Re:EX(レックス):遊戯王カード考察  2700打点まで届く下級恐竜族の脳筋担当!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。

 

 

 

Re:EX
効果モンスター
星4/光属性/恐竜族/攻1900/守1200
①:このカードがEXモンスターゾーンのモンスターと戦闘を行う場合、
ダメージステップの間だけこのカードの攻撃力・守備力は800アップする。

 

光属性恐竜族のレベル4モンスターです。

10期としては初の恐竜族モンスターとなります。

 

各所に青白く光るラインが浮かぶ機械チックな恐竜です。

見た目は機械っぽいですが安心してください、ちゃんと恐竜族です

「Re」とはラテン語の「Res」から来た言葉で「リー」もしくは「レー」と読み

「〇〇に関して」「〇〇について」といった意味を持ちます。

「Re:」という文体はメールの返信として良く使われるものであり

Re:EXというカード名はいわばエクストラモンスターゾーンに対する返信、

つまりはエクストラモンスターゾーンのメタを表す言葉だと解釈が可能です。

 

 

その効果はこのカードがEXモンスターゾーンに存在する相手と戦闘する場合

ダメージステップの間だけ攻撃力防御力を800アップさせる自己強化効果です。

このカード自身の攻撃力が1900と下級アタッカークラスの数値を持っている為、

効果が発動できれば実質的な2700打点として機能します。

 

 

下級モンスターで2700という攻撃力は十分すぎるものであり

数多くのモンスターをこのモンスター単体で戦闘破壊が可能です。

主な仮想的としては特殊召喚を封じてくるヴェルズ・オピオンや

モンスター効果を封じてくるクリアウィング・シンクロ・ドラゴン、

他にもナチュル・ビーストやM・HERO ダーク・ロウあたりが該当するでしょう。

これらのモンスターを通常召喚から単体で打開できるのは中々馬鹿に出来ません。

またもし相手がリンクスパイダーをEXモンスターゾーンに放置しているようであれば

それをぶん殴って1700のダメージを与えられます。

ロストワールドが発動していれば3200まで戦闘破壊が可能となり

さらにこのカードで対応できる範囲が広がります。

 

 

とにかく打点で相手を殴り倒す事が目的のザ・脳筋というべきカードです。

相手がエクストラデッキを使わない場合は効果が無駄になってしまいますが

それでも打点1900でありロストワールドがあれば2400まで撃破圏内なので

腐ってしまうというほどではないでしょう。

これはエクストラデッキのモンスターでなくとも下級モンスターであれば

大抵は戦闘破壊出来るという意味でもあります。

少なくとも恐竜族ならば場に出されると厄介なモンスターに対する対処手段として

サイドデッキに入れておく価値は十分にあります。

関連記事

遊戯王アークファイブ第63話『捕獲者の王「ゴヨウ・キング」』感想

遊戯王ARC-V63話の感想です。 前回黒咲が「貴様、丸腰で逃げる気か?」と言って渡すものが

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:幻影騎士団(ファントム・ナイツ)サイレントブーツ

今回紹介するのはウィング・レイダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:レプティアの武者騎兵、ディノンの鋼鉄騎兵、シュルブの魔導騎兵

ペンデュラム以外には結構強い   今回紹介するのはEXTRA PACK 201

記事を読む

遊戯王アークファイブ第106話『アークエリア・プロジェクト』感想

アークファイブ106話の感想です。 黒咲でさえもカイトを説得する事は出来なかった。 その

記事を読む

遊戯王カード考察:古代の機械蘇生(アンティーク・ギアリボーン)

何度もアンティーク・ギアの蘇生を狙える!   今回紹介するのはレイジング・テン

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:覚醒の暗黒騎士ガイア

今回はVジャンプ9月号の付属カードであるこのカードの紹介です。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:精霊獣使い(せいれいじゅうつかい) ウィンダ

ウィンダちゃんは自爆特攻を覚えた!   今回紹介するのはレイジング・テンペスト

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ハンサムライガー

上級ペンデュラムを何でもサーチ!   今回紹介するのはVジャンプの定期購読特典

記事を読む

トポロジック・ボマー・ドラゴン:遊戯王カード考察 特殊召喚効果が全て破壊効果に化ける!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:強化支援メカ・ヘビーアーマー

ユニオン全般をサポートするぞ!   今回紹介するのはストラクチャーデッキ-海馬

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
サイバネット・バックドア:遊戯王カード考察 サイバース族用強化版亜空間物質転送装置!

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。 &nbs

【オルターガイスト】:遊戯王テーマ考察  罠カードメイン低速メタビート!いやらしく相手を妨害していこう

遊戯王VRAINSにおいて財前晃とちょっと大人な関係を匂わせつつ

拮抗勝負(きっこうしょうぶ):遊戯王カード考察  大量展開にきっついオシオキを

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第7話『ハノイの天使』感想

遊戯王ヴレインズ第7話の感想です。 プレイメーカーとブルーエンジ

ダックドロッパー:遊戯王カード考察  相手にダイレクトアタックを強要しつつ自分は高い耐性で身を隠す!

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,384,955 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑