遊戯王OCG新カード考察:魔装戦士 ドラゴディウス

今回紹介するのはクラッシュ・オブ・リベリオンよりこのカードです。

 

魔装戦士 ドラゴディウス
ペンデュラム・効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1500/守1500
【Pスケール:青2/赤2】
①:自分のモンスターが相手の表側表示モンスターと
戦闘を行うダメージステップ開始時に手札を1枚捨てて発動できる。
その戦闘を行う相手モンスターの攻撃力・守備力は半分になる。
【モンスター効果】
①:自分のモンスターゾーンのこのカードが
相手モンスターの攻撃または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
このターンのエンドフェイズに、
デッキから「魔装戦士 ドラゴディウス」以外の攻撃力2000以下の、
戦士族または魔法使い族モンスター1体を手札に加える。

 

魔装戦士の新しい仲間ですが、テーマとしてのシナジーはあまりありません。

ですがこのカード単体として非常に優秀なスペックを持っているペンデュラムカードです。

単純にペンデュラムモンスターとしてもスケール2でレベル4と汎用性の高い数値であり、

様々なペンデュラム召喚を行うデッキに採用する価値があると言えます。

 

ペンデュラム効果はダメステ開始時に手札を1枚捨てる事で、

相手モンスターの攻撃力、守備力を半分にする効果です。

言ってしまえばダメステ開始時発動できる疾風のゲイルです。

手札1枚のコストが必要ですが相手の攻撃力、守備力を半減する効果は非常に強力であり

このカードがあれば戦闘では圧倒的に優位に立つ事が出来るでしょう。

また永続効果である事も魅力的で仮に攻撃を防がれたとしても

相手モンスターの攻撃力・守備力は下がったままです。

唯一裏側守備表示のモンスターに対しては効果が無いのが残念な所ですね。

手札コストを捻出できるデッキであるならば、例えペンデュラム召喚を使わないとしても

このペンデュラム召喚だけで採用する価値があるほどの効果でしょう。

 

モンスター効果の方は相手の攻撃、もしくは効果で破壊された場合に

そのターンのエンドフェイズにデッキからサーチする効果です。

エンドフェイズと少しタイミングは遅めですがサーチ可能な範囲は

攻撃力2000以下の戦士族か魔法使い族全てと極めて広範囲です。

種族さえ合っていれば下級モンスターはほぼ全てサーチ可能なレベルであり、

上級モンスターでも一部のカードはサーチ範囲に入ります。

このカードでしかサーチが出来ないモンスターも数多く存在するでしょう。

レベル4のペンデュラムカードである為ペンデュラム召喚も容易です。

破壊すればサーチ効果を使ってくるモンスターを毎ターンペンデュラム召喚できれば、

相手からすれば非常にいやらしい壁として立ちはだかります。

戦士族、魔法使い族のペンデュラムカードも数多く存在する為、

このカード自体をペンデュラム召喚の足がかりとする事も可能です。

ただし「相手モンスターの攻撃で破壊された場合」なので

自爆特攻ではサーチ効果をしようできない事は留意しておく必要があります。

 

 

総合して非常に汎用性の高いペンデュラムモンスターです。

最近【魔装クラウンブレード】なるデッキが少しずつ流行しはじめています。

最初デッキ名を見た時「何!?魔装がもう環境入りしたのか!?」と思ったのですが

どうも魔装全体ではなくこのカード単体がクラウンブレードと共に出張している感じでした。

その事実からも分かるようにクラウンブレードと非常に相性のいいカードです。

手札のトリック・クラウンやH・Cサウザンドブレードをコストとして墓地に落とせるだけでなく、

このカードが破壊された時にその2つのカードをサーチする効果まで保持しています。

相手の攻撃力・守備力を半減する効果はH・C強襲のハルベルトとも相性抜群です。

今後どんどん人気の出てくるカードではないでしょうか?

 

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

キラー・スネーク

ペンデュラム効果を有効に活用する為には手札コストの捻出が課題になります。

手札コストといえばこのカードですね。

エラッタされ弱体化されたといえまだまだ優秀なカードです。

デッキに1枚忍ばせておくのはいかがでしょうか。

 

 

DDプラウド・シュバリエ

相手モンスターの攻撃力を500下げるペンデュラム効果を持っています。

ドラゴディウスと組み合わせれば突破できる範囲は大幅に広がるでしょう。

もう片方のペンデュラムゾーンにDDがいなければスケールが下がってしまいますが、

それでもスケール5を確保できる為レベル4のペンデュラム召喚には問題ありません。

 

 

D-HERO Bloo-D

ドラゴディウスの効果でサーチ可能なモンスターの中でも強力なカードの1枚です。

ペンデュラム召喚を軸とするデッキならばリリース要因を確保するのも難しくないでしょう。

またこのカードに限らずD-HEROの多くはドラゴディウスでサーチ可能であり

デステニー・ドローでのドローソースにも一役買ってくれるでしょう。

 

 

メタファイズ・ホルス・ドラゴン

ペンデュラムカードをシンクロ素材にする事でコントロール奪取が可能なモンスターです。

フィールドのカードを無効にする効果も破壊耐性のあるモンスターを突破するのに役立つでしょう。

ドラゴディウスの効果でサーチ可能なレベル2のチューナーは多いので召喚も容易です。

採用するチューナーですが特殊召喚効果を持つTGストライカーがお勧めです。

関連記事

遊戯王アークファイブ第125話『烈火の竜』感想

遊戯王ARC-V125話の感想です。 寄生虫に操られた瑠璃、セレナとデュエルを行う遊矢とユート

記事を読む

城塞クジラ、潜海奇襲(シー・ステルス・アタック):遊戯王カード考察  原作再現度かなり高い!

6月3日に「デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-」が発売されます。 城之内がパッケー

記事を読む

遊戯王アークファイブ第91話『めぐりあう運命』感想

遊戯王ARC-V91話の感想です。 バレットの勲章ロックにより苦戦を強いられる遊矢。 ユ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第81話『それぞれの戦場』感想

遊戯王ARC-V81話の感想です。 期待していたであろう新旧闇属性鳥獣族対決。 はたして

記事を読む

影星軌道兵器(えいせいきどうへいき)ハイドランダー:遊戯王カード考察  ハイランダー構築に大きな意義を生み出す存在

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:花札衛(カーディアン) “閃光の決闘者編”

デュエルとはすなわち人生なり 人生は一度きり 勝つ日もあれば 負ける日もある 負けを恥じず 勝

記事を読む

智天の神凰龍(セフィラ・トーラ・グラマトン):遊戯王カード考察

これがセフィラの切り札だ!   1月14日、とうとうマキシマム・クライシスが発

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:竜脈の魔術師

もうすぐマスター・オブ・ペンデュラムが発売されますが そういえばまだ紹介していないカードも残っ

記事を読む

見切りの極意:遊戯王カード考察  使いやすさ重視のカウンター罠、灰流うらら等は初見で見切れます

何かけものフレンズ2期でたつき監督が降板されたとかで大騒ぎになってるみたいですね。 今回紹介す

記事を読む

遊戯王アークファイブ第124話『蘇る幻影騎士団』感想

遊戯王ARC-V124話の感想です。 狂気に目覚めたユーリの前に敗北した明日香、 ユーリ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,655,842 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑