サイバネット・ユニバース:遊戯王カード考察

墓地の再利用と妨害を兼ねるフィールド魔法!

 

今回紹介するのはスターターデッキ2017よりこのカードです。

 

 

 

サイバネット・ユニバース
フィールド魔法
①:自分フィールドのリンクモンスターの攻撃力は300アップする。
②:1ターンに1度、
自分または相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
のモンスターを持ち主のデッキに戻す。
③:フィールドのこのカードが効果で破壊された場合に発動する。
EXモンスターゾーンのモンスターを全て墓地へ送る。

 

 

リンクモンスターのサポートとなるフィールド魔法です。

電脳世界を表現しているのか青白いヘクス無数にあり

そこから光が各所に点在しています。

恐らくこの光がリンクを表しているのでしょう。

遊戯王ヴレインズの世界観を表しているイラストである可能性もあります。

ユニバースとは世界や宇宙、万物を意味する言葉であり

訳するなら「電子ネットワークの広大な宇宙」と言った所でしょう。

 

 

①の効果は自分の場のリンクモンスターの攻撃力を300上げる永続効果です。

300という数字は最近のフィールド魔法でよく見かける上昇値であり

地味ながらも確かな意味を持つ攻撃力上昇効果です。

 

 

②の効果は1ターンに1度、

墓地に存在する自分か相手のモンスター1体をデッキに戻すというものです。

墓地メタの1つとして機能し毎ターンコンスタントに墓地利用を妨害可能です。

また自分の墓地のモンスターをデッキに戻して再利用したい時にも重宝します。

同じく墓地のカードを戻せる貪欲な壺や貪欲な瓶、ダイガスタ・エメラル等と違い

特定のカード1枚をピンポイントでデッキに戻せるのがポイントであり

墓地があまり肥えていない状況であっても積極的に利用が可能です。

 

 

③の効果はフィールドでこのカードが効果破壊された場合に

EXモンスターゾーンのモンスターを全て墓地へ送る強制効果です。

全てと言ってもEXモンスターゾーンには各プレイヤー1つずつしか置けないので

自分のカード含めても最大でも2枚までしか除去が出来ません。

この効果を活用するにはサイクロンなどの魔法罠除去で破壊する必要があり

EXモンスターゾーンのモンスター相手に対するピンポイントな除去となりますが

対象に取らない墓地送りとして耐性持ちのモンスターに対して機能する除去となります。

サイクロンと組み合わせる事で実質的なフリーチェーン除去になるのもポイントです。

また相手のモンスターの除去だけでなく自分のモンスターを除去して

EXモンスターゾーンに空きを作る目的としても活用が出来るでしょう。

 

 

②の効果だけでも十分すぎるほどに実用的です

墓地利用の妨害とデッキに戻して再利用を兼ねるカードとして非常に使いやすく

状況に応じて使い分ける事でコンスタントに活用していけるでしょう。

使いまわしたいカードがあるのならば3枚積みしても腐る可能性は低く

リンクモンスターを活用しない場合でも採用して損はないカードとなっています。

テラフォーミングでサーチ可能な点も見逃せません。

 

 

ただし③の効果を相手に逆に利用される可能性は常に考慮する必要があります。

破壊する事でEXモンスターゾーンのカードを除去できるのは相手も同じであり

サイクロンなどの魔法罠があればそれが可能となる為、

相手に利用されてしまう状況というのは思った以上に多くなると思われます。

相手の魔法罠除去には常に警戒する必要があるでしょう。

 

 

しかしそれを踏まえても優秀なカードである事は確かです。

デコード・トーカーもそうなのですが今回のスターターデッキには

相手にも恩恵があるカードがいくつか存在します。

リンクモンスターの性質上今後もこういったカードが増える可能性が高く

相手との駆け引きはより重要となってくるでしょう。

個人的にはそれでこそカードゲームという感じがして好きですが。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:水晶機巧(クリストロン)-グリオンガンド

チューナーが大量に出せるデッキにどうぞ   今回紹介するのはレイジング・テンペ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:花札衛-五光-(カーディアン ごこう)

カーディアンの切り札、ついに登場!   今回紹介するのはレイジング・テンペスト

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:バージェストマ

カンブリア期(訳5億3千万年前)に存在していたといわれるバージェス動物群、 それをモチーフにし

記事を読む

トワイライトロード・シャーマン ルミナス:遊戯王カード考察  ライトロードに新しい展開手段が増えました

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:百万喰らい(よろずぐらい)のグラットン

追撃のダ・イーザでダメージはさらに加速した   今回紹介するのはレイジング・テ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:青き眼の賢士(けんし)、青き眼の護人(もりと)

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第102話『非情の狩人』感想

遊戯王ARC-V102話の感想です。 沢渡と権現坂を倒したカイトは怒りの矛先を次は遊矢に向けて

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)インコーラス

地味に嬉しいペンデュラム効果!   今週のアークファイブはまだ放送する不確定み

記事を読む

魂喰い(たまぐい)オヴィラプター:遊戯王カード考察

サーチも墓地肥やしもどっちもできる!   今回紹介するのはストラクチャーデッキ

記事を読む

真竜(しんりゅう)「アドバンス召喚軸」:遊戯王テーマ考察

竜剣士ラスターPと竜魔王レクターPの対決は2人が合体し 真竜剣士マスターPになるスペリオルドラ

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    リンク先のモンスターも墓地へ送れるのか(リンク先の扱いが「エクストラモンスターも出せるだけのただのメインモンスターゾーン」なのか「エクストラモンスターゾーンとしても扱うメインモンスターゾーン」なのか)によって評価がガラリと変わるカードだと思う。

  2. 匿名 より:

    これは二枚入れて、パックに出るキャッスルリンクも二枚で安定かな?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
トリックスター・ブラッディマリー:遊戯王カード考察  Sっぽいけど癒し系、でもその実ハンデスの布石となるえげつない子

Vジャンプ9月号の応募者全員サービスにおいて 遊戯王VRAINS

東方鈴奈庵第53(最終話)話『八雲紫の安寧(後編)』感想

東方鈴奈庵53話の感想です。 はい、最終話です。何の予告もなく突

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第11話『轟く弾倉 ヴァレルロード』感想

遊戯王ヴレインズ第11話の感想です。 ついにはじまったプレイメー

ソードワールド2.0の神々の何かちょっとおかしい紹介:戦勝神ユリスカロア

ものすごく久しぶりですがソードワールド2.0に関する記事です。

ゲートウェイ・ドラゴン:遊戯王カード考察 シンプルながらも重宝する展開要員

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,476,075 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑