智天の神凰龍(セフィラ・トーラ・グラマトン):遊戯王カード考察

これがセフィラの切り札だ!

 

1月14日、とうとうマキシマム・クライシスが発売されます。

今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこのカードです。

 

 

 

智天の神凰龍
特殊召喚・ペンデュラム・効果モンスター
星11/地属性/岩石族/攻3450/守2950
【Pスケール:青5/赤5】
「智天の神凰龍」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「セフィラ」Pモンスター1体を選び、
自分のエクストラデッキに表側表示で加え、
このカードのPスケールをターン終了時まで、
そのPモンスターのPスケールと同じにする。
【モンスター効果】
このカードは通常召喚できない。
このカードがエクストラデッキに表側表示で存在し、
「セフィラ」モンスターを3体以上を含む自分フィールドのモンスターを
全てリリースした場合のみ特殊召喚できる。
①:このカードが特殊召喚したターン、自分は通常のP召喚に加えて1度だけ、
自分メインフェイズに「セフィラ」モンスターをP召喚できる。
②:1ターンに1度、自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
デッキから「セフィラ」モンスター1体を特殊召喚する。

 

 

レベル11の特殊召喚ペンデュラムモンスターとなるセフィラです。

覇王龍ズァークなど最初からエクストラデッキに入っているカードを除けば

初のペンデュラムの特殊召喚モンスターとなります。

そういう意味でもセフィラにおける切り札的なカードだと言えるでしょう。

 

オルシャドール・セフィラルーツが竜に変化したような姿をしています。

丁度左右で黒と白に分かれている点は光と闇の竜を連想させます。

地属性の岩石族である事、攻撃力守備力が共にクリスタより1000高い数値である事から

ジェムナイト・クリスタがベースとなっている事が示唆できます。

セフィラの星戦において創星神 tierraと対峙する様子が描かれており

このカードがラスボスtierraと最終決戦を繰り広げる存在なのでしょう。

ちなみに3450という攻撃力は創星神 tierraの攻撃力を50だけ上回る数値であり

創星神 tierraが攻撃表示であるのならこのカードで倒すことが可能です。

名前の由来は恐らく神の名「ヤハウェ」を意味する

ヘブライ語の4つの子音文字である「テトラグラマトン」から来ていると思われます。

またトーラとは最初の5つの旧約聖書であるモーセ五書の事をいい

ヘブライ語で「教え」を意味します。

 

 

特殊召喚モンスターでありその特殊召喚の条件は

このカードがエクストラデッキに表側表示で存在し

かつセフィラと名の付くモンスターが3体以上自分の場に状態の時に

自分の場の全てのモンスターをリリースする事で特殊召喚が可能です。

すなわちセフィラを3体フィールドに揃えた上で

このカードをエクストラデッキに送る必要があります。

つまり一旦このカードをペンデュラムゾーンに置いた上でそれを破壊、

その後にペンデュラム召喚なりでセフィラ3体をフィールドに出す事で

特殊召喚条件を満たすことが可能です。

 

 

ペンデュラム効果は1ターンに1度

デッキからセフィラペンデュラム1体をエクストラデッキに送り

このカードのペンデュラムスケールをこのターンの間だけ

エクストラデッキに送ったセフィラペンデュラムと一緒にするというものです。

エクストラデッキを肥やしつつスケール7とスケール1に任意に切り替えられるので

ペンデュラム召喚の補助として大いに機能してくれます。

また他のセフィラペンデュラムのようにペンデュラム召喚の制約がなく、

他のテーマを混ぜている場合でもペンデュラム召喚がやりやすくなります。

それ以外にも毎ターン任意のセフィラをエクストラデッキに送る事ができるので

セフィラの聖選士の効果条件を満たす場合にも活躍してくれるでしょう。

 

 

 

モンスター効果の①はこのカードの特殊召喚に成功したターンは

セフィラペンデュラム限定で1回余分にペンデュラム召喚できるというものです。

このカードを出す場合セフィラペンデュラムを3体以上ペンデュラム召喚した上で

それらを全てリリースする必要がありますがこの追加のペンデュラム召喚により

リリースした分をまとめてフィールドに戻す事が可能になっています。

攻撃力3450あるこのカードを起点として総攻撃を仕掛ける事が出来るでしょう。

 

モンスター効果の②は1ターンに1度、自分の場のモンスター1体をリリースする事で

デッキからセフィラ1体を特殊召喚するというものです。

このカードの特殊召喚条件を考えると基本的にセフィラをリリースする事になりますが

ペンデュラムであるセフィラはエクストラデッキに送られる為、

エクストラデッキを肥やしつつ好きなセフィラを展開できる効果となっています。

 

 

 

セフィラの切り札として相応しい性能を秘めています

耐性こそないものの1回特殊召喚に成功できているのならば

後は同じようにペンデュラム召喚から繰り返し特殊召喚する事も狙えます。

そして何よりもペンデュラム効果が非常に優秀であり、

無理に特殊召喚を狙わずとも単純にスケール要因としてだけでも

セフィラに採用する価値のあるカードだと言えるでしょう。

特殊召喚するには一旦スケールにセットした上で

破壊するなりしてエクストラデッキに移動させる必要がありますが

毎ターンエクストラデッキを肥やす事の出来るペンデュラム効果を持っており

無理に自分から破壊せずとも警戒した相手が破壊してくれるのを待つのも選択肢の1つです。

 

 

それにしてもクリスタは本当に主人公していますね

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:魔道化リジョン

デュエリストパック決闘都市編の新カードも結構判明してきましたね。 今回紹介するのはこのカードで

記事を読む

剣闘獣(グラディアルビースト)ノクシウス:遊戯王カード考察  負けパターンの対策手段として機能する剣闘獣のメイン盾

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:真竜凰(しんりゅうおう)マリアムネ

やっぱりデッキから除外でした   今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ドラコニアの翼竜騎兵(Sky Dragoons of Draconia)

意外と貴重な鳥獣族ペンデュラム   今回紹介するのはEXTRA PACK 20

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:サクリボー

今回紹介するのは最強ジャンプ9月号の付属カードであるこのカードの紹介です。  

記事を読む

絶縁の落とし穴:遊戯王カード考察  相手がリンクモンスター使わない?自分でリンク召喚すればいいじゃない!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王アークファイブ第117話『牙をむく鈴の音』感想

遊戯王ARC-V117話の感想です。 瑠璃とリンの救出したカイトとユーゴですが 既にプロ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第118話『サバイバル・デュエル』感想

遊戯王ARC-V118話の感想です。 お盆休みに実家に帰っていた為記事の作成が遅れてしまいまし

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:フルメタルフォーゼ・アルカエスト

相手モンスターを溶かしまくれ!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超電導戦機(ちょうでんどうせんき)インペリオン・マグナム

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-武藤遊戯-よりこのカードです。   &n

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    遊戯王でスパロボごっこ出来そう

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
東方鈴奈庵第53(最終話)話『八雲紫の安寧(後編)』感想

東方鈴奈庵53話の感想です。 はい、最終話です。何の予告もなく突

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第11話『轟く弾倉 ヴァレルロード』感想

遊戯王ヴレインズ第11話の感想です。 ついにはじまったプレイメー

ソードワールド2.0の神々の何かちょっとおかしい紹介:戦勝神ユリスカロア

ものすごく久しぶりですがソードワールド2.0に関する記事です。

ゲートウェイ・ドラゴン:遊戯王カード考察 シンプルながらも重宝する展開要員

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

燃え竹光(もえたけみつ):遊戯王カード考察 これから毎ターンメインフェイズ1スキップしようぜ

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,473,435 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑