ONi(オニ)サンダー:遊戯王カード考察

雷族待望の万能サーチ!

 

今回紹介するのはプレミアムパック19よりこのカードです。

 

 

 

ONiサンダー
効果モンスター
星4/光属性/雷族/攻 900/守 400
①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「ONiサンダー」以外の
雷族・光属性・レベル4モンスター1体を手札に加える。

 

 

他の家族より遅れて登場したサンダー一家の1人です。

攻撃力守備力はONeサンダーと一緒になっています。

漫画版ZEXALにおいてサンダー・スパークが九十九遊馬戦で使用したカードであり

ONeサンダー、OToサンダー、OKaサンダー、OToNaRiサンダーと共に

No.91 サンダー・スパーク・ドラゴンのエクシーズ素材となりました。

 

スパークを纏った拳を上に掲げて元気いっぱいの様子です。

見かたによってはチアリーディングをしているようにも見えますね。

個人的にはONeサンダーよりもさらに年下の印象であり

どちらかと言えばOToToサンダーといった外見です。

 

 

その効果は召喚に成功した時に

自身と同名カード以外のレベル4光属性の雷族を

デッキから手札に加えるというサーチ効果の1つです。

光属性と限定していますが光属性でないレベル4雷族は少なく

雷族デッキにとってこの効果でサーチできなくて困るレベル4雷族は

せいぜいヴェルズ・サンダーバードぐらいでしょう。

雷族にとってはほぼ万能といっていいサーチ効果です。

 

 

同じく雷族のサーチ効果を持つカードにサンダー・シーホースがありますが

あちらと違い召喚が必要であり1枚しかサーチできないのに対し

召喚できる雷族に制限がなくサンダー・シーホースではサーチできなかった

ライオウや電光-雪花-と言った強力なカードをサーチできるのが大きな特徴です。

OToサンダーやOKaサンダーの効果で一緒に展開し

サーチ効果を発動しつつランク4のエクシーズ召喚を狙う事が可能です。

またサンダー・シーホースの効果でこのカードをサーチしつつ

このカードを召喚してライオウや電光-雪花-をサーチする事も出来る為

1ターンの遅れこそありますが上記2枚を用意する準備が非常にしやすくなります。

 

 

そもそもカードの種類が少ない雷族にとって非常にありがたいカードです。

一族の結束を採用した【雷族】デッキを組んだことがありますが

ライオウや電光-雪花-あたりを維持できれば中々いい感じにメタを張れます。

二重召喚などで召喚権の問題を解消できれば

結構優秀なメタビートを組めるでしょう。

あと欲しいのは汎用のランク4雷族エクシーズですね!

関連記事

遊戯王アークファイブ第129話『覇王の片鱗』感想

遊戯王ARC-V129話の感想です。 零王の精霊機巧軍に立ち向かう遊矢と零児。 そしてレ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:スターダスト・チャージ・ウォリアー

今回紹介するのはプレミアムパック18よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:イルミラージュ

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RUM-光波昇華(ランクアップマジック サイファー・アセンション)

超銀河眼の光波龍を出す為のほぼ必須カード!   今回紹介するのはレイジング・テ

記事を読む

遊戯王カード考察:EM(エンタメイト)ガトリングール

凶悪なバーン効果で相手をハチの巣だぁ!   今回紹介するのはマキシマム・クライ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:D-HERO(デステニーヒーロー) ディストピアガイ

デステニーヒーローの新たなる看板モンスター   今回紹介するのはデステニー・ソ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:古代の歯車機械(アンティーク・ギアガジェット)

機械複製術と相性抜群!   今回紹介するのはストラクチャーデッキR-機械竜叛乱

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ゴヨウ・ディフェンダー

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:バージェストマ

カンブリア期(訳5億3千万年前)に存在していたといわれるバージェス動物群、 それをモチーフにし

記事を読む

遊戯王OCG、2015年10月の制限改定判明!コナミさん何か忘れてません?

とうとう2015年10月のリミットレギュレーションが判明しました。 7月の時は思いっきりサボっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 4,393,701 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑