DDD疾風大王(しっぷうだいおう) エグゼクティブ・アレクサンダー:遊戯王カード考察

公開日: : 最終更新日:2017/04/30 カード考察, 遊戯王, 遊戯王OCG ,

アタッカーとしても展開要因としても活用できる!

 

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。

 

 

 

DDD疾風大王 エグゼクティブ・アレクサンダー
シンクロ・効果モンスター
星10/風属性/悪魔族/攻3000/守2500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドに「DDD」モンスターが3体以上存在する場合、
このカードの攻撃力は3000アップする。
②:このカードがモンスターゾーンに存在し、
自分フィールドにこのカード以外の「DD」モンスターが召喚・特殊召喚された場合、
自分の墓地の「DD」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 

 

ブラック企業「ディファレント・ディメンション社」シンクロ課の重役です。

DDのシンクロとしては3体目となります。

アークファイブにおいて赤馬零児がズァーク戦で使用したカードであり

エグゼクティブ・テムジン、エグゼクティブ・シーザーと共に3体並び

その効果で展開をサポートしつつ自身の攻撃力を6000まで上昇、

覇王龍ズァークに攻撃して破壊こそできなかったものの大きなダメージを与えました。

アニメと比較すると攻撃力の上昇条件が少し厳しくなっている代わりに

墓地蘇生効果のレベル制限がなくなっています。

 

通常のアレクサンダーに比べて鎧が豪華になっており

また剣も波打つように枝分かれした独特の形状へと変化しています。

エグゼクティブとは企業の上級管理職や重役などを意味する言葉であり

まさにアレクサンダーが「昇進」した姿だと言えるでしょう。

 

 

レベル10のシンクロモンスターでありシンクロ素材には特に制約がありません。

DDで使う事が前提となっている効果ですが

DD以外のモンスターをデッキに混ぜる場合でもシンクロ召喚が狙いやすいでしょう。

 

 

①の効果はフィールドにこのカードを含めてDDDが3体以上いる場合に

自身の攻撃力が3000上昇する永続効果です。

元々の攻撃力と合わせて6000にまで到達し

ほとんどのモンスター相手に戦闘で勝つ事が可能となります。

アニメと違いDDではダメなのが厄介な所で

実際に展開を狙う場合新マスタールールの特殊召喚制限が問題となってきます。

DDD壊薙王アビス・ラグナロクやDDD反骨王レオニダスなど

メインデッキに入るDDDを活用していくといいでしょう。

 

 

②の効果は1ターンに1度、このカードがモンスターゾーンに存在する状態で

他のDDが召喚、特殊召喚された場合に

墓地からDD1体を蘇生するというものです。

昇進前となる疾風王アレクサンダーの効果から

レベル4以下というレベル制限が撤回され大型のDDも蘇生できるようになっています。

昇進して立場が上がった事でこき使える部下が増えたとも解釈できますね

特にDDDを蘇生できれば①の効果にも繋げやすくなるので

積極的にDDDの蘇生を狙っていくといいでしょう。

蘇生であればメインモンスターゾーンに置ける点もポイントです。

 

 

昇進前と比較するとやはり①の効果が乗った時の攻撃力の高さと

蘇生できるDDDに制限がなくなったのが大きな強化点となってきます。

昇進前は蘇生したモンスターを素材にエクストラデッキから

さらなる特殊召喚を狙っていくのが基本でしたが

こちらは大型モンスターを蘇生させてそのまま活用しやすくなっているため

より新マスタールールと相性のいいカードだと言えるでしょう。

DDはエクストラデッキからの特殊召喚が連続で狙いやすく

それ故に新マスタールールにおけるエクストラデッキの制約がかなり響いてきます。

特にアニメのようなエグゼクティブ・シーザーとエグゼクティブ・テムジンと共に

3体一緒に並べるのが難しくなったのはかなりの痛手と言えます。

しかし新カードが登場して着実に強化されているのも事実である為

是非とも新しいルールに合わせたデッキ構築を考えていきたい所です。

関連記事

遊戯王OCGテーマ考察:電子光虫(デジタル・バグ)

以前電子光虫-ライノセバスの記事を書いた時 「電子光虫というテーマが出てくるんじゃないか?」と

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:アロマセラフィ-アンゼリカ

回復にもシンクロ召喚にも!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノム

記事を読む

EM(エンタメイト)ユーゴーレム:遊戯王カード考察

トランプガールのライバル登場!   今回紹介するのはマキシマム・クライシスより

記事を読む

遊戯王OCG、2017年1月の制限改定判明!正月になじみあるカードが正月に規制!エラッタされて禁止解除されたカードも多数!

2017年1月のリミットレギュレーションが判明しました。 最近結構環境があれてましたが今回どの

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:魔装戦士 ドラゴディウス

今回紹介するのはクラッシュ・オブ・リベリオンよりこのカードです。   魔装戦士

記事を読む

遊戯王アークファイブ第92話『悲運の再会』感想

遊戯王ARC-V92話の感想です。 もうタイトルからして不穏な気配しかしませんね。 つい

記事を読む

真紅眼の黒刃竜(レッドアイズ・スラッシュドラゴン):遊戯王カード考察  墓地へ送られて発動する戦士族が大活躍するレッドアイズの新たな可能性

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

砂塵の大嵐(さじんのおおあらし):遊戯王カード考察  特にアーティファクトと高相性!つまり相手ターンに使えという事です

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

サイバー・ダーク・カノン:遊戯王カード考察  こいつを装備させれば2400打点の墓地肥やしドロー効果持ちが誕生!

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

闇の進軍:遊戯王カード考察  ライトロードに墓地回収カード登場、除外効果を活かせるかがカギを握る

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
【オルターガイスト】:遊戯王テーマ考察  罠カードメイン低速メタビート!いやらしく相手を妨害していこう

遊戯王VRAINSにおいて財前晃とちょっと大人な関係を匂わせつつ

拮抗勝負(きっこうしょうぶ):遊戯王カード考察  大量展開にきっついオシオキを

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第7話『ハノイの天使』感想

遊戯王ヴレインズ第7話の感想です。 プレイメーカーとブルーエンジ

ダックドロッパー:遊戯王カード考察  相手にダイレクトアタックを強要しつつ自分は高い耐性で身を隠す!

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

トライゲート・ウィザード:遊戯王カード考察 相互リンク2体でも十分強いけどやっぱり3体狙ってみたいよね

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。 &nbs

→もっと見る

    • 4,382,124 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑