捕食植物(プレデター・プランツ)オフリス・スコーピオ、捕食植物ダーリング・コブラ:遊戯王カード考察

セットで運用するのがオススメです。

 

今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこのカードです。

 

 

 

捕食植物オフリス・スコーピオ
効果モンスター
星3/闇属性/植物族/攻1200/守 800
「捕食植物オフリス・スコーピオ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
手札からモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
デッキから「捕食植物オフリス・スコーピオ」以外の
「捕食植物」モンスター1体を特殊召喚する。

 

 

捕食植物ダーリング・コブラ
効果モンスター
星3/闇属性/植物族/攻1000/守1500
「捕食植物ダーリング・コブラ」の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
①:このカードが「捕食植物」モンスターの効果で特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「融合」魔法カードまたは「フュージョン」魔法カード1枚を手札に加える。

 

 

レベル3のプレデター・プランツ2体です。

アークファイブにおいてユーリが榊遊矢戦で使用したカードであり

オフリス・スコーピオの効果でダーリング・コブラを特殊召喚して融合をサーチ、

スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴンの融合素材として活用されました。

 

それぞれサソリとコブラの姿を模した植物の姿をしています。

オフリス・スコーピオのモチーフはオフリス・ボンビリフロラだと思われます。

メス蜂に非常に良く似た花を咲かせる植物であり

これに加えてメス蜂の発するフェロモンまで発生させてオス蜂を誘惑、

擬態させた花に交尾させて花粉を運ばせるというエロゲーのような生体をしています。

食虫植物ではないのであくまで受粉に利用するだけで取って食ったりはしません。

 

ダーリング・コブラのモチーフはダーリング・トニアだと思われます。

こちらはれっきとした食虫植物であり葉に透明部分があり光が差し込むのが特徴です。

ウツボカズラと同じく落とし穴状の葉に虫を誘い込んでそれを栄養にします。

 

 

 

捕食植物オフリス・スコーピオの効果は1ターンに1度、

召喚、特殊召喚に成功した場合手札1枚を墓地に送る事で

デッキから自身と同名カード以外のプレデター・プランツを特殊召喚できます。

捕食植物にはドロソフィルム・ヒドラやコーディセップスなど

墓地で効果を発揮できるカードもある為それらをコストにすれば無駄が無いでしょう。

特殊召喚する捕食植物はスピノ・ディオネアやダーリング・コブラなど

特殊召喚時に効果を発動できるものが狙い目です。

ダーリング・コブラの場合ランク3のエクシーズ召喚にも繋げられます。

 

 

 

捕食植物ダーリング・コブラの効果はデュエル中に1度だけ

捕食植物の効果で特殊召喚した場合にデッキから

「融合」か「フュージョン」と名の付く魔法カードをサーチできるというものです。

デュエル中に1度しか発動できませんが様々な融合魔法をサーチ可能であり

オフリス・スコーピオから特殊召喚して融合をサーチすれば

そのままキメラフレシアやスターヴヴェノムの融合召喚に繋げられます。

ただやはりデュエル中に1度しか発動できないのが難点であり

複数枚採用する場合はよく考える必要があるでしょう。

 

 

アニメでユーリがオフリススコーピオからダーリングコブラに繋げていたように

この2枚は融合をサーチしつつその融合素材になれる等うまい具合にシナジーしています。

ダーリングコブラの効果はデュエル中に1度しか使えませんが

その場合でもランク3のエクシーズには繋げられます。

それ以外でもオフリススコーピオは捕食植物における展開手段として活躍してくれるでしょう。

 

 

 

さて、この2枚のカードですが最近かなり注目を集めています。

というのもLL-インディペンデント・ナイチンゲールの存在が理由です。

この2枚のカード、十二獣と合わせて採用した場合

オフリス・スコーピオとコストとなる手札1枚があれば

デッキから簡易融合とThe tyrant NEPTUNEを引っ張ってこれる為

いわゆる簡易ネプチューンと呼ばれる動きの始動として非常に適しているからです。

 

①オフリススコーピオを召喚か特殊召喚して効果でダーリングコブラ特殊召喚

ダーリングコブラの効果で簡易融合サーチ

③2体を素材にしてM.X-セイバー インヴォーカーをエクシーズ召喚

インヴォーカーの効果でデッキから十二獣モルモラット特殊召喚

⑤モルモラットから十二獣エクシーズを重ねて効果でモルモラット2体を用意する

⑥モルモラット2体でキングレムリンをエクシーズ召喚

⑦キングレムリンの効果でタイラントネプチューンをサーチ

 

手順としてはこんな感じです。モルモラットの部分ははしょっていますが

十二獣のwikiを見ればやり方が乗っているのでそれを参考にするといいでしょう。

これにより次のターンには攻撃力6000が5500バーンしてきます

オフリススコーピオを通常召喚ではなく

墓地から蘇生させるなど召喚権を使わずに用意する事が出来るのであれば

次のターンと言わずにそのターンで同じことが可能です。

植物族であるオフリススコーピオはローンファイア・ブロッサムにも対応している為

比較的安定してこのコンボを狙っていく事が可能です。

いやぁ恐ろしい時代になりましたね

 

関連記事

遊戯王アークファイブ第146話『ディメンション・ハイウェイ』感想

遊戯王ARC-V146話の感想です。 黒咲とのデュエルを終えた遊矢の前に現れたのはジャック・ア

記事を読む

ブーギートラップ:遊戯王カード考察  トラップ版「魔法石の採掘」登場、活路への希望などがすぐに発動可能!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

十二獣(じゅうにしし)ライカ、十二獣ハマーコング:遊戯王カード考察

増えちゃったよ、十二獣エクシーズ   今回紹介するのはマキシマム・クライシスよ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:Em(エンタメイジ)ヒグルミ

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:烏合無象(うごうむぞう)(Cattle Call)

いくらでも悪用がききます   今回紹介するのはエクストラパック2016よりこの

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第4話『カリスマデュエリスト Go鬼塚』感想

遊戯王ヴレインズ4話の感想です。 ハノイの騎士のフリをしてプレイメーカーをおびき寄せるGo鬼塚

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ディメンション・ガーディアン

モンスターを守りたい場合にうってつけ!   今回紹介するのはTHE DARK

記事を読む

鎧獄竜(がいごくりゅう)-サイバー・ダークネス・ドラゴン:遊戯王カード考察  蘇生可能が何気にでかい!

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-武藤遊戯-よりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:オッドアイズ・ミラージュ・ドラゴン

素材としてとっても優秀!   今回紹介するのはコレクターズパック「閃光の決闘者

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 4,542,201 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑