遊戯王OCG、2017年4月の制限改定判明!十二獣はがっつり規制!新マスタールールの影響で規制、緩和されたカードも

2017年4月のリミットレギュレーションが判明しました。

新マスタールールの登場もあり今回の制限改定が実に気になる所です。

 

 

規制強化されたカード

・禁止

The tyrant NEPTUNE
十二獣ドランシア
十二獣の会局

 

・制限

十二獣モルモラット
BF-朧影のゴウフウ
妨げられた壊獣の眠り

 

・準制限

妖精伝姫-シラユキ

 

 

規制緩和されたカード

・制限

黒き森のウィッチ

 

・準制限

E・HERO エアーマン
終末の騎士
ゴヨウ・ガーディアン
爆竜剣士イグニスターP
氷結界の龍 ブリューナク
炎舞-「天璣」
洗脳-ブレインコントロール

 

・無制限

アーティファクト-モラルタ
聖なる魔術師
DDラミア

 

 

規制、緩和ともにかなり手が加えられています。

強すぎたカードが順当に規制されているのもあれば

リンク召喚を見越して相性が良さそうなカードが規制されてもいます。

ではいくつかピックアップしていきましょう。

 

十二獣ドランシア(無制限→禁止)

十二獣の会局(無制限→禁止)

十二獣モルモラット(無制限→制限)

うんまあこれはしょうがないね

いくらなんでも十二獣強すぎましたもん。大会十二獣一色でしたもん。

ただそれを踏まえても相当がっつり規制を入れられています。

会局禁止は予測してましたがドランシアは制限止まりかなと思ってました。

モルモラットも制限になっており実質②の効果が封印状態です。

今後はモルモラットとドランシアに頼らないデッキ構築が必要となるでしょう。

 

 

The tyrant NEPTUNE(無制限→禁止)

プラネットシリーズでも特に人気の高かったネプチューンが禁止です。

すごく夢のあるカードで好きだっただけに残念な結果ですが

これはインディペンデントナイチンゲールと相性が良すぎた為でしょう。

さすがに5000バーンは強すぎでした。

ぶっちゃけ悪いのはナイチンゲールの方だと思うのですが

出たばかりなのもあってネプチューンに被害が及んだ形になっています。

まあ4月に覇王眷竜スターヴヴェノム来るんだけどな!

正直あっちの方がナイチンゲールと相性抜群のような・・・。

 

 

妨げられた壊獣の眠り(無制限→制限)

壊獣の誇った凶悪なパワーカードも制限になりました。

まあこれが強すぎて壊獣が他のデッキに出張してばっかりでしたからね。

壊獣はあまりにも出張性能が高すぎました。

・・・・・・ごめんなさい自分もよく出張させてました。

今後は怪獣カウンターをしっかり活用する事が求められるでしょう。

 

 

BF-朧影のゴウフウ(無制限→制限)

特殊召喚しながらトークン2体を出せるゴウフウが制限になりました。

特に環境で活躍していたというわけではないのですが

リンク召喚とあまりにも相性がよかった為それを見越した結果でしょう。

 

 

妖精伝姫-シラユキ(無制限→準制限)

墓地が越えていれば簡単に蘇生できたシラユキが準制限です。

特にライトロードやインフェルノイドで猛威を振るっていたカードであり

環境でもちらほらその姿を見せていました。

 

 

黒き森のウィッチ(禁止→制限)※エラッタ

クリッターに大分遅れる形となりましたが

黒き森のウィッチもエラッタを受けて禁止解除されました。
黒き森のウィッチ
星4/闇属性/魔法使い族/攻1100/守1200
このカード名の効果は1ターンに1度しか発動できない。
①:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動する。
デッキから守備力1500以下のモンスター1体を手札に加える。
このターン、
自分はこの効果で手札に加えたカード及びその同名カードの発動ができない。

ちょっと解読が正確ではないですが

ほぼクリッターと同様のエラッタが行われています。

クリッターが無制限になった事もあり

様子を見て黒き森のウィッチも同じエラッタで禁止解除したものと思われます。

 

 

E・HERO エアーマン(制限→準制限)

長らく制限カードだったエアーマンが準制限に緩和されました。

E・HEROもそうですがD-HEROの強化にも注目したい所です。

 

 

炎舞-「天璣」(制限→準制限)

十二獣ががっつり規制された一方で天璣が緩和されました。

まあほとんど十二獣が原因で規制されてたようなものですからね。

 

 

爆竜剣士イグニスターP(制限→準制限)

竜剣士の誇る強力なシンクロモンスターが制限緩和です。

これは新マスタールールにおけるペンデュラムの弱体化が原因でしょう。

新マスタールールにおいては竜剣士も新しい戦い方が必要となります。

 

 

アーティファクト-モラルタ(準制限→無制限)

アーティファクトでも特に強力なモラルタが制限解除です。

新しく相性のいい蘇生カードが登場する事もあり

アーティファクトの今後の活躍に期待が持てます。

出張カードとしても活躍が期待できる所です。

 

 

ゴヨウ・ガーディアン(制限→準制限)

氷結界の龍 ブリューナク(制限→準制限)

洗脳-ブレインコントロール(制限→準制限)

エラッタされて復帰したカード6つのうち3つが規制緩和です。

この3つは特に環境で使われてるような感じでもありませんからね。

恐らく次の制限改定で無制限になっていくんじゃないでしょうか。

 

 

総評

十二獣ががっつり規制された一方で

新マスタールールでもあまり大きく影響を受けないであろう

真竜やKozmoが規制を免れています。

特に真竜は十二獣に変わる存在として要注意が必要になるでしょう。

あまり影響の受けていないインフェルノイドも気になる所です。

また最近目に見えて強化が施されているD-HEROも

エアーマンが準制限になった事でさらに注目する存在となっています。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:ダイナミスト・プレシオス、ダイナミスト・ステゴサウラー、ダイナミスト・プテラン

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第4話『カリスマデュエリスト Go鬼塚』感想

遊戯王ヴレインズ4話の感想です。 ハノイの騎士のフリをしてプレイメーカーをおびき寄せるGo鬼塚

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:王者の調和(キングス・シンクロ)

大型シンクロで奇襲しろ!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムよ

記事を読む

捕食植物(プレデター・プランツ)オフリス・スコーピオ、捕食植物ダーリング・コブラ:遊戯王カード考察

セットで運用するのがオススメです。   今回紹介するのはマキシマム・クライシス

記事を読む

遊戯王カード考察:破壊剣士の揺籃(はかいけんしのようらん)

墓地からバスブレ落としてそのまま蘇生!   2017年の1月14日にマキシマム

記事を読む

SR(スピードロイド)アクマグネ:遊戯王カード考察

幅広く相手モンスターを素材にできる!   今回紹介するのはマキシマム・クライシ

記事を読む

遊戯王アークファイブ51話「反旗を揚げろ オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン」感想

黒咲隼、ニコニコ大百科のコメント数がついに1000を突破しましたね。 今やアークファイブで一番

記事を読む

遊戯王アークファイブ第146話『ディメンション・ハイウェイ』感想

遊戯王ARC-V146話の感想です。 黒咲とのデュエルを終えた遊矢の前に現れたのはジャック・ア

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ゴヨウ・エンペラー

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)オッドアイズ・ライトフェニックス

オッPよりもペンデュラム召喚しやすいオッドアイズ!   今回紹介するのはシャイ

記事を読む

Comment

  1. 通りすがり より:

    しかしまだリンク召喚適応前だってのにゴウフウを制限に入れてくるとか……どうしたコンマイ!? これはデュエマじゃないんだぞ!!

    ※デュエマは新シリーズ発売前の規制で新シリーズに出てくるカードと相性の良いカードを躊躇なく制限にしてゲームバランスを考えてくれています。

  2. 匿名 より:

    しかし、このタイミングでネプチューン禁止ってつまり
    「ネプチューンの事完全に忘れてインディぺ刷っちゃいました!ごめんなさい!(テヘペロ)」
    って事だよなあ……。

  3. 匿名 より:

    ネプチューン禁止はリンクモンスターを吸収した際の裁定がややこしいから、らしい

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
サイバネット・バックドア:遊戯王カード考察 サイバース族用強化版亜空間物質転送装置!

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。 &nbs

【オルターガイスト】:遊戯王テーマ考察  罠カードメイン低速メタビート!いやらしく相手を妨害していこう

遊戯王VRAINSにおいて財前晃とちょっと大人な関係を匂わせつつ

拮抗勝負(きっこうしょうぶ):遊戯王カード考察  大量展開にきっついオシオキを

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第7話『ハノイの天使』感想

遊戯王ヴレインズ第7話の感想です。 プレイメーカーとブルーエンジ

ダックドロッパー:遊戯王カード考察  相手にダイレクトアタックを強要しつつ自分は高い耐性で身を隠す!

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,384,955 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑