SR(スピードロイド)ビードロ・ドクロ:遊戯王カード考察

特殊召喚しやすいスピードロイド最高レベル

 

今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこのカードです。

 

 

 

SRビードロ・ドクロ
効果モンスター
星7/風属性/機械族/攻   0/守3000
「SRビードロ・ドクロ」の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分・相手のスタンバイフェイズに、
エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターが相手フィールドに存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードは通常召喚されたモンスターとの戦闘では破壊されない。
③:このカードの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは代わりに相手が受ける。
④:自分フィールドに「スピードロイド」モンスター以外の
表側表示モンスターが存在する場合にこのカードは破壊される。

 

 

スピードロイドの新しい仲間となるレベル7モンスターです。

現在存在するスピードロイドでは唯一の最上級モンスターとなります。

アークファイブにおいてユーゴがユーリ、エド、カイト戦で使用したカードであり

その効果で壁として運用していました。

アニメでは「相手がエクストラデッキから特殊召喚したターンのエンドフェイズ」

という特殊召喚条件とタイミングでしたがOCG化にあたり

発動条件と発動タイミング変更されています。

 

 

ビードロとはポルトガル語で「ガラス」を意味するガラス製の玩具です。

ぽっぺんやポピーぽぴんと言った呼び方もしており結構古くから存在します。

ストロー状の口に息を出し入れするとべっこんべっこん音を発し

玩具として遊ぶほかに厄除けの道具としても使われていたりします。

本来はこういった形をしている玩具なのですが・・・

 

えーと・・・これなんだろう?

どことなくガラス製である事は伝わってくるんですが

これがビードロかと言われるとちょっと疑問視してしまいます。

何か別のモチーフがあったりするんでしょうかこれ・・・分かる人います?

 

 

①の効果は自分か相手のスタンバイフェイズ時に

相手の場にエクストラデッキから特殊召喚されたモンスターが存在する場合

手札から特殊召喚できるという特殊召喚効果です。

今の環境であればエクストラデッキを使用しないデッキは少なく

発動条件を満たせる状況は多いでしょう。

 

 

②の効果は通常召喚されたモンスターとの戦闘では破壊されないという

限定的な戦闘破壊耐性です。

①の効果とは噛み合っていませんが相手がアドバンス召喚中心のデッキであっても

今度はこっちの効果が活かせるといった仕組みになっています。

 

 

③の効果は1ターンに1枚だけこのカードの戦闘で発生するダメージを

相手に代わりに受けさせるというものです。

このカードの攻撃力は0であり高い攻撃力を持つモンスターがいれば

自爆特攻から大ダメージを狙っていく事も可能です。

1ターンに1度しか発動できない制約がありますが

これはこのカードが機械複製術や地獄の暴走召喚に対応している為、

複数のビードロドクロで自爆特攻させるのを防ぐためでしょう。

それでも機械複製術との相性は悪くない為、1体だけ自爆特攻させて

残った2体は守備力3000の壁にしたりエクシーズ素材にするといいでしょう。

 

 

④の効果は自分の場にスピードロイド以外のモンスターが存在する場合に、

自壊してしまうデメリット効果です。

この制約の為にスピードロイド以外で採用するのはちょっと難しいでしょう。

ただデブリ・ドラゴンのようにモンスター効果を無効に出来るのであれば

この効果による自壊も防ぐことが可能です。

 

 

このカードの特筆すべき点はレベル7というスピードロイド最高レベルである点です。

これはハイ・スピード・リベレルでこのカードを除外する事で

シンクロモンスターの攻撃力を3500も上昇させる事が出来る事を意味します。

HSRチャンバライダーに発動すれば攻撃力5600と5700の2回攻撃ができ

HSR快刀乱破ズールに発動して特殊召喚されたモンスターを攻撃すれば

その攻撃力は9600に達します。

全体攻撃ができるスターダスト・チャージ・ウォリアーに発動するのも面白いです。

シンクロ素材としても手札のレベル1チューナーと合わせて

レベル8のシンクロ召喚が狙えるなど他のスピードロイドには無い動きも可能です。

 

 

自爆特攻からのダメージやハイ・スピード・リベレルとのコンボなど

スピードロイドの殺意を飛躍的に高めてくれるカードだと言えるでしょう。

ドクロは伊達ではありません。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:パラサイト・フュージョナー

久々に登場した融合素材代用モンスター   今回紹介するのはレイジング・テンペス

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:青眼の亜白龍(ブルーアイズ・オルタナティブ・ホワイト・ドラゴン)

20周年を記念して発表された劇場版 遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSION

記事を読む

遊戯王用に今まで作った七英雄コラを1年の終わりに振り返ってみる

2016年もいよいよ終わりです。 今年も1年この考察好きニコ厨のMUGEN次元に付き合っていた

記事を読む

武力の軍奏(ぶりきのぐんそう):遊戯王カード考察 チューナーがチューナーを蘇生しさらにチューナーをシンクロ召喚

モンスターハンター:ワールドでニャンターが使えるのかが気になる今日この頃。 今回紹介するのはD

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:WW(ウィンド・ウィッチ)-クリスタル・ベル

君は何をコピーする?   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカード

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:レプティアの武者騎兵、ディノンの鋼鉄騎兵、シュルブの魔導騎兵

ペンデュラム以外には結構強い   今回紹介するのはEXTRA PACK 201

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ブンボーグ006(ゼロゼロシックス)

毎回少しずつ新カードが出ているブンボーグ。 やはりディメンション・オブ・カオスにも収録されてい

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第28話『三騎士、最後の将』感想

遊戯王ヴレインズ28話の感想です。 惜しくもロンリーブレイブの前に敗れてしまったインヴェルズ。

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ペンデュラム・コール

マスター・オブ・ペンデュラムの発売も近づいて来ましたね。 可変機獣 ガンナードラゴンが入ってる

記事を読む

遊戯王アークファイブ第75話『反逆者の呪縛』感想

遊戯王ARC-V75話の感想です。 次回から新しいOPとEDになる為今回のOPはこれで見納めと

記事を読む

Comment

  1. 通りすがり より:

    なんだかビー○゛マンっぽい気がしますねぇ。
    ビードロってかビー玉を飛ばすような感じがする。あとペッツにも見えました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:ヴァンパイア・スカージレット 使いやすい蘇生効果を持つ優等生吸血鬼

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカード

遊戯王カード考察:ヴァンパイアの支配 ライフ払うどころか逆に回復できる万能カウンター罠

本日いよいよデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズの発売です。

遊戯王カード考察:ヴァンパイア・グリムゾン せっかくだから俺はこの赤の破壊耐性付与を選ぶぜ

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカード

遊戯王カード考察:ヴァンパイア・フロイライン 手札からポンと出てきて3000攻撃力ポンとくれたぜ(ライフコストいるけど)

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第40話『勝利への渇望』感想

遊戯王ヴレインズ40話の感想です。 前回のあらすじ:ミラ

→もっと見る

    • 5,074,545 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑