究極伝導恐獣(アルティメットコンダクターティラノ):遊戯王カード考察

さあ恐竜族の時代がやってきた!

 

2月25日に「ストラクチャーデッキ-恐竜の鼓動-」のリメイクとなる

「ストラクチャーデッキR-恐獣の鼓動-」が発売されます。

このリメイクの登場を待ち望んでいた恐竜族好きの人達も多いでしょう。

今回紹介するのはその恐獣の鼓動からこのカードです。

 

 

 

究極伝導恐獣
特殊召喚・効果モンスター
星10/光属性/恐竜族/攻3500/守3200
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の恐竜族モンスター2体を除外した場合に特殊召喚できる。
①:1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに発動できる。
自分の手札・フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、
相手フィールドの表側表示モンスターを全て裏側守備表示にする。
②:このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。
③:このカードが守備表示モンスターを攻撃したダメージステップ開始時に発動できる。
相手に1000ダメージを与え、その守備表示モンスターを墓地へ送る。

 

 

今回のストラクチャーデッキのパッケージを務める特殊召喚モンスターです。

レベル10と恐竜族の中ではシンクロのジュラック・メテオと並ぶ最高レベルです。

黒い体に紫色に光る玉が所々にちりばめられた禍々しい姿の恐竜です。

究極恐獣と超伝導恐獣を悪魔合体させたような名前をしており

黒い体には究極恐獣の、紫色の玉に超伝導恐獣の面影がそれぞれ残っています。

 

 

特殊召喚モンスターであり

自分の墓地の恐竜族2体を除外する事で特殊召喚が可能となっています。

恐竜族をメインにするデッキであれば条件を満たすのは容易であり

墓地を肥やして発動条件を満たす他にエヴォルカイザー・ラギアなどの

エクシーズ素材にした恐竜族を除外すると無駄がありません。

 

 

①の効果はお互いのメインフェイズ時に1度、

自分のフィールドか手札のモンスター1体を破壊、

相手の場に存在する表側表示モンスター全てを裏側守備表示にしてしまうというものです。

いわば表側表示に戻さずドローもさせない皆既日蝕の書とも言うべき効果であり

相手の展開に合わせて発動すれば強力な妨害効果として発揮します。

対象に取らない効果である点も強力で対象耐性持ちのモンスター相手にも効果的です。

レベル9真竜のように手札のモンスターを破壊可能であり

プチラノドンやベビケラサウルスの発動トリガーとしても活用できます。

 

 

②の効果は相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる全体攻撃効果です。

このカードの攻撃力は3500とかなり高水準であり

①の効果を使わずとも大抵のモンスターを戦闘破壊する事が可能です。

 

 

③の効果は守備表示モンスターを攻撃したダメージステップ開始時に

相手に1000ダメージ与えた上で

そのモンスターを墓地に送る事が出来るというものです。

①や②の効果とシナジーしており相手モンスターを全て裏側守備にした上で

それらをリバースさせる事なく墓地へ送りダメージまで与えます。

墓地送りなので破壊時に発動する効果も許しません。

ちなみにこの効果は発動するかどうかは任意です。

貫通効果を付与している場合などは発動しないのも選択肢の1つです。

 

 

これは恐竜族の時代来ていますね

特に①の効果が文句なしに強力でこのカードがフィールドに立ったら

相手はこのカードをどうにかしない限りロクに動けなくなるでしょう。

その上でアタッカーとしても一級品の性能を持っており

恐竜族デッキにとってはエースとして活躍してくれる事間違いなしです。

耐性の類こそ一切持っていませんが特殊召喚条件は緩い為、

1回除去されてもめげずに2体目、3体目の特殊召喚を狙っていけば

相手にとってはたまったものではないでしょう。

 

 

恐獣の鼓動にはほかにも強力な恐竜族サポートが登場しています。

恐竜族は全種族の中でもかなり不遇な立場にいる種族の1つでしたが

このストラクチャーデッキにおいて恐竜族の評価は一気に上がると思われます。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:強欲で貪欲な壷

え?3枚積みしていいの?   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ヒドゥン・ショット

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

魔界台本「魔界の宴咜女(えんため)」:遊戯王カード考察  絶対に破壊しちゃいけない類のカードです

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

EM小判竜(エンタメイト ドラゴ・リモーラ):遊戯王カード考察

ドラゴン族に混ぜてみるといかがでしょう?   今回紹介するのはマキシマム・クラ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第99話『永遠のデュエル』感想

遊戯王ARC-V99話の感想です。 今回は100と一挙同時放送となります。 100話の方

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:D-HERO(デステニーヒーロー) デッドリーガイ

結構お世話になる打点強化要因   今回紹介するのは20th ライバル・コレクシ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:EM(エンタメイト)セカンドンキー

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:花札衛(カーディアン)-猪鹿蝶(いのしかちょう)-

これはエンジョイできる強さだ!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:スクランブル・ユニオン

上手くモンスターを除外しろ!   今回紹介するのはストラクチャーデッキ-海馬瀬

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:浮幽(ふゆ)さくら

ミラーマッチ用最終兵器!(他にも色々使えるよ)   今回紹介するのはシャイニン

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    ついに待ち望んだ恐竜族強化が来ましたね
    恐竜は9期の間本当に不遇でした、確か新規も2,3枚しかないんじゃないかな
    長かった・・・

    次は同じく9期新規2,3枚の魚族を・・・ストラクが無いけど・・・

  2. 匿名 より:

    これはラギアと星4バニラ恐竜族
    高騰不可避

  3. 匿名 より:

    というかディノインフィニティとか再録されるかわからんのは高くなるだろう

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
亡龍の戦慄(ぼうりゅうのせんりつ)-デストルドー  単純にレベル7チューナーとしても便利な上に自己蘇生効果つき

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

サイバネット・バックドア:遊戯王カード考察 サイバース族用強化版亜空間物質転送装置!

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。 &nbs

【オルターガイスト】:遊戯王テーマ考察  罠カードメイン低速メタビート!いやらしく相手を妨害していこう

遊戯王VRAINSにおいて財前晃とちょっと大人な関係を匂わせつつ

拮抗勝負(きっこうしょうぶ):遊戯王カード考察  大量展開にきっついオシオキを

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第7話『ハノイの天使』感想

遊戯王ヴレインズ第7話の感想です。 プレイメーカーとブルーエンジ

→もっと見る

    • 4,386,098 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑