔法罠を発動するた度にだったり

リンク先にトリックスターが召喚される度にだったりとかなり緩く

さらにどの効果も1ターンに1度とは書かれていません。

1回1回のダメージは低くとも積み重なれば馬鹿に出来ないダメージ量となります。

またダイレクトアタックのできるトリックスター・リリーベルなど

効果ダメージだけでなく戦闘でもダメージを積み重ねていく事が可能です。

じわじわと痛めつけていくのがトリックスターの持ち味となるでしょう。

いやあエグいですね

 

 

現在判明している下級モンスターはリリーベルとキャンディナの2体ですが

どちらも簡単にアドバンテージを確保可能な効果を持っており

そのポテンシャルは十分です。

キャンディナを通常召喚してリリーベルをサーチしてそのまま特殊召喚、

状況次第ではリリーベルで直接攻撃しつつ墓地ののトリックスターを回収、

そのまま2体を素材にホーリーエンジェルをリンク召喚、が基本の流れとなるでしょう。

フィールド魔法のライトステージでもトリックスターのサーチが可能であり

要となるキャンディナを用意するのは難しくありません。

 

 

特に注目すべきは罠カード、トリックスター・リンカーネイションです。

その効果は相手の手札を全て除外してその枚数分ドローさせるという

いわば相手だけに影響する除外版の手札抹殺です。

デッキ破壊としては強力極まりない効果であり

制限カードである手札抹殺と違いこちらは3枚デッキに積むことが可能であり

さらにキャンディナの効果でサーチも可能です。

1ターンに1度の制約もありません。相手が大量ドローしたタイミングで

複数回発動できればそのままデッキ切れを狙えるでしょう。

また除外である点とフリーチェーンで発動できる点も実にいやらしく

デッキ破壊以外にも相手が何かキーカードをサーチしたタイミングで発動し、

そのカードを除外してしまうといった動きも可能です。

特に制限カードや複数積み前提のカードに対してこれをやったら

相手からすればたまったものではないでしょう。

いやあエグいですね

 

上記の効果だけでも強力なのにさらに墓地から除外する事で

墓地のトリックスター1体を蘇生する効果もついています。

この手の墓地除外効果にしては珍しく墓地に送ったターンから発動可能であり

おまけに罠カードなのでフリーチェーンで蘇生が出来ます。

トリックスターにおいて展開の要の1つとなるのは間違いないでしょう。

 

デッキ破壊効果だけであればトリックスター以外でも問題なく使えるので

デッキ破壊を狙う様々なデッキに投入する価値があるでしょう。

正直いつ規制されてもおかしくない性能を秘めています。

 

 

バーンダメージ、デッキ破壊どちらも狙っていけるポテンシャルを秘めている

まさにトリックスターの名に恥じないテーマと言えるでしょう。

しかしこんな明らかにデッキ破壊向けのカードをヒロインが使うとは・・・。

もしかしたら葵はデッキ破壊を戦術の1つとして多用するのかもしれません。

もしメインキャラがデッキ破壊戦術をメインとするのであれば

それは実に興味があります、非常に見てみたいです。

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。
※カード名をクリックでwikiを表示します

 

悪夢の拷問部屋

戦闘以外のダメージを与えるたびに300ダメージを追加で与えるカードです。

バーン戦術をメインとするのであれば必須カードと言えます。

とにかく効果ダメージを与える機会の多いトリックスターとの相性は抜群で

単純に計算して1回で与えるダメージが2.5倍に跳ね上がります。

 

魔封じの芳香

魔法を発動する為には一旦セットしなければいけなくなる永続罠です。

フィールド魔法のトリックスター・ライトステージは相手の伏せた魔法罠を選択、

エンドフェイズまで使用不能にする効果を持ちますがフリーチェーンのカードであれば

選択したタイミングやエンドフェイズに発動を許してしまいます。

魔封じの芳香で相手の通常魔法のセットを強要できれば

それを封じてそのまま墓地送りにしてしまう機会も増えるでしょう。

関連記事

覇王龍ズァーク:遊戯王カード考察

アークファイブラスボス(多分)ここに君臨!   今回紹介するのはマキシマム・ク

記事を読む

クラッキング・ドラゴン:遊戯王カード考察  相手が展開すればするほど大ダメージ!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:DDスワラル・スライム

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

【メタファイズ】:遊戯王テーマ考察  タイムラグのある除外トリガーを上手く活用していく新基軸の除外テーマ

9期の頃、アームズ・ドラゴンやホルスの黒炎竜といった懐かしのモンスターが それぞれメタファイズ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:クリアクリボー

効果ダメージと直接攻撃をそれぞれ防ぐ!   今回紹介するのは4月3日に発売され

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ブンボーグ006(ゼロゼロシックス)

毎回少しずつ新カードが出ているブンボーグ。 やはりディメンション・オブ・カオスにも収録されてい

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:コズミック・サイクロン

墓地発動を許すな!   ザ・ダーク・イリュージョンのフラゲ情報が来たみたいです

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ラーの翼神竜-不死鳥(ゴッドフェニックス)

今回紹介するのはMILLENNIUM PACKよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:創世の竜騎士

要所要所で役に立ちます     今回紹介するのは2016年2月

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超重魔獣(ちょうじゅうまじゅう)キュウ-B(ビー)

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです    

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
寄生虫パラノイド:遊戯王カード考察 大丈夫、リメイク前よりはグロくないです

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

輪廻のパーシアス:遊戯王カード考察 カウンター罠多めに採用すれば他のデッキにも

ストラクチャーデッキR-神光の波動-の発売にも近づいてまいりました。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第19話『闇に葬られし事件』感想

遊戯王VRAINS19話の感想です。 リバースモンスターを駆使す

SW2.0:エイジ・オブ・グリモワール登場 新種族「ノーブルエルフ」「マナフレア」に新技能「グリモワール」「アーティサン」「アリストクラシー」

2017年9月20日、ソードワールド2.0の新しいサプリメント、

銃砲撃(ガン・キャノン・ショット):遊戯王カード考察 実にキースらしいイカサマカード

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

→もっと見る

    • 4,630,661 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑