東方鈴奈庵第49話『本居小鈴の葛藤(後編)』感想

公開日: : 書籍感想, 東方

鈴奈庵49話の感想です。

前回は前編と書かれていなかったのですが普通に前後編でしたね。

 

 

要注意人物小鈴ちゃん

紫は霊夢が小鈴の事を警戒しているという事を話します。

小鈴は複数の妖怪と繋がりがあるだけでなく、

妖魔本に興味があったりと人外のものに対する好奇心が旺盛です。

霊夢も魔理沙もちょっと彼女危ないよねぇ、って考えでした。

どうやらこういった人間が妖怪になりやすいようです。

そしてもし妖怪になってしまった場合霊夢から敵と認識され

最悪退治されてしまう可能性もあると紫は注意します。

さすがに小鈴としてもそんな未来は考えたくないようです。

そして紫は妖怪の事をどう考えているのかを小鈴に尋ねます。

それに対して小鈴は「一応は人間の敵」という回答をします。

こういう回答をするという事は阿求からそうだとは聞いていても

いまいち漠然とそれが正しいと納得できていないという事でもあります。

それに対して紫は今まで出会った妖怪の事を思い返すように説きます。

その言葉を受け小鈴は今までに出会った妖怪の事を思い浮かべます。

 

 

金融業式威圧交渉

回想1人目は二ッ岩マミゾウ。

すっかり鈴奈庵の常連となった彼女は小鈴に対して

百鬼夜行絵巻をはじめとする妖魔本の貸し出しを要求してきました。

貸し出しを渋る小鈴に対してマミゾウは自分は威圧するように近づき

「もうワシが妖怪である事は阿求から聞いとるんだろう?とぼけるな」

そのまま机にゲタをドンッと乗っけて小鈴を脅しにかかります。

いやぁこれは脅すの手慣れてますね

きっと金貸しとしてよくやってたんだろうなぁこういう借金取り。

またただ脅すだけでなく妖怪ではあるが危害を加えるつもりはないと

敵対意思が無い事もちゃんと表明します。

しかしそれでも小鈴は簡単には首を縦には振りませんでした。

とりあえずまた後日伺うという事でマミゾウさんはお店を後にします。

 

 

新作の宣伝は忘れない

続いての回想は射命丸文。

どうやら新聞だけでなく週刊誌「文々春新報」も置いてもらうつもりでしたが

諸事情で発禁にしたのでその話をなかった事にして欲しいとの事。

既に宣伝とかをしていたのなら面倒な事になると思っていた文ですが

小鈴からしてみれば週刊誌を置く話自体が初耳です。

これはダイレクトマーケティングですね間違いありません

3月30日に書籍「東方文果真報」が発売されるので

その宣伝も兼ねてこの鈴奈庵にもこの話を盛り込んだのでしょう。

ちなみに文は小鈴に初めてこの話をするのに既にしていたと勘違いしていましたが

恐らくはどこか別の場所で週刊誌を置いてもらう話をしていてそこと間違えたのでしょう。

つまりは鈴奈庵以外にも新聞置いてもらってる店がいくつかある可能性が高いです。

 

文もまた妖怪であり同時に小鈴に害を加えるつもりはありません。

最も新聞の販売に協力させてたりとこの場合「利用している」といった方が正しいですが。

それでもやはり小鈴は文が敵対する存在であるとは思えませんでした。

 

 

小鈴なりの答え

自分が出会った妖怪の事を振り返り小鈴は自分なりの考えをしはじめます。

そんな小鈴の様子に紫はどこか満足したような顔をしています。

そして紫は自分もまた妖怪である事を小鈴に明かし

その上で「霊夢から貴女を守る為に協力する」と小鈴に提案します。

紫のそんな話を聞き、小鈴も何かしら自分の中で結論が出たようです。

小鈴は他人から教わった真実ではない、自分だけの真実を探しに行きます。

 

 

 

なんていうか小鈴の妖怪に対する考え方に1つの結論が出そうな話でした。

次あたりが最終話だとしても腑に落ちるような展開ですね。

今回紫は小鈴に対し「私は貴方を救いに来た妖怪です」と宣言しました。

妖怪と宣言した上で小鈴の味方をすると言っているのがポイントです。

これは阿求が小鈴に説いてきた「妖怪は人間の敵」という主張に対して

「妖怪にも味方をするものはいる」と反対の意見を小鈴に伝えているのです。

確かに幻想郷全体として妖怪は人間の敵なのでしょう。

しかしそれはあくまで全体の話であり個人個人の関係においては

人間と妖怪が友好を築き協力し合うケースだって当然存在するのです。

事実として小鈴は以前狐の少年をこっそり助けています。

それ故に阿求の妖怪は敵という言葉を完全に納得できなかったのでしょう。

紫が小鈴に伝えたかった事とは恐らくはそこなのでしょう。

実際に紫は「妖怪は人間の味方」ではなく「私は小鈴の味方」と

あくまで全体としてではなく個人としての主張をしています。

「全体としての真実にとらわれる事なく自分だけの真実をちゃんと持とう」

というのが今回の話において大事な部分なのでしょう。

関連記事

東方深秘録Ver1.03アップデート公開、いくつかのバランス調整が

5月26日に東方深秘録のバージョン1.03が公開されました。 主にバグの修正とガードクラッシュ

記事を読む

SW2.0:エイジ・オブ・グリモワール登場 新種族「ノーブルエルフ」「マナフレア」に新技能「グリモワール」「アーティサン」「アリストクラシー」

2017年9月20日、ソードワールド2.0の新しいサプリメント、 エイジ・オブ・グリモワールが

記事を読む

東方鈴奈庵第52話『八雲紫の安寧(前編)』感想

東方鈴奈庵52話の感想です。       春で

記事を読む

東方外来韋編(とうほうがいらいいへん)発売!東方香霖堂の復活や色々と興味深い新事実も・・・

9月30日に東方projectの公式マガジンとなる東方外来韋編・壱が発売されました。 壱という

記事を読む

東方鈴奈庵第53(最終話)話『八雲紫の安寧(後編)』感想

東方鈴奈庵53話の感想です。 はい、最終話です。何の予告もなく突然の最終話です。 そろそ

記事を読む

東方深秘録追加情報、全員のオカルトが判明した模様

例大祭が近づいてきましたし深秘録の情報も増えてきましたね。 ちなみに自分は例大祭にはいけませぬ

記事を読む

東方鈴奈庵第31話『牛の首は何処にあるのか 後編』感想

今回鈴奈庵がコンプエース10月号の表紙を堂々と飾っています。 さらにカラーでレトロカワイイ小鈴

記事を読む

「東方天空璋(とうほうてんくうしょう) ~ Hidden Star in Four Seasons.」:東方新作タイトル発表、東方初の褐色キャラが・・・

東方Project第16弾となるシューティングゲーム新作が 夏コミの発売に向けて鋭意開発中であ

記事を読む

「東方天空璋~ Hidden Star in Four Seasons.」製品版発売、新キャラクター判明(ネタバレ注意)

8月11日、東方天空璋が発売されました。 自分は委託待ちの1人ですが早くプレイしたい所

記事を読む

東方鈴奈庵第34話『誰がデマゴギーを広めるのか 前編』感想

東方鈴奈庵34話の感想です。 付録のポスターがでかいと評判みたいですね。  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
輪廻のパーシアス:遊戯王カード考察 カウンター罠多めに採用すれば他のデッキにも

ストラクチャーデッキR-神光の波動-の発売にも近づいてまいりました。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第19話『闇に葬られし事件』感想

遊戯王VRAINS19話の感想です。 リバースモンスターを駆使す

SW2.0:エイジ・オブ・グリモワール登場 新種族「ノーブルエルフ」「マナフレア」に新技能「グリモワール」「アーティサン」「アリストクラシー」

2017年9月20日、ソードワールド2.0の新しいサプリメント、

銃砲撃(ガン・キャノン・ショット):遊戯王カード考察 実にキースらしいイカサマカード

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

究極変異態・インセクト女王(クィーン):遊戯王カード考察 ちゃんとトークン守備表示で出せます

こちらはなんとか台風が通過しました。 でもまた少し暑くなってきま

→もっと見る

    • 4,629,071 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑