HEROの遺産(ヒーローのいさん):遊戯王カード考察

3枚ドローってお前・・・

 

今回紹介するのはプレミアムパック19よりこのカードです。

 

 

 

HEROの遺産
通常魔法
「HEROの遺産」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:「HERO」モンスターを融合素材とする融合モンスター2体を
自分の墓地からエクストラデッキに戻して発動できる。
自分はデッキから3枚ドローする。

 

 

HERO用の通常魔法です。

フレイムウィングマンなんて既に羽と腕だぞ・・・

イラストではフレイムウィングマンの翼と右腕が映っています。

カード名から判断するとフレイムウィングマンの亡骸なのでしょう。

ヒーローものの王道としてはこの後別の誰かが彼の遺志を受け継ぎ

新たなるフレイムウィングマンとして誕生するのでしょう。

 

 

その効果は1ターンに1度、HEROを融合素材にする融合モンスター2体を

墓地からエクストラデッキに戻す事で3枚ドローするドロー促進効果です。

注意しなければならないのは「HERO融合モンスター」ではなく

「HEROを融合素材にする融合モンスター」を戻す必要がある点です。

その為マスク・チェンジによって特殊召喚するM・HEROや

HEROを融合素材に指定していないE-HERO ダークガイアは

この効果でエクストラデッキに戻す融合モンスターの対象外となります。

その一方でHEROではないDragoon D-ENDや

レインボー・ネオスは融合素材にHEROを要求している為

この効果でエクストラデッキに戻す事が可能です。

 

 

3枚ドローが弱いわけないです

M・HEROこそ対象外ですがその効果は3枚ドローという破格の代物で

エクストラデッキに戻す融合モンスターさえ用意する事が出来れば

融合軸のE・HEROやD-HEROにとって

非常に優秀なドローソースとして活躍してくれます。

特定の融合モンスターを使いまわしたい場合には

エクストラデッキに戻す点もメリットであり貪欲の壺よりも使いやすいです。

むしろM・HEROも対象にしてしまうとあまりに強すぎるので

露骨にM・HEROは除外されたと考えるべきでしょう。

通常魔法なのでD-HERO ダイヤモンド・ガイの効果の対象にもなっており

その場合エクストラデッキに融合モンスターを戻さずとも3枚ドロー可能です。

ダイヤモンド・ガイを主軸にするデッキにおいては

効果でドローしてもよく、そのまま引いても問題なく発動可能という

終わりの始まりやデステニードローに続くドローカードとして運用できます。

どちらかと言えばE・HEROよりもD-HEROを強化するカードですが

E・HEROにおいてもその恩恵は大きいものとなるでしょう。

 

 

ちなみに轟雷帝ザボルグあたりでエクストラデッキから直接墓地に落とせば

HERO以外のデッキでもドローソースとして活用可能です。

轟雷帝ザボルグの効果で落とすメリットのあるカードは色々ありますが

大抵のものが墓地に落とした直後に効果を発動するものであり

落としたターン以降でも発動の機会があるカードは中々貴重です。

 

 

新マスタールールによってエクストラデッキからの召喚に制約が入り

HEROにも決して小さくない影響が出ていますが

このカードのように着実に強化するカードが出ているのも確かです。

特にD-HEROは新カードの恩恵が大きく

今後の活躍に非常に注目したい所です。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:魔界大道具「ニゲ馬車」

三十六計逃げるが勝ちだ!   今回紹介するのはデステニー・ソルジャーズよりこの

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:レッド・デーモンズ・ドラゴン・タイラント

今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:マジェスペクター・スーパーセル

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

トワイライトロード・ジェネラル ジェイン:遊戯王カード考察

効果を発動した後はエクシーズ素材にどうぞ   今回紹介するのはコード・オブ・ザ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:天空の虹彩

マスター・オブ・ペンデュラムより今回はこのカードの紹介です。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ダーク・レクイエム・エクシーズ・ドラゴン

ダークリベリオンの正統進化!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン、カオス・フォーム

今回紹介するのはTHE DARK SIDE OF DIMENSIONS MOVIE PACKよりこの

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:RR(レイド・ラプターズ)-デビル・イーグル、RR-ワイルド・ヴァルチャー

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:魔装邪龍 イーサルウェポン

巷ではクラウンブレードが猛威を振るってる頃でしょうか? 今回紹介するのはクラッシュ・オブ・リベ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:巨神竜(きょしんりゅう)フェルグラント

蘇生して、さらにまた蘇生する   2016年2月9日にストラクチャーデッキR-

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
PAGE TOP ↑