HEROの遺産(ヒーローのいさん):遊戯王カード考察

3枚ドローってお前・・・

 

今回紹介するのはプレミアムパック19よりこのカードです。

 

 

 

HEROの遺産
通常魔法
「HEROの遺産」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:「HERO」モンスターを融合素材とする融合モンスター2体を
自分の墓地からエクストラデッキに戻して発動できる。
自分はデッキから3枚ドローする。

 

 

HERO用の通常魔法です。

フレイムウィングマンなんて既に羽と腕だぞ・・・

イラストではフレイムウィングマンの翼と右腕が映っています。

カード名から判断するとフレイムウィングマンの亡骸なのでしょう。

ヒーローものの王道としてはこの後別の誰かが彼の遺志を受け継ぎ

新たなるフレイムウィングマンとして誕生するのでしょう。

 

 

その効果は1ターンに1度、HEROを融合素材にする融合モンスター2体を

墓地からエクストラデッキに戻す事で3枚ドローするドロー促進効果です。

注意しなければならないのは「HERO融合モンスター」ではなく

「HEROを融合素材にする融合モンスター」を戻す必要がある点です。

その為マスク・チェンジによって特殊召喚するM・HEROや

HEROを融合素材に指定していないE-HERO ダークガイアは

この効果でエクストラデッキに戻す融合モンスターの対象外となります。

その一方でHEROではないDragoon D-ENDや

レインボー・ネオスは融合素材にHEROを要求している為

この効果でエクストラデッキに戻す事が可能です。

 

 

3枚ドローが弱いわけないです

M・HEROこそ対象外ですがその効果は3枚ドローという破格の代物で

エクストラデッキに戻す融合モンスターさえ用意する事が出来れば

融合軸のE・HEROやD-HEROにとって

非常に優秀なドローソースとして活躍してくれます。

特定の融合モンスターを使いまわしたい場合には

エクストラデッキに戻す点もメリットであり貪欲の壺よりも使いやすいです。

むしろM・HEROも対象にしてしまうとあまりに強すぎるので

露骨にM・HEROは除外されたと考えるべきでしょう。

通常魔法なのでD-HERO ダイヤモンド・ガイの効果の対象にもなっており

その場合エクストラデッキに融合モンスターを戻さずとも3枚ドロー可能です。

ダイヤモンド・ガイを主軸にするデッキにおいては

効果でドローしてもよく、そのまま引いても問題なく発動可能という

終わりの始まりやデステニードローに続くドローカードとして運用できます。

どちらかと言えばE・HEROよりもD-HEROを強化するカードですが

E・HEROにおいてもその恩恵は大きいものとなるでしょう。

 

 

ちなみに轟雷帝ザボルグあたりでエクストラデッキから直接墓地に落とせば

HERO以外のデッキでもドローソースとして活用可能です。

轟雷帝ザボルグの効果で落とすメリットのあるカードは色々ありますが

大抵のものが墓地に落とした直後に効果を発動するものであり

落としたターン以降でも発動の機会があるカードは中々貴重です。

 

 

新マスタールールによってエクストラデッキからの召喚に制約が入り

HEROにも決して小さくない影響が出ていますが

このカードのように着実に強化するカードが出ているのも確かです。

特にD-HEROは新カードの恩恵が大きく

今後の活躍に非常に注目したい所です。

関連記事

【ヴァレット】:遊戯王テーマ考察  ヴァレルロード・ドラゴンの弾丸として発射され次々と補充されるまさに「弾丸」テーマ

遊戯王VRAINSにおけるテロ組織、ハノイの騎士。 そのリーダー格であるリボルバーの操るテーマ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:マジェスティックP(ペガサス)、マジェスペクター・フォックス

マジェスペクター、早速大会で成績残したみたいですね。 サーチ能力に関しては圧倒的な性能を持つテ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:天地開闢(てんちかいびゃく)

戦士族の新しい墓地肥やし手段!   今回紹介するのはレイジング・テンペストより

記事を読む

雷仙神(かみなりせんじん):遊戯王カード考察  手札からポンと出せる2700打点(ただしライフさえあれば)

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:超戦士カオス・ソルジャー、超戦士の儀式

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:破壊剣-アームズバスターブレード、 破壊剣-ウィザードバスターブレード

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:超重武者ツヅ-3(ミ)

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

No.(ナンバーズ)70 デッドリー・シン:遊戯王カード考察

このカードのおかげで出来る事は結構多いです   今回紹介するのはプレミアムパッ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:王者の調和(キングス・シンクロ)

大型シンクロで奇襲しろ!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムよ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:琰魔竜王(えんまりゅうおう)レッド・デーモン・カラミティ

今回紹介するのはVジャンプ10月号の付録カードであるこのカードです。   &n

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
亡龍の戦慄(ぼうりゅうのせんりつ)-デストルドー  単純にレベル7チューナーとしても便利な上に自己蘇生効果つき

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

サイバネット・バックドア:遊戯王カード考察 サイバース族用強化版亜空間物質転送装置!

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。 &nbs

【オルターガイスト】:遊戯王テーマ考察  罠カードメイン低速メタビート!いやらしく相手を妨害していこう

遊戯王VRAINSにおいて財前晃とちょっと大人な関係を匂わせつつ

拮抗勝負(きっこうしょうぶ):遊戯王カード考察  大量展開にきっついオシオキを

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第7話『ハノイの天使』感想

遊戯王ヴレインズ第7話の感想です。 プレイメーカーとブルーエンジ

→もっと見る

    • 4,386,098 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑