サイバネット・ユニバース:遊戯王カード考察

墓地の再利用と妨害を兼ねるフィールド魔法!

 

今回紹介するのはスターターデッキ2017よりこのカードです。

 

 

 

サイバネット・ユニバース
フィールド魔法
①:自分フィールドのリンクモンスターの攻撃力は300アップする。
②:1ターンに1度、
自分または相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
のモンスターを持ち主のデッキに戻す。
③:フィールドのこのカードが効果で破壊された場合に発動する。
EXモンスターゾーンのモンスターを全て墓地へ送る。

 

 

リンクモンスターのサポートとなるフィールド魔法です。

電脳世界を表現しているのか青白いヘクス無数にあり

そこから光が各所に点在しています。

恐らくこの光がリンクを表しているのでしょう。

遊戯王ヴレインズの世界観を表しているイラストである可能性もあります。

ユニバースとは世界や宇宙、万物を意味する言葉であり

訳するなら「電子ネットワークの広大な宇宙」と言った所でしょう。

 

 

①の効果は自分の場のリンクモンスターの攻撃力を300上げる永続効果です。

300という数字は最近のフィールド魔法でよく見かける上昇値であり

地味ながらも確かな意味を持つ攻撃力上昇効果です。

 

 

②の効果は1ターンに1度、

墓地に存在する自分か相手のモンスター1体をデッキに戻すというものです。

墓地メタの1つとして機能し毎ターンコンスタントに墓地利用を妨害可能です。

また自分の墓地のモンスターをデッキに戻して再利用したい時にも重宝します。

同じく墓地のカードを戻せる貪欲な壺や貪欲な瓶、ダイガスタ・エメラル等と違い

特定のカード1枚をピンポイントでデッキに戻せるのがポイントであり

墓地があまり肥えていない状況であっても積極的に利用が可能です。

 

 

③の効果はフィールドでこのカードが効果破壊された場合に

EXモンスターゾーンのモンスターを全て墓地へ送る強制効果です。

全てと言ってもEXモンスターゾーンには各プレイヤー1つずつしか置けないので

自分のカード含めても最大でも2枚までしか除去が出来ません。

この効果を活用するにはサイクロンなどの魔法罠除去で破壊する必要があり

EXモンスターゾーンのモンスター相手に対するピンポイントな除去となりますが

対象に取らない墓地送りとして耐性持ちのモンスターに対して機能する除去となります。

サイクロンと組み合わせる事で実質的なフリーチェーン除去になるのもポイントです。

また相手のモンスターの除去だけでなく自分のモンスターを除去して

EXモンスターゾーンに空きを作る目的としても活用が出来るでしょう。

 

 

②の効果だけでも十分すぎるほどに実用的です

墓地利用の妨害とデッキに戻して再利用を兼ねるカードとして非常に使いやすく

状況に応じて使い分ける事でコンスタントに活用していけるでしょう。

使いまわしたいカードがあるのならば3枚積みしても腐る可能性は低く

リンクモンスターを活用しない場合でも採用して損はないカードとなっています。

テラフォーミングでサーチ可能な点も見逃せません。

 

 

ただし③の効果を相手に逆に利用される可能性は常に考慮する必要があります。

破壊する事でEXモンスターゾーンのカードを除去できるのは相手も同じであり

サイクロンなどの魔法罠があればそれが可能となる為、

相手に利用されてしまう状況というのは思った以上に多くなると思われます。

相手の魔法罠除去には常に警戒する必要があるでしょう。

 

 

しかしそれを踏まえても優秀なカードである事は確かです。

デコード・トーカーもそうなのですが今回のスターターデッキには

相手にも恩恵があるカードがいくつか存在します。

リンクモンスターの性質上今後もこういったカードが増える可能性が高く

相手との駆け引きはより重要となってくるでしょう。

個人的にはそれでこそカードゲームという感じがして好きですが。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:不知火流 輪廻の陣(しらぬいりゅう りんねのじん)

不知火に貴重なドローソースが!   今回紹介するのはレイジング・テンペストより

記事を読む

捕食植物(プレデター・プランツ)コーディセップス:遊戯王カード考察

制約は重い、だがしかし・・・   今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:PSY(サイ)フレーム・オーバーロード

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:復活の福音

蘇生できるだけでも強いのに・・・   今回紹介するのはストラクチャーデッキR-

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:慧眼の魔術師

Vジャンプ6号の付録としてつく新カード、慧眼の魔術師の考察をしていきたいと思います。 &nbs

記事を読む

遊戯王OCG:2017年10月の制限改定を個人的に予想してみる

9月になりました。涼しくなってきたという声もあるようですが ぶっちゃけここら辺はまだまだめっち

記事を読む

デスペラード・リボルバー・ドラゴン:遊戯王カード考察 コイントスを最大限に意識してます

11月11日に遊戯王シリーズの歴代デュエリスト達のリメイククカードを収録した 「デュエリストパ

記事を読む

【トリックスター】:遊戯王テーマ考察  遊戯王VRAINSのヒロインが使うテーマは相当エグいぞこれ・・・

今年春から始まる新作アニメ、遊戯王VRAINS(ヴレインズ) 主人公の藤木遊作がサイバース族の

記事を読む

遊戯王カード考察:超重武者ダイ-8(ちょうじゅうむしゃ ダイハチ)

旦那ぁ!超重武者装留お届けに参りました!   今回紹介するのはディメンション・

記事を読む

ビットルーパー:遊戯王カード考察 上位互換いるけど差別化は割とできる方

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    リンク先のモンスターも墓地へ送れるのか(リンク先の扱いが「エクストラモンスターも出せるだけのただのメインモンスターゾーン」なのか「エクストラモンスターゾーンとしても扱うメインモンスターゾーン」なのか)によって評価がガラリと変わるカードだと思う。

  2. 匿名 より:

    これは二枚入れて、パックに出るキャッスルリンクも二枚で安定かな?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
輪廻のパーシアス:遊戯王カード考察 カウンター罠多めに採用すれば他のデッキにも

ストラクチャーデッキR-神光の波動-の発売にも近づいてまいりました。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第19話『闇に葬られし事件』感想

遊戯王VRAINS19話の感想です。 リバースモンスターを駆使す

SW2.0:エイジ・オブ・グリモワール登場 新種族「ノーブルエルフ」「マナフレア」に新技能「グリモワール」「アーティサン」「アリストクラシー」

2017年9月20日、ソードワールド2.0の新しいサプリメント、

銃砲撃(ガン・キャノン・ショット):遊戯王カード考察 実にキースらしいイカサマカード

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

究極変異態・インセクト女王(クィーン):遊戯王カード考察 ちゃんとトークン守備表示で出せます

こちらはなんとか台風が通過しました。 でもまた少し暑くなってきま

→もっと見る

    • 4,629,071 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑