メガロスマッシャーX(エックス):遊戯王カード考察

様々なエクシーズ召喚先がある下級2000打点バニラ!

 

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-恐獣の鼓動-よりこのカードです。

 

 

 

メガロスマッシャーX
通常モンスター
星4/水属性/恐竜族/攻2000/守   0
太古の大海原に突如として現れた恐竜型バイオノイド。
自慢の消音装甲で獲物の背後に忍び寄り、音もなく喰らいつくが、
捕食モードになると体が発光する仕様なのでよく逃げられてしまう。

 

 

恐獣の鼓動で新しく追加される水属性恐竜族のレベル4通常モンスターです。

各所が青白く発光する首長竜型のマシンといった姿をしています。

まさに口を開けて捕食せんとばかりの獰猛感あふれるイラストですが

フレーバーテキストから考えるとたぶん逃げられるんでしょう

消音性能を追求しているにも関わらず体が発光する残念仕様ですが

きっと「その方が恰好いいから」とかそんな理由でつけられたんでしょう。

名前から判断してモチーフになっているのはプレデターXことプリオサウルス、

そしてメガロドン(和名:ムカシオオホホジロザメ)だと思われます。

 

プリオサウルスはジュラ紀の海洋生態系で頂点に君臨していたと言われる首長竜で

その全長は10メートルから13メートルあると言われています。

プリオサウルスと命名されたのは2013年とかなり最近の事であり

それまではプレデターXと呼ばれていました。

メガロドンは古代に生息していた巨大なサメであり

こちらも13メートルほどの大きさがあったと言われています。

ちなみにプリオサウルスもメガロドンも厳密には恐竜ではありません。

 

 

ジェネティック・ワーウルフ、アレキサンドライドラゴン、

幻殻竜、幻のグリフォンに続く5体目の攻撃力2000のレベル4バニラです。

地、光、闇、風と来て今度は水属性でありあと1体炎属性が来れば

6属性で攻撃力2000のレベル4通常モンスターが揃う事になります。

水属性なのでNo.37 希望織竜スパイダー・シャークやバハムート・シャークなど

素材に水属性レベル4を要求するエクシーズ召喚を狙う際に重宝してくれます。

恐竜族なのでエヴォルカイザー・ラギアやドルカのエクシーズ召喚にも利用できたりと

レスキューラビットから狙えるエクシーズ召喚の選択肢はかなり豊富です。

 

 

同じくレベル4の水属性恐竜族として大くしゃみのカバザウルスがいますが

あちらよりも攻撃力が300高い為よりアタッカーとして運用しやすくなっています。

守備力が0であるのもポイントで幻殻竜や幻のグリフォンと一緒に

おもちゃ箱を利用するデッキに採用するのも面白いでしょう。

 

 

またロストワールドの発動中であれば実質2500打点として機能してくれます。

レスキューラビットから2体特殊召喚した場合その2体を戦闘要員として利用した上で

ランク4のエクシーズ召喚に繋げる事が可能です。

特殊召喚した場合にジュラエッグトークンも相手の場に出せるので

ロストワールドの④の効果に繋げることもできます。

おもちゃ箱の効果で相手ターンに特殊召喚が狙えることも合わせて

ロストワールドとの相性はかなり良好です。

 

 

恐竜族の下級モンスターはセイバーザウルスの1900が長らく最高攻撃力ですが

ついにそのセイバーザウルスを最高から引きずり下ろすカードが登場しました。

前述のように戦闘要員としても十分活用できるポテンシャルを持ったカードであり

恐竜族だけでなく通常モンスターとしても注目したい1枚です。

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:EM(エンタメイト)ドクロバット・ジョーカー

今回紹介するのはマスター・オブ・ペンデュラムよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:巨竜の聖騎士(パラディン・オブ・フェルグラント)

フェルグラントドラゴン救済カード!   今回紹介するのはストラクチャーデッキR

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:イグナイト・ユナイト

アヴェンジャーやスティンガーが一気に使いやすく!   今回紹介するのはインベイ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:捕食植物(プレデター・プランツ)キメラフレシア

これで捕食植物も融合デッキだ!   2016年の11月12日に新しいブースター

記事を読む

遊戯王アークファイブ第138話『暗翼の竜』感想

遊戯王ARC-V138話の感想です。 黒咲、カイトがズァークに敗れ去り今度は権現坂とジャックが

記事を読む

RR(レイド・ラプターズ)-レヴォリューション・ファルコン-エアレイド

素良戦の原作再現が可能になりました   今回紹介するのはザ・ヴァリュアブル・ブ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ハイ・スピード・リレベル

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:トリックスター・フォクシーウィッチ ちくちくじゃ済まないダメージ量

今回12月23日、LINK VRAINS BOX(リンク・ヴレインズ・ボックス)の発売です。

記事を読む

遊戯王カード考察:EM(エンタメイト)ダグ・ダガーマン

ブレイブアイズの融合素材にどうぞ   今回紹介するのはレイジング・テンペストよ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:百万喰らい(よろずぐらい)のグラットン

追撃のダ・イーザでダメージはさらに加速した   今回紹介するのはレイジング・テ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:トリックスター・デビルフィニウム リンカーネイションの再利用手段にどうぞ

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第35話『もう一つのロスト事件』感想

遊戯王ヴレインズ35話の感想です。 前回のあらすじ:スペ

遊戯王カード考察:やぶ蛇 地雷カードの決定版 発動できた場合皆は何を出す?

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:クインテット・マジシャン シンプルに豪快で強い、未来融合もオススメ

2月23日にザ・ヴァリュアブル・ブック20が発売されます。 今回

遊戯王カード考察:ヤジロベーダー さあなんか新用語が出て来ましたよ

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

→もっと見る

    • 4,970,658 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑