HEROの遺産(ヒーローのいさん):遊戯王カード考察

3枚ドローってお前・・・

 

今回紹介するのはプレミアムパック19よりこのカードです。

 

 

 

HEROの遺産
通常魔法
「HEROの遺産」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:「HERO」モンスターを融合素材とする融合モンスター2体を
自分の墓地からエクストラデッキに戻して発動できる。
自分はデッキから3枚ドローする。

 

 

HERO用の通常魔法です。

フレイムウィングマンなんて既に羽と腕だぞ・・・

イラストではフレイムウィングマンの翼と右腕が映っています。

カード名から判断するとフレイムウィングマンの亡骸なのでしょう。

ヒーローものの王道としてはこの後別の誰かが彼の遺志を受け継ぎ

新たなるフレイムウィングマンとして誕生するのでしょう。

 

 

その効果は1ターンに1度、HEROを融合素材にする融合モンスター2体を

墓地からエクストラデッキに戻す事で3枚ドローするドロー促進効果です。

注意しなければならないのは「HERO融合モンスター」ではなく

「HEROを融合素材にする融合モンスター」を戻す必要がある点です。

その為マスク・チェンジによって特殊召喚するM・HEROや

HEROを融合素材に指定していないE-HERO ダークガイアは

この効果でエクストラデッキに戻す融合モンスターの対象外となります。

その一方でHEROではないDragoon D-ENDや

レインボー・ネオスは融合素材にHEROを要求している為

この効果でエクストラデッキに戻す事が可能です。

 

 

3枚ドローが弱いわけないです

M・HEROこそ対象外ですがその効果は3枚ドローという破格の代物で

エクストラデッキに戻す融合モンスターさえ用意する事が出来れば

融合軸のE・HEROやD-HEROにとって

非常に優秀なドローソースとして活躍してくれます。

特定の融合モンスターを使いまわしたい場合には

エクストラデッキに戻す点もメリットであり貪欲の壺よりも使いやすいです。

むしろM・HEROも対象にしてしまうとあまりに強すぎるので

露骨にM・HEROは除外されたと考えるべきでしょう。

通常魔法なのでD-HERO ダイヤモンド・ガイの効果の対象にもなっており

その場合エクストラデッキに融合モンスターを戻さずとも3枚ドロー可能です。

ダイヤモンド・ガイを主軸にするデッキにおいては

効果でドローしてもよく、そのまま引いても問題なく発動可能という

終わりの始まりやデステニードローに続くドローカードとして運用できます。

どちらかと言えばE・HEROよりもD-HEROを強化するカードですが

E・HEROにおいてもその恩恵は大きいものとなるでしょう。

 

 

ちなみに轟雷帝ザボルグあたりでエクストラデッキから直接墓地に落とせば

HERO以外のデッキでもドローソースとして活用可能です。

轟雷帝ザボルグの効果で落とすメリットのあるカードは色々ありますが

大抵のものが墓地に落とした直後に効果を発動するものであり

落としたターン以降でも発動の機会があるカードは中々貴重です。

 

 

新マスタールールによってエクストラデッキからの召喚に制約が入り

HEROにも決して小さくない影響が出ていますが

このカードのように着実に強化するカードが出ているのも確かです。

特にD-HEROは新カードの恩恵が大きく

今後の活躍に非常に注目したい所です。

関連記事

遊戯王アークファイブ第133話『輝かしきエンタメショー』感想

遊戯王ARC-V134話の感想です。 ユーリの伏せカード「超融合」を見事に当てた榊遊勝。

記事を読む

EM小判竜(エンタメイト ドラゴ・リモーラ):遊戯王カード考察

ドラゴン族に混ぜてみるといかがでしょう?   今回紹介するのはマキシマム・クラ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ブロック・ドラゴン

コアキメイルを配慮した嬉しい耐性!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:光波分光(サイファー・スペクトラム)

消すと増えます   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカードです。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)モモンカーペット

史上初となるペンデュラムのリバースモンスター!   昨日のアークファイブは残念

記事を読む

影六武衆(かげろくぶしゅう)-フウマ:遊戯王カード考察  効果も優秀だしチューナーとしても優秀

今回紹介するのはスピリット・ウォリアーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:The suppression PLUTO(ザ・サプレッション・プルート)

対象に取らないコントロール奪取!   今回紹介するのはコレクターズパック「閃光

記事を読む

アストログラフ・マジシャン、クロノグラフ・マジシャン:遊戯王カード考察

何気に汎用性がかなり高い!   今回紹介するのはペンデュラム・エボリューション

記事を読む

ONi(オニ)サンダー:遊戯王カード考察

雷族待望の万能サーチ!   今回紹介するのはプレミアムパック19よりこのカード

記事を読む

遊戯王カード考察:剛竜剣士ダイナスターP(パワフル)

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです    

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:トリックスター・シャクナージュ 墓地からの除外狙ってみる?

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トリックスター・デビルフィニウム リンカーネイションの再利用手段にどうぞ

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第35話『もう一つのロスト事件』感想

遊戯王ヴレインズ35話の感想です。 前回のあらすじ:スペ

遊戯王カード考察:やぶ蛇 地雷カードの決定版 発動できた場合皆は何を出す?

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:クインテット・マジシャン シンプルに豪快で強い、未来融合もオススメ

2月23日にザ・ヴァリュアブル・ブック20が発売されます。 今回

→もっと見る

    • 4,974,584 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑