ペンデュラム・フュージョン:遊戯王カード考察

公開日: : 最終更新日:2017/03/04 カード考察, 遊戯王, 遊戯王OCG

融合召喚の新しい可能性!

 

今回紹介するのはPREMIUM PACK 19よりこのカードです。

 

 

 

ペンデュラム・フュージョン
通常魔法
「ペンデュラム・フュージョン」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:融合モンスターカードによって決められた
融合素材モンスターを自分フィールドから墓地へ送り、
その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
自分のPゾーンにカードが2枚存在する場合、
自分のPゾーンに存在する融合素材モンスターも融合素材に使用できる。

 

 

その名の通りペンデュラム用の融合魔法の1つです。

漫画版アークファイブにおいてユーリが紫雲院素良戦で使用したカードであり

その効果でペンデュラムゾーンのEMバラードとEMバラクーダを素材にして

捕食植物キメラフレシアを融合召喚し柚子を大いに嘆かせました。

漫画ではペンデュラムゾーンのカードしか融合素材にできませんでしたが

OCG化にあたりモンスターゾーンのカードも素材にできるようになっています。

 

ペンデュラムカード2枚が渦を巻くように混ぜ合わされる

融合カードお馴染みの描写となっています。

アークファイブでお馴染みの光のアークが描かれているのに加え

ペンデュラムカードの黄色の他に赤と青の光も一緒に渦巻いており

中々カラフルなイラストに仕上がっています。

 

 

その効果は1ターンに1度、自分の場から融合素材モンスターを墓地に送り、

融合モンスターをエクストラデッキから融合召喚するというもので

加えて自分のペンデュラムゾーンに両方ともペンデュラムカードがセットされていれば

そのペンデュラムゾーンのカードも融合素材として使用できるというものです。

通常の融合と違い手札のモンスターを融合素材できない点には注意してください。

また両方ともペンデュラムカードがセットされている必要があるのはあくまで条件であり

融合素材にするのはどちらか片方だけでも構いません。

 

 

必然的にこのカードを活かすのであれば

ペンデュラムゾーンのカードを融合素材として利用する事になります。

そのまま手札から融合素材にする場合と違いエクストラデッキに送れる為、

後にペンデュラム召喚を狙う場合のエクストラデッキを肥やす役割も兼ねられます。

それに加えて融合素材にする前にペンデュラム効果を発動する事も可能であり

またフィールドから融合する扱いになるので

スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴンの融合召喚も可能です。

 

 

個人的に思い浮かんだ例としては以下のような使い方です。

月光虎のペンデュラム効果で墓地のムーンライトを蘇生した後に
その2体でムーンライト融合モンスターの融合召喚を狙う

 

クリフォート・ツールのペンデュラム効果でクリフォートをサーチした後に
そのクリフォートツールを素材に始祖竜ワイアームの融合召喚を狙う

追記:ムリでした、ごめんなさい

 

覇王眷竜ダークヴルムのペンデュラム効果でもう片方にペンデュラムを設置、
その2枚でスターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴンの融合召喚を狙う

上記のようにペンデュラム効果を上手く組み合わせる事で

手札の損失を抑えつつ融合召喚を狙っていく事が可能です。

他にもペンデュラム効果を有効利用できるカードは多数存在する為、

融合素材にできそうなカードであればチェックしておくのがいいでしょう。

このカードだからこそ出来る芸当というのがちゃんとある1枚であり

融合召喚の新しい選択肢となってくれる存在です。

新マスタールールではペンデュラム召喚そのものがかなりの向かい風ですが

上手くリンク召喚も取り入れて頑張っていきたい所です。

関連記事

遊戯王カード考察:煉獄の狂宴(れんごくのきょうえん)

召喚条件無視で3体もとかちょっとやりすぎじゃ・・・   今回紹介するのはレイジ

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:電子光虫(デジタル・バグ)

以前電子光虫-ライノセバスの記事を書いた時 「電子光虫というテーマが出てくるんじゃないか?」と

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:冥帝従騎(めいていじゅうき)エイドス

今回紹介するのは真帝王降臨よりこのカードです。     冥帝従

記事を読む

遊戯王アークファイブ第100話『絶望の都ハートランド』感想

遊戯王ARC-V100話の感想です。 1時間スペシャルという事で100話も連続放送です。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ゴールド・ファング

脳筋型エンタメイトの新しいお供   今回紹介するのは8月1日に発売された

記事を読む

エクストラリンク等リンク召喚の細かな仕様が判明、新マスタールールに向けて改めてリンク召喚について知ろう

新マスタールールが実装される3月25日も近づいてまいりました。 それに伴いリンク召喚に関して不

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:幻影騎士団(ファントム・ナイツ)ダーク・ガントレット

シャドーベイルより発動条件は厳しい、だが・・・   今回紹介するのは久しぶりに

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:幻影騎士団(ファントム・ナイツ)シェード・ブリガンダイン、幻影騎士団トゥーム・シールド

今回紹介するのはプレミアムパック18よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第108話『アマゾネス・トラップ』感想

遊戯王ARC-V108話の感想です。 タイラー姉妹に敗北してしまったアレンとサヤカ、 そ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:天帝アイテール

結構前から出ていた情報ですが9月19日に新しいストラクチャーデッキである 「ストラクチャーデッ

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    ツールはクリフォート以外の全ての特殊召喚に制限かかるからワイアームは……。

  2. 匿名 より:

    クリフォートはペンデュラム効果で特殊召喚に制限があるため、ペンデュラムゾーンのカードを素材に融合できないと思います。

  3. SCS より:

    クリフォートは自身の召喚制限でワイアームを出せないと思うのですが

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
PAGE TOP ↑