バオバブーン:遊戯王カード考察

2体並べた上で手札交換!

 

今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこのカードです。

 

 

 

バオバブーン
効果モンスター
星3/闇属性/植物族/攻1200/守1000
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローし、
その後手札を1枚選んでデッキの一番上または一番下に戻す。
②:このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「バオバブーン」を任意の数だけ特殊召喚する。

 

 

闇属性植物族のレベル3モンスターです。

何この・・・・・・何?

いや「バオバブ」と「バブーン」をかけた洒落というのはわかるんですが

なんていうかSANチェック必要そうな見た目をしています。

その名の通りに人面樹ならぬヒヒ面樹とも言える見た目のモンスターであり

しかも根の部分で直立しています。多分歩けます

 

 

①の効果は召喚、特殊召喚に成功した時にデッキから1枚ドロー、

その後手札から1枚デッキの一番上か一番下に戻すという手札交換効果です。

デッキトップの操作が可能なのでエッジインプ・シザーと同様に

RUM-七皇の剣をデッキトップに持ってきてドローしたりも可能です。

1ターンに1度の制約もなく②の効果などで複数一気に出す事が出来れば

その数だけ手札交換する事も可能です。

 

 

②の効果はこのカードが戦闘か効果で破壊された場合に

デッキから同名カードを任意の枚数特殊召喚できるというものです。

破壊する手段を用意できればこのカードを最大2枚特殊召喚可能であり

いざという時には自爆特攻で効果の発動を狙ってもいいでしょう。

またどこで破壊されても効果を発動できる為、

真竜などの効果で手札から破壊するのも1つの手です。

①の効果ともうまい具合にシナジーしており

仮に手札にこのカードが2枚来てしまったとしても

片方を場に出して①の効果でもう1枚をデッキに戻してしまう事が可能です。

そしてこの効果も1ターンに1度の制約が存在しない為、

特殊召喚した数だけ①の効果で手札交換が可能です。

 

 

このカードのように同名カードを2枚特殊召喚するモンスターは

他にはイービルソーンやプチトマボーが存在しますが

いずれも手札に複数来てしまった場合に使いづらくなる弱点がありました。

しかしこのカードは手札でダブった場合でも自身の効果でデッキに戻せる為、

より隙の無いカードに仕上がっています。

それどころか上記のような手札でダブると困るカードの救済にもなる上に

同じ闇属性植物族でありサポートも共有できる為一緒に採用するのも面白いです。

レベル3である為2体並べればランク3のエクシーズ召喚が狙える他、

捕食植物あたりに採用してスターヴヴェノムの融合素材にしてしまうのもいいでしょう。

中々に色々と使い道のあるポテンシャルの高い1枚だと思います。

 

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:竜魔王ベクターP(ペンデュラム)

とうとう今日ディメンション・オブ・カオスの発売ですね! 皆さんにとってのお目当てのカードは何で

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:妖精伝姫(フェアリーテイル)-シラユキ

あまりにも豪快な蘇生条件!     今回紹介するのはザ・ダーク

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:デストーイ・ハーケン・クラーケン

かゆい所に手が届くデストーイ!   今回紹介するのはフュージョン・エンフォーサ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)59 背反の料理人(バック・ザ・コック)

史上初の真炎の爆発対応ナンバーズ!   今回紹介するのはコレクターズパック「閃

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:破壊剣-ドラゴンバスターブレード

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:超戦士の萌芽

墓地肥やししつつ儀式召喚!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこの

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:The suppression PLUTO(ザ・サプレッション・プルート)

対象に取らないコントロール奪取!   今回紹介するのはコレクターズパック「閃光

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:神風のバリア-エア・フォース-

クラッシュ・オブ・リベリオン、早い所ではもうフラゲ情報が出ているみたいですね。 そんなわけで早

記事を読む

十二獣(じゅうにしし)ライカ、十二獣ハマーコング:遊戯王カード考察

増えちゃったよ、十二獣エクシーズ   今回紹介するのはマキシマム・クライシスよ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:量子猫、鏡像のスワンプマン

彼岸と帝、結構環境で活躍しているみたいですね。 アドバンス召喚も随分強くなったものです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
トリックスター・ブラッディマリー:遊戯王カード考察  Sっぽいけど癒し系、でもその実ハンデスの布石となるえげつない子

Vジャンプ9月号の応募者全員サービスにおいて 遊戯王VRAINS

東方鈴奈庵第53(最終話)話『八雲紫の安寧(後編)』感想

東方鈴奈庵53話の感想です。 はい、最終話です。何の予告もなく突

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第11話『轟く弾倉 ヴァレルロード』感想

遊戯王ヴレインズ第11話の感想です。 ついにはじまったプレイメー

ソードワールド2.0の神々の何かちょっとおかしい紹介:戦勝神ユリスカロア

ものすごく久しぶりですがソードワールド2.0に関する記事です。

ゲートウェイ・ドラゴン:遊戯王カード考察 シンプルながらも重宝する展開要員

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,476,075 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑