ファイアウォール・ドラゴン:遊戯王カード考察

藤木遊作のもう1つのエースカード!

 

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。

 

 

 

ファイアウォール・ドラゴン
リンク・効果モンスター
光属性/サイバース族/攻2500/LINK-4
【リンクマーカー:上 左 右 下】
モンスター2体以上
①:このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、
このカードと相互リンクしているモンスターの数まで、
自分または相手の、フィールド・墓地のモンスターを対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードのリンク先のモンスターが、戦闘で破壊された場合、
または墓地へ送られた場合に発動できる。
手札からモンスター1体を特殊召喚する。

 

 

現状判明しているリンクモンスターの中では

最大のLINK-4を誇るサイバース族のリンクモンスターです。

デコード・トーカーと並ぶ藤木遊作のエースカードとして紹介されており。

攻撃力も2500という主人公ステータスをしています。

デコード・トーカーがジャンク・ウォリアーのポジションだとすれば

こちらはスターダスト・ドラゴンのポジションであると思われます。

 

各所に青いリングのようなパーツがついている

白と黒を基調としたドラゴンの見た目をしています。

見た目も名前も明らかにドラゴンですがサイバース族です。

ファイアウォールとはコンピューターネットワークにおけるセキュリティの1つで

ネットワーク同士をつなぐ場所に設置する門のようなものです。

許可のあるネットワークのみをこの門に通す事によって

望まない通信を防ぐ機能を持ちます。

コンピューターを守る為の大事な機能の1つであり

その名を冠するこの竜はさしずめ電脳世界の守護者だと言えるでしょう。

 

 

リンク素材はモンスター2体以上と非常にシンプルです。

LINK-4でありリンク召喚には4体ものモンスターが必要ですが

デコード・トーカーと違いトークンもリンク素材にできる為、

スケープ・ゴート1枚あればリンク召喚が可能です。

ある意味ではデコード・トーカーよりも出しやすいと言えるでしょう。

多分アニメだとリンクモンスターとトークンを積極的に活用して

このカードのリンク召喚に繋げるんじゃないでしょうか。

サイバース・ガジェットがそうしろと言わんばかりのカードですし。

 

 

①の効果はこのカードがフィールドに存在している時に1度だけ

このカードと相互リンクしているリンクモンスターの数まで

自分か相手のフィールド、もしくは墓地のモンスターを選択し

そのカードを手札に戻すというフリーチェーン効果です。

・・・相互リンクってなんだ!?

唐突に新用語が出てきました。

いや言いたい事は分かります。つまりは2枚のリンクモンスターが

お互いにリンクマーカーを向けている状態の事を指すのでしょう。

つまりはこの効果を発動する為には

このカード以外のリンクモンスターが上下左右のどこかに必要であり

なおかつこのカードにリンクを向けている必要があるわけです。

中々に面倒な発動条件を持っていますが条件を満たせるのであれば

最大3枚まで相手のモンスターをバウンス、

もしくは自分の墓地のモンスターを手札に戻して再利用可能という

しかもこれをフリーチェーンで行えるという素晴らしい効果です。

 

 

②の効果はこのカードのリンク先のモンスターが戦闘破壊される、

もしくは墓地へ送られた場合に手札からモンスター1体を特殊召喚します。

墓地へ送られればいいのでシンクロ素材やリンク素材にした場合でも

効果を発揮可能でありおまけに1ターンに1度の制約も無い為、

上手く使えば手札からの大量展開を狙う事が出来るでしょう。

戦闘破壊された場合は墓地へ送られなくとも発動可能であり

ペンデュラムやトークンが破壊されてもこの効果を発揮できます。

 

 

リンクマーカーの位置的にエクストラモンスターゾーンにいるよりも

メインモンスターゾーンにいる事で真価を発揮できるカードです。

キャッスル・リンクを使って移動させる、

もしくは一旦墓地に送った後に死者蘇生なので復活させるなどして

メインモンスターに移動させる工夫が求められるでしょう。

先にリンクスパイダーあたりをEXモンスターゾーンに出しておいて

その真下にファイアウォール・ドラゴンを出すという手もあります。

 

 

リンク召喚する為には4体のモンスターが必要で

さらにどちらの効果も他のモンスターを用意できてこそ意味があるという

とにかくモンスターを大量に展開できてこそ真価を発揮するカードです。

このカードの強さはモンスターの展開力に直結すると言えるでしょう。

最大で3枚バウンスor3枚回収をフリーチェーンで発動可能なのは

文句なしに強力な効果であり型にはまれば恐ろしいカードです。

ちなみにですが現状判明しているカードでこれを実現する場合

・本体のファイアウォール・ドラゴン(LINK-4)

・リンクスパイダー(LINK-1)

・ハニーポット2体(LINK-2)×2

が必要であり素材の数の合計は何と9体です。

こんなカードをエースモンスターにしている藤木遊作くん・・・

間違いありません、こいつ相当なソリティアデッキ使います

関連記事

遊戯王アークファイブ第110話『破かれたスマイル・ワールド』感想

遊戯王アークファイブ110の感想です。 カイトの助けによりオベリスクフォースを撃破できた遊矢達

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:マジェスペクター・スーパーセル

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

RR(レイド・ラプターズ)-エトランゼ・ファルコン:遊戯王カード考察

レイド・フォースやデス・ダブル・フォースと高相性!   今回紹介するのはマキシ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:オッドアイズ・グラビティ・ドラゴン、オッドアイズ・アドベント

10月に発売されるブレイカーズ・オブ・シャドウのカード情報もちらほら出て来ました。 今回はそん

記事を読む

【剛鬼(ごうき)】:遊戯王テーマ考察  プロレスらしい脳筋テーマだ!相手の攻撃力を下げて物理で殴れ!

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)に登場するカリスマデュエリスト、鬼塚豪。 恐らくアークファイブ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)モモンカーペット

史上初となるペンデュラムのリバースモンスター!   昨日のアークファイブは残念

記事を読む

遊戯王アークファイブ第142話『あふれる記憶』感想

遊戯王ARC-V142話の感想です。 失われた柚子、赤ん坊の姿になった零羅。 再生された

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:サイコ・ブレイド

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   サイコ・ブレ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超重魔獣(ちょうじゅうまじゅう)キュウ-B(ビー)

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです    

記事を読む

遊戯王カード考察:DDD盤石王ダリウス

これは盤石ですね   今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこのカードです

記事を読む

Comment

  1. 通りすがり より:

    上向きのマーカーが2の効果と合ってて良い感じですね。
    相手がエクストラモンスターゾーンの前に展開してたらファイアウォールだしてそのまま殴り倒すか除去れれば2の効果に繋げれますね。
    仮にファイアウォールを先出ししてても、相手からしたら何かしらの除去を準備してるかも…と警戒してくれることもありそうですし。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
サイバネット・バックドア:遊戯王カード考察 サイバース族用強化版亜空間物質転送装置!

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。 &nbs

【オルターガイスト】:遊戯王テーマ考察  罠カードメイン低速メタビート!いやらしく相手を妨害していこう

遊戯王VRAINSにおいて財前晃とちょっと大人な関係を匂わせつつ

拮抗勝負(きっこうしょうぶ):遊戯王カード考察  大量展開にきっついオシオキを

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第7話『ハノイの天使』感想

遊戯王ヴレインズ第7話の感想です。 プレイメーカーとブルーエンジ

ダックドロッパー:遊戯王カード考察  相手にダイレクトアタックを強要しつつ自分は高い耐性で身を隠す!

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,384,955 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑