灰流うらら(はるうらら):遊戯王カード考察

公開日: : 最終更新日:2017/01/14 カード考察, 遊戯王, 遊戯王OCG

すごいメタカードが来ちゃいました

 

今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこのカードです。

 

 

 

灰流うらら
チューナー・効果モンスター
星3/炎属性/アンデット族/攻   0/守1800
「灰流うらら」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
このカードを手札から捨てて発動できる。
その効果を無効にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
●デッキからカードを加える効果
●デッキからモンスターを特殊召喚する効果
●デッキからカードを墓地に送る効果

 

 

レベル3炎属性のアンデット族チューナーです。

幽鬼うさぎ浮幽さくらと名前や効果、ステータスに類似性があり

上記2枚と関連するカードである事が伺えます。

 

頭にリボンをしたおでこがキュートな和服の子供が桜を背景に写っています。

舌を出しており悪戯好きっぽい性格である事が伺えます。

ハルウララとは漢字で「春麗」と書き、日が柔らかくのどかな様子を意味します。

 

むしろ競走馬の名前として知っている人のが多いかもしれませんね

 

「灰流」が何を意味するかはちょっと不確かなのですが

一部の国や地域には遺体の灰を川に流して供養する文化があり

その事を表しているのかもしれません。

 

 

その効果は1ターンに1度、

・デッキからカードを加える効果

・デッキからモンスターを特殊召喚する効果

・デッキからカードを墓地に送る効果

これら3つのどれかの効果を含む魔法罠、モンスター効果が発動した場合に

このカードを手札から捨てる事でそれを無効にするフリーチェーン効果です。

現在の環境において上記3つの効果を使わないデッキなど存在しないといってもよく

手札誘発効果の中でも特に腐りづらい性能を持っています。

ただし闇雲に発動しても1:1交換にしかならないケースも多く

明確に相手の動きを阻害しようと思った場合無効にするカードを見極める必要があります。

 

 

デッキから手札に加える効果を無効にする場合

特に狙い目となるのは強欲で貪欲な壺でしょう。

2枚ドローを阻止できるのは非常に大きくその上でデッキ10枚裏側で除外は

多くの場合において相手側が不利になる要素となります。

それ以外でもトレード・インや魔玩具補綴など

相手が2枚以上のカードを手札に加えようとしていたら積極的に止めていっていいと思います。

また相手が墓地のカードの再利用をもくろんでいる場合は

貪欲な壺や十二獣の方合あたりも止めておいて損はありません。

 

 

デッキからモンスターを特殊召喚する効果はその多くが展開の要となっている為、

灰流うららの効果で無効化する対象としてかなり優先度の高いものとなります。

この効果でシンクロやエクシーズを妨害できるケースはかなり多く

特に十二獣を相手にする場合はこの効果でモルモラットや

M.X-セイバー インヴォーカーの効果を無効に出来る事は

デュエルの勝敗にも大きく関わってくるくらいに重要な要素となってくるでしょう。

それ以外にも妨げられた壊獣による全体除去を防ぐことも可能です。

 

 

デッキからカードを墓地に送る効果を無効にする場合、

墓地依存度の高いテーマに対して積極的に狙っていく事になるでしょう。

特にインフェルノイドが名推理やモンスターゲート、隣の芝刈りなど

大量に墓地肥やしを狙えるカードを発動した場合は是非とも止めておくべきです。

それ以外でも相手がおろかな埋葬を発動した場合、

大抵は墓地に落とすとまずい何かを落とすので止めておいた方がいいでしょう。

 

 

ぶっちゃけ思考停止で3枚積みしてもいいくらいに強いです

というかどれか1つだけでも十分メタカードとして及第点の性能あるのに

3つの効果好きなの無効に出来るとか相当にやばいですこいつ。

前述したように十二獣モルモラットの特殊召喚効果を妨害出来る為、

特に対十二獣において重要な意味を持つカードとなってくるでしょう。

それ以外でもおろかな埋葬や強欲で貪欲な壺などよく見かけるカードを無効に出来るため

様々なデッキに対して有効に機能してくれる強力なカードです。

 

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:古神(こしん)ハストール

真皇帝降臨と一緒にEXTRA PACK 2015の発売も近づいてまいりました。 今回紹介するの

記事を読む

遊戯王アークファイブ第71話『白銀の剣』感想

遊戯王ARC-V71話の感想です。 次回予告の時点でシンクロ次元の闇がひしひしと感じられる今回

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:捕食植物(プレデター・プランツ)フライ・ヘル、捕食植物スキッド・ドロセーラ、捕食植物モーレイ・ネペンテス

捕食カウンターを使いこなそう   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノ

記事を読む

遊戯王OCG新テーマ考察:PSY(サイ)フレーム

ハイスピード・ライダーズにて久々にサイキック族テーマがやってきました。 今回はそんなPSYフレ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第90話『革命の狼煙』感想

遊戯王ARC-V90話の感想です。 零羅のピンチに「君こそが主人公だろう」とばかりに駆けつけた

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:スターダスト・チャージ・ウォリアー

今回紹介するのはプレミアムパック18よりこのカードです。    

記事を読む

ドラゴノイド・ジェネレーター:遊戯王カード考察  毎ターントークンを2体生成、相手のトークンはどう利用する?

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ゴールド・ガジェット、シルバー・ガジェット

ガジェットの時代はまだ終わらない!   劇場版遊戯王の公開とムービーパックの発

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:迷い風

新しいモンスター効果妨害の選択肢が登場!   今回紹介するのはレイジング・テン

記事を読む

遊戯王カード考察:バックアップ・オペレーター 調整版バードマン、では終わらない悪用法

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    ただしあくまで効果を無効にするだけで破壊まではしないからモルモラットの素材時効果を止める場合はタイミングに注意。次の十二獣を重ねられるだけになる可能性が高いので。
    逆に発動は無効にしない事から相手に制約だけを負わせる事もできる(剛健に使って特殊召喚不可だけを負わせるなど)。

  2. 匿名 より:

    もしかして未来融合も止められる…?

  3. 名無しのスカーライト より:

    なるほどチェンリー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,658,039 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑