ロストワールド:遊戯王カード考察

これぞ本当の意味でのデッキ破壊!

 

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-恐獣の鼓動-よりこのカードです。

 

 

 

ロストワールド
フィールド魔法
①:恐竜族以外のフィールドのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。
②:1ターンに1度、恐竜族モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。
相手フィールドに「ジュラエッグトークン」(恐竜族・地・星1・攻/守0)
1体を守備表示で特殊召喚する。
③:相手フィールドにトークンがある限り、
相手はトークン以外のフィールドのモンスターを効果の対象にできない。
④:1ターンに1度、フィールドの通常モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりにその数だけ自分の手札・デッキの恐竜族モンスターを破壊できる。

 

 

恐竜族サポートとなるフィールド魔法です。

キラーザウルスやハイパーハンマヘッドなど

様々な恐竜族モンスターが元気に暮らしている様子が描かれています。

ロストワールドとは今ではもう存在しない環境とかそういう意味を持ちますが

この場合は恐竜映画「ジュラシック・パーク」の続編にあたる

「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」の事を指していると思われます。

 

 

①の効果はお互いの恐竜族以外の攻撃力、守備力を500ずつ下げるというものです。

恐竜族モンスターの種類は少ない為、ミラーマッチとかでもない限りは

安定して相手モンスター全体を弱体化させる事が出来るでしょう。

弱体化効果は自分にも影響しますが恐竜族で統一していれば影響を受ける事はありません。

ただしエヴォルカイザー・ラギアなどを使う場合には弱体化を念頭に入れる必要があります。

500というステータス低下は全体に影響する効果としては中々に優秀な数値であり

また攻撃力だけでなく守備力も下げられる点も美味しいポイントです。

恐竜族デッキにおいて戦闘面の補助として活躍してくれるだけでなく

No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロの発動条件としても活用しやすいです。

 

 

②の効果は1ターンに1度、恐竜族モンスターが召喚、特殊召喚された場合に

ジュラエッグトークン1体を相手の場に特殊召喚するというものです。

③や④の効果に繋げるだけでなく究極伝導恐獣の攻撃用の的にしたり

魂喰いオヴィラプターの②の効果を発動する為の標的にしたりと

このジュラエッグトークンをいかに上手く利用できるかが

今回のストラクチャーデッキにおける戦い方の要と言ってもいいでしょう。

ジュラエッグトークンは攻撃力守備力こそ0ですが

リリースやシンクロ素材には制限がなく相手に逆に利用される可能性もあるので

そこをどうフォローするかも鍵になってくるでしょう。

 

 

③の効果は相手フィールドにトークンがある場合

相手はトークン以外をモンスター効果の対象にできなくするという妨害効果です。

②の効果で相手の場に出したトークンを利用するのが基本となるでしょう。

相手はモンスターを対象に取るモンスター効果を自由に発動できなくなるので

モンスター効果による対象耐性を間接的に自分モンスターに付与する形となります。

 

 

④は1ターンに1度、フィールドの通常モンスターが戦闘か効果で破壊される場合に

破壊される通常モンスターの数だけその代わりに

自分の手札やデッキから恐竜族を破壊できるという効果です。

この効果も②の効果で出したジュラエッグトークンを利用とするのが基本となりますが

他にもレスキューラビットで通常モンスター2体を特殊召喚して

そのままエクシーズ召喚などに使わずにターンエンド時に自壊させる事でも

発動トリガーを満たす事が可能です。

「デッキから自分のモンスターを破壊できる」というかなり稀有な効果であり

墓地肥やしの他にもベビケラザウルスやプチラノドンなどの

破壊される事で発動する効果のトリガーとして活用する事が可能です。

この効果でベビケラザウルスやプチラノドンをデッキから破壊して

モンスターを展開する事がこのストラクチャーデッキの動きの基本となってきます。

 

 

今回のストラクチャーデッキの主軸といってもいいカードです

戦闘面と展開面での両方で恐竜族を強力にサポートするカードであり

また「相手の場にトークンを生み出してそれを利用する」という

今回のストラクチャーデッキのコンセプトが見えてくるカードでもあります。

デッキにおけるこのカードの重要度はかなり高く、

このカードをどれだけ維持できるかが勝敗にかかわるケースも多くなってくるでしょう。

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン

マスター・オブ・ペンデュラム、優秀なカードが数多く入ってると思います。 ストラクチャーデッキで

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:古代の機械魔神(アンティーク・ギア・デビル)

出しやすい上にいやらしい!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこの

記事を読む

真竜(しんりゅう)「ランク9軸」:遊戯王テーマ考察

V.F.D.(ザ・ビースト)率いる真竜皇とそれに対抗する為に メタルフォーゼ、クリストロン、十

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:DD魔導賢者ニュートン

12月12日にストラクチャーデッキ-ペンデュラム・ドミネーション-が発売されます。 赤馬零児を

記事を読む

雷仙神(かみなりせんじん):遊戯王カード考察  手札からポンと出せる2700打点(ただしライフさえあれば)

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCG,7月の制限改定を個人的に予想してみる

新しいリミットレギュレーションの時期も近づいて来ましたね。 かなり群雄割拠の環境ですがそれでも

記事を読む

遊戯王カード考察:暗黒の召喚神(あんこくのしょうかんしん)

三幻魔がデッキからポンと出てくる!   今回紹介するのは20th ANNIVE

記事を読む

遊戯王アークファイブ第71話『白銀の剣』感想

遊戯王ARC-V71話の感想です。 次回予告の時点でシンクロ次元の闇がひしひしと感じられる今回

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:竜の束縛(ドラゴンズ・バインド)

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

コズミック・ブレイザー・ドラゴン:遊戯王カード考察

魔法も罠もモンスター効果も召喚も攻撃も全部無効!   2017年の2月18日に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
トリックスター・ブラッディマリー:遊戯王カード考察  Sっぽいけど癒し系、でもその実ハンデスの布石となるえげつない子

Vジャンプ9月号の応募者全員サービスにおいて 遊戯王VRAINS

東方鈴奈庵第53(最終話)話『八雲紫の安寧(後編)』感想

東方鈴奈庵53話の感想です。 はい、最終話です。何の予告もなく突

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第11話『轟く弾倉 ヴァレルロード』感想

遊戯王ヴレインズ第11話の感想です。 ついにはじまったプレイメー

ソードワールド2.0の神々の何かちょっとおかしい紹介:戦勝神ユリスカロア

ものすごく久しぶりですがソードワールド2.0に関する記事です。

ゲートウェイ・ドラゴン:遊戯王カード考察 シンプルながらも重宝する展開要員

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,476,075 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑