神子のオカルト技の格ゲーとしての斬新な仕様:東方深秘録ネタバレ

東方深秘録の製品版が出た事で様々な情報が出ました。

というわけで今回もネタバレ話です、駄目な人は引き返そう。

大丈夫な人はスクロールしよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全員のオカルト技が判明しましたね。

白蓮がバイクに乗ったりネッシーがビーム撃ったり白蓮がバイクに乗ったり

色々衝撃的な内容でした。

しかしその中で、特に格闘ゲームとして見た場合自分がもっとも興味を引いたのは

豊聡耳神子のオカルト赤マント青マントです。

 

 

最初PVモーションで見た時「なるほど、モードを切り替えて戦うタイプなんだな」

と思っておりました。いえ、実際にそういうキャラではあるのです。

この「モードを切り替えて戦うキャラ」は格ゲーには結構います。

自信は無いのですが元祖は「ストリートファイターZERO2」の元でしょうか?

それに「エターナルファイターZERO」の上月澪、

「メルティブラッド」の琥珀&翡翠、「ザ・ランブルフィッシュ2」のミト、

「ブレイブルー」のライチ・フェイ・リンと挙げていけばキリがないでしょう。

しかしこの手のタイプは2種類のキャラ性能を把握する必要があり、

完全に使いこなすのが難しい事もあり「片方のモードだけ使おう」ってなる事がよくあります。

製作側もそれを分かっているのか「何らかの条件で強制的にモードが切り替わる」

という仕様によって必然的に全てのモードを使いこなす必要性を持たせる事も多いです。

尚モードの切り替えは大体が「攻撃型と防御型」「遠距離型と近距離型」に分類されます。

神子もこの「遠距離型と近距離型を切り替えるタイプ」と最初は思っていました。

 

 

でも正確には「遠距離強化と近距離強化を選ぶタイプ」だったんですね。

つまりはモード切り替えでなく選択式の強化技を持つキャラだったわけですね。

オカルト技は攻撃を食らえば解除されてしまう為時限強化型の一種と言えるでしょう。

しかしこの「強化するモードを選ぶ」タイプのキャラも珍しくありません。

「電撃文庫ファイティング クライマックス」の黒雪姫や

「アカツキ電光戦記」のがこのタイプに該当します。

そしてこのタイプも「結局選ぶ強化は1種類だけ」という事態に陥りやすいです。

むしろモード切り替え以上にどれか1つに落ち着く形が多いです。

時限強化を使い分けるというのは中々難しいものだったりしますからね。

事実黒雪姫も見かけるのはモードレッドばっかりでした。

 

 

しかし神子の赤マント青マントは「強化するモードを選ぶ」タイプとも違います。

いえ、分類的にはまったく同じです。神子も「強化するモードを選ぶ」キャラです。

しかし神子のそれは「どちらか片方だけ使えればいい」という事にはなりません。

だって「使いこなせる方と使いこなせない方どちらか選べ」って言われたら

ほとんどの人は使いこなせない方、弱い方を選びますよね?

だってその方が戦いやすくなるんですから。

 

 

はい、これこそが神子のオカルトシステムである赤マント青マントの最大の肝です。

どちらかを選ぶのは戦っている相手の方です。

正直自分はこのシステムを知った時「どうして気付かなかったんだ!」と嘆きました。

よく考えて見れば当然の話なんです、赤マント青マントというオカルトは

自分でどちらのマントか選ぶのではなく相手に選ばせるオカルトなんですから。

「赤マントを選べば打撃が強化される」「青マントを選べば射撃が強化される」

でもどちらかを選ばないといけない

そんなジレンマを相手は味わうでしょう、まさに苦渋の選択です。

そして選ばれる側もどちらを選ばれても戦えるようにしておく必要があります。

赤マント青マントというオカルトの特徴を完全に活かしきった素晴らしいシステムです。

この相手が選ぶというシステム、さすがに格ゲーでも前例がないのではないでしょうか?

この案を考えた人に自分は惜しみない賞賛をしたいです。

 

個人的には是非とも他の格闘ゲームでもこの相手が選ぶというシステムが出て欲しい所です。

しかしこの赤マント青マント以外に「相手に選ばせる」という理由を説明できる、

そんな辻褄合わせ可能なんでしょうか?自分にはちょっと思いつきません。

関連記事

東方鈴奈庵第48話『本居小鈴の葛藤』感想

鈴奈庵48話の感想です。 久々にサブタイトルに前後編がついていません。  

記事を読む

ソードワールド2.0の神々の何かちょっとおかしい紹介:始祖神ライフォス

ソードワールド2.0に関する記事、何か書こうかなーとも思っていたのですが、 何を記事にしたらい

記事を読む

東方鈴奈庵第34話『誰がデマゴギーを広めるのか 前編』感想

東方鈴奈庵34話の感想です。 付録のポスターがでかいと評判みたいですね。  

記事を読む

東方鈴奈庵第31話『牛の首は何処にあるのか 後編』感想

今回鈴奈庵がコンプエース10月号の表紙を堂々と飾っています。 さらにカラーでレトロカワイイ小鈴

記事を読む

遊戯王OCG:自分なりのデッキの組み方について

前回の記事でデッキ枚数に関する話を少しさせていただきました。せっかくなので 今回は実際に自分が

記事を読む

遊戯王OCG,7月の制限改定を個人的に予想してみる

新しいリミットレギュレーションの時期も近づいて来ましたね。 かなり群雄割拠の環境ですがそれでも

記事を読む

東方深秘録最新情報:藤原妹紅、少名針妙丸参戦

東方深秘録公式ページ   黄昏フロンティアの最新作、東方深秘録の新キャラが判明

記事を読む

東方深秘録委託販売開始、例の単語に対してリアクションが・・・

東方深秘録、委託販売が開始されましたね。 というわけで早速買ってきてストーリーオールクリアして

記事を読む

東方鈴奈庵第37話『人里に沸く馬の酔う木 後編』感想

東方鈴奈庵37話の感想です。 今回の表紙は冬服仕様の小鈴と霊夢。 地霊殿でもツッコミを入

記事を読む

ソードワールド2.0の神々の何かちょっとおかしい紹介:太陽神ティダン

MUGENのキャラを使ってソードワールド2.0の神々を紹介するコーナー。 今回紹介するのはこの

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    先生、スマブラforのシュルクがいません(シュルクもNBでモナドのモードを切り替えるじゃないですかー!)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
輪廻のパーシアス:遊戯王カード考察 カウンター罠多めに採用すれば他のデッキにも

ストラクチャーデッキR-神光の波動-の発売にも近づいてまいりました。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第19話『闇に葬られし事件』感想

遊戯王VRAINS19話の感想です。 リバースモンスターを駆使す

SW2.0:エイジ・オブ・グリモワール登場 新種族「ノーブルエルフ」「マナフレア」に新技能「グリモワール」「アーティサン」「アリストクラシー」

2017年9月20日、ソードワールド2.0の新しいサプリメント、

銃砲撃(ガン・キャノン・ショット):遊戯王カード考察 実にキースらしいイカサマカード

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

究極変異態・インセクト女王(クィーン):遊戯王カード考察 ちゃんとトークン守備表示で出せます

こちらはなんとか台風が通過しました。 でもまた少し暑くなってきま

→もっと見る

    • 4,628,802 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑