暗黒界の洗脳(あんこくかいのせんのう):遊戯王カード考察

ライコウ「何このマント・・・」

 

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。

 

 

 

暗黒界の洗脳
永続罠
①:自分の手札が3枚以上存在し、相手モンスターの効果が発動した時、
フィールドの「暗黒界」モンスター1体を対象としてこの効果を発動できる。
対象のモンスターを持ち主の手札に戻し、
その相手の効果は「相手の手札をランダムに1枚選んで捨てる」となる。

 

 

暗黒界サポートとなる永続罠です。

ソフトバンクのお父さんライトロード・ハンター・ライコウと

暗黒界の龍神 グラファが向かい合って立っています。

カード名からするとグラファがライコウを洗脳している所なのでしょう。

ライコウは暗黒の瘴気のイラストにも描かれており

何かと暗黒界に気に入られている様子です。

マントを着て二足で立つライコウの表情がなんとも哀愁漂います

操られているというかむしろうんざりしているように見えます。

 

 

その効果は

・自分の手札が3枚以上存在する

・フィールドに暗黒界モンスターが存在する

・相手がモンスター効果を発動する

以上の条件を満たした時に発動可能となり

自分の場の暗黒界モンスター1体を手札に戻しその時発動した相手モンスターの効果を

「相手の手札をランダムに1枚選んで捨てる」に我が書き換えたのだするというものです。

この相手の効果をハンデス効果に無理やり変更する効果は闇の取引にも存在しており

相手の効果扱いなので暗黒界のモンスターが持つ「相手の効果によって捨てられた場合」

という発動条件をこの効果によって満たす事が可能となっています。

この発動条件を持つ効果は強力な効果を持っているものが多く

首尾よくそれらのカードを捨てさせることが出来れば多大なアドバンテージが得られます。

 

 

上手く決まれば非常に強力なカードですが

「自分の手札が3枚以上」という発動条件が中々に厄介です。

実際に発動を狙うには手札3枚に加えフィールドに暗黒界モンスター1体と

暗黒界の洗脳自身の合計5枚のカードが要求されます。

それに加えて手札3枚以上の状態でランダムに捨てさせる事になる為、

狙ったカードを捨てさせられるという事も出来ません。

手札が全て暗黒界モンスターの時に発動できる事が理想ですが

手札3枚以上を確保しつつその条件を満たすのはさらに難題になってくるでしょう。

このカードの性能を十分に引き出すには暗黒界モンスターを多く採用した上で

どれだけ手札を補充できるかが大きな課題となってきます。

少しでも発動条件を満たしやすくする為に

強欲で貪欲な壺などのドローソースは積極的に採用した方がいいでしょう。

 

 

このように扱いが難しいカードですが強力なカードである事も間違いありません。

そもそも相手モンスター効果を実質無効化できるだけでも強力であり

このカードが発動できるのであれば相手の動きを大きく制限可能です。

それに加えて発動回数に制限がありません。

3枚の手札と手札に戻すフィールドの暗黒界があれば

1ターンに何度でも相手モンスターの効果を書き換える事が可能です。

多少無理をしてでも発動を狙っていく価値は十分にあるでしょう。

 

 

それにしてもここに来て暗黒界の新カードが来るとは思いませんでした

暗黒界また随分と息の長いテーマですね。

こういう昔のテーマも忘れない姿勢は自分好きです。

関連記事

遊戯王カード考察:宝玉の絆 ド直球に強いカード

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:王者の調和(キングス・シンクロ)

大型シンクロで奇襲しろ!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムよ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:マシュマカロン

何度でも、何度でも、な・ん・ど・で・も!   今回紹介するのはTHE DARK

記事を読む

天火の牢獄(てんぴのろうごく):遊戯王カード考察  VRAINSのカードでは珍しく大分改変されてます

10月14日にEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)が発売されます。 今回紹介

記事を読む

剛鬼(ごうき)ヘッドバット:遊戯王カード考察

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG,2016年1月の制限改定を個人的に予想してみる

とうとう今年もあと1ヶ月となりました。 来年の1月には新しいリミットレギュレーションが出ます。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:スターダスト・チャージ・ウォリアー

今回紹介するのはプレミアムパック18よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第127話『リバイバル・ゼロ』感想

遊戯王ARC-V127話の感想です。 赤馬零王の元いた世界ではズァークがモンスターと1つになり

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:古代遺跡の目覚め(トラミッド・パルス)

トラミッドだけでなく岩石族もサポート!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュ

記事を読む

遊戯王カード考察:ヤジロベーダー さあなんか新用語が出て来ましたよ

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    このカードは相手フィールドにのみ自分の暗黒界モンスター(EX セルリ)がいても発動できてそいつを手札に戻すこともできますよね?
    なので自分フィールド上の暗黒界モンスターというのは語弊があると思います。

  2. 匿名 より:

    スターターデッキに再録された直後洗脳されるワンコロ……。

    暗黒界には手札から捨てられたら自己蘇生するモンスターも多いからうまく当たれば無限にモンスター効果止められるね。

  3. 匿名 より:

    このカード見て真っ先にジャックポット7を思い付いた俺は病気だと思った。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:ヴァンパイア・スカージレット 使いやすい蘇生効果を持つ優等生吸血鬼

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカード

遊戯王カード考察:ヴァンパイアの支配 ライフ払うどころか逆に回復できる万能カウンター罠

本日いよいよデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズの発売です。

遊戯王カード考察:ヴァンパイア・グリムゾン せっかくだから俺はこの赤の破壊耐性付与を選ぶぜ

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカード

遊戯王カード考察:ヴァンパイア・フロイライン 手札からポンと出てきて3000攻撃力ポンとくれたぜ(ライフコストいるけど)

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第40話『勝利への渇望』感想

遊戯王ヴレインズ40話の感想です。 前回のあらすじ:ミラ

→もっと見る

    • 5,074,545 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑