ペンデュラムーチョ:遊戯王カード考察

これからはレベル1ペンデュラムの時代だ!

 

今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこのカードです。

 

 

 

ペンデュラムーチョ
ペンデュラム・効果モンスター
星1/地属性/鳥獣族/攻   0/守   0
【Pスケール:青0/赤0】
①:このカードを発動したターンの自分メインフェイズに1度だけ、
自分の墓地のモンスターまたは除外されている自分のモンスターの中から、
「ペンデュラムーチョ」以外のPモンスター1体を対象として発動できる。
そのPモンスターを自分のエクストラデッキに表側表示で加える。
【モンスター効果】
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分のエクストラデッキから、「ペンデュラムーチョ」以外の
表側表示のレベル1のPモンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、
フィールドから離れた場合にゲームから除外される。

 

 

 

レベル1、地属性鳥獣族のペンデュラムモンスターです。

覇王門零と合わせて初めて登場したスケール0のペンデュラムとなります。

イラストはペンギン2羽が実にメキシカンな恰好をしており

左側のペンギンが持つマラカスがペンデュラムの形をしているのが特徴です。

名前の由来はペンデュラム+ムーチョと考えていいでしょう。

ムーチョとは「たくさん」や「もっと」を意味するスペイン語であり

スペイン語の中でも特に多用される言葉の1つでです。

ムーチョという言葉に深い意味はなくとにかくメキシコを表したかったのでしょう。

 

 

ペンデュラム効果は発動したターンのメインフェイズに1度、

自分の墓地か除外ゾーンに存在する自身と同名カード以外のペンデュラム1体を

エクストラデッキに表側表示で加えるというものです。

自身のモンスター効果で除外したペンデュラムや

エクシーズ素材として墓地へ送ったペンデュラムの再利用が可能です。

他には自身の効果で除外された白翼の魔術師の再利用にも使えます。

 

 

モンスター効果はこのカードの召喚、特殊召喚に成功した場合に

表側表示でエクストラデッキに存在する

自身と同名カード以外のレベル1ペンデュラムを特殊召喚するというものです。

ただしこの効果で特殊召喚した場合フィールドから離れると除外されてしまいます。

それを踏まえてもレベル1ペンデュラムを展開する手段として重宝する効果であり

DD魔導賢者ケプラーなどの効果も利用しやすくなるでしょう。

また1ターンに1度の制限が無い為まずこのカードを通常召喚して効果発動、

その後リリースするなりしてエクストラデッキに移動させた後に

ペンデュラム召喚をする事でこの効果を発動する事も可能です。

レベル1が複数並ぶ事になるのでランク1のエクシーズ召喚に繋げてもいいでしょう。

 

 

単純にデメリット無しのスケール0というだけでも優秀ですが

レベル1ペンデュラムに関係するモンスター効果を持ち自身もレベル1である点からも

覇王門零以上にレベル1ペンデュラムを大きくサポートするカードとなっています。

覇王門零と合わせて採用する事で

レベル1のペンデュラム召喚もかなり安定して狙う事ができるでしょう。

デュエリスト・アドベントでサーチできる点も優秀であり

オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンと一緒に採用すれば無駄が生じにくいです。

 

 

余談ですがOCGインストラクターのオベリスク・フォースの1人が

このカードを主軸にしたその名もずばり【ペンデュラムーチョ】なるデッキを作っています。

鳥獣族のこのカードと魚族のEMシール・イールと合わせて

霊水鳥シレーヌ・オルカの特殊召喚を狙うという中々面白いデッキ構成であり

参考にしてみるのも面白いと思います。

関連記事

サブテラーマリスの妖魔/Subterror Behemoth Fiendess:遊戯王カード考察 リバーステーマ全般を強化!

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)インコーラス

地味に嬉しいペンデュラム効果!   今週のアークファイブはまだ放送する不確定み

記事を読む

覇王眷竜(はおうけんりゅう)クリアウィング:遊戯王カード考察  シンクロ召喚すれば相手モンスター全破壊、覇王眷竜どれも強いぞ!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王アークファイブ第106話『アークエリア・プロジェクト』感想

アークファイブ106話の感想です。 黒咲でさえもカイトを説得する事は出来なかった。 その

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:真青眼の究極竜(ネオ・ブルーアイズ・アルティメットドラゴン)

原作通りの3回攻撃を実現!   4月23日にTHE DARK SIDE OF

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第41話『欺かれた事実』感想

遊戯王ヴレインズ41話の感想です。 前回のあらすじ:鬼塚も消えた・・・。 あとあ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第64話『デュエルキング ジャック・アトラス』感想

遊戯王ARC-V64話の感想です。 とうとうジャック・アトラスが登場する回ですね。 個人

記事を読む

遊戯王OCG:2017年10月の制限改定を個人的に予想してみる

9月になりました。涼しくなってきたという声もあるようですが ぶっちゃけここら辺はまだまだめっち

記事を読む

弾帯城壁龍(ベルトリンク・ウォール・ドラゴン):遊戯王カード考察  カウンターの増減をしっかり把握しよう

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

EM(エンタメイト)オッドアイズ・シンクロン:遊戯王カード考察  ちゃっかり吊り上げ効果がつきました

5月13日、いよいよコレクターズパック2017の発売ですね。 今回紹介するのはコレクターズパッ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

遊戯王カード考察:シューティングコード・トーカー 攻撃力を上昇させるメリットがでかい

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:G戦隊 シャインブラック 意外と充実している地属性昆虫族通常モンスター

7月にジャンプビクトリーカーニバル2018が行われます。 今回紹

→もっと見る

    • 5,408,264 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑