捕食植物(プレデター・プランツ)オフリス・スコーピオ、捕食植物ダーリング・コブラ:遊戯王カード考察

セットで運用するのがオススメです。

 

今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこのカードです。

 

 

 

捕食植物オフリス・スコーピオ
効果モンスター
星3/闇属性/植物族/攻1200/守 800
「捕食植物オフリス・スコーピオ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
手札からモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
デッキから「捕食植物オフリス・スコーピオ」以外の
「捕食植物」モンスター1体を特殊召喚する。

 

 

捕食植物ダーリング・コブラ
効果モンスター
星3/闇属性/植物族/攻1000/守1500
「捕食植物ダーリング・コブラ」の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
①:このカードが「捕食植物」モンスターの効果で特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「融合」魔法カードまたは「フュージョン」魔法カード1枚を手札に加える。

 

 

レベル3のプレデター・プランツ2体です。

アークファイブにおいてユーリが榊遊矢戦で使用したカードであり

オフリス・スコーピオの効果でダーリング・コブラを特殊召喚して融合をサーチ、

スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴンの融合素材として活用されました。

 

それぞれサソリとコブラの姿を模した植物の姿をしています。

オフリス・スコーピオのモチーフはオフリス・ボンビリフロラだと思われます。

メス蜂に非常に良く似た花を咲かせる植物であり

これに加えてメス蜂の発するフェロモンまで発生させてオス蜂を誘惑、

擬態させた花に交尾させて花粉を運ばせるというエロゲーのような生体をしています。

食虫植物ではないのであくまで受粉に利用するだけで取って食ったりはしません。

 

ダーリング・コブラのモチーフはダーリング・トニアだと思われます。

こちらはれっきとした食虫植物であり葉に透明部分があり光が差し込むのが特徴です。

ウツボカズラと同じく落とし穴状の葉に虫を誘い込んでそれを栄養にします。

 

 

 

捕食植物オフリス・スコーピオの効果は1ターンに1度、

召喚、特殊召喚に成功した場合手札1枚を墓地に送る事で

デッキから自身と同名カード以外のプレデター・プランツを特殊召喚できます。

捕食植物にはドロソフィルム・ヒドラやコーディセップスなど

墓地で効果を発揮できるカードもある為それらをコストにすれば無駄が無いでしょう。

特殊召喚する捕食植物はスピノ・ディオネアやダーリング・コブラなど

特殊召喚時に効果を発動できるものが狙い目です。

ダーリング・コブラの場合ランク3のエクシーズ召喚にも繋げられます。

 

 

 

捕食植物ダーリング・コブラの効果はデュエル中に1度だけ

捕食植物の効果で特殊召喚した場合にデッキから

「融合」か「フュージョン」と名の付く魔法カードをサーチできるというものです。

デュエル中に1度しか発動できませんが様々な融合魔法をサーチ可能であり

オフリス・スコーピオから特殊召喚して融合をサーチすれば

そのままキメラフレシアやスターヴヴェノムの融合召喚に繋げられます。

ただやはりデュエル中に1度しか発動できないのが難点であり

複数枚採用する場合はよく考える必要があるでしょう。

 

 

アニメでユーリがオフリススコーピオからダーリングコブラに繋げていたように

この2枚は融合をサーチしつつその融合素材になれる等うまい具合にシナジーしています。

ダーリングコブラの効果はデュエル中に1度しか使えませんが

その場合でもランク3のエクシーズには繋げられます。

それ以外でもオフリススコーピオは捕食植物における展開手段として活躍してくれるでしょう。

 

 

 

さて、この2枚のカードですが最近かなり注目を集めています。

というのもLL-インディペンデント・ナイチンゲールの存在が理由です。

この2枚のカード、十二獣と合わせて採用した場合

オフリス・スコーピオとコストとなる手札1枚があれば

デッキから簡易融合とThe tyrant NEPTUNEを引っ張ってこれる為

いわゆる簡易ネプチューンと呼ばれる動きの始動として非常に適しているからです。

 

①オフリススコーピオを召喚か特殊召喚して効果でダーリングコブラ特殊召喚

ダーリングコブラの効果で簡易融合サーチ

③2体を素材にしてM.X-セイバー インヴォーカーをエクシーズ召喚

インヴォーカーの効果でデッキから十二獣モルモラット特殊召喚

⑤モルモラットから十二獣エクシーズを重ねて効果でモルモラット2体を用意する

⑥モルモラット2体でキングレムリンをエクシーズ召喚

⑦キングレムリンの効果でタイラントネプチューンをサーチ

 

手順としてはこんな感じです。モルモラットの部分ははしょっていますが

十二獣のwikiを見ればやり方が乗っているのでそれを参考にするといいでしょう。

これにより次のターンには攻撃力6000が5500バーンしてきます

オフリススコーピオを通常召喚ではなく

墓地から蘇生させるなど召喚権を使わずに用意する事が出来るのであれば

次のターンと言わずにそのターンで同じことが可能です。

植物族であるオフリススコーピオはローンファイア・ブロッサムにも対応している為

比較的安定してこのコンボを狙っていく事が可能です。

いやぁ恐ろしい時代になりましたね

 

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:賤竜の魔術師

今回はマスター・オブ・ペンデュラムよりこちらの紹介です。   賤竜の魔術師

記事を読む

遊戯王カード考察:EM(エンタメイト)スカイ・マジシャン

第1話から姿を見せていた存在がついにOCG化   今回紹介するのはマキシマム・

記事を読む

ランカの蟲惑魔(こわくま):遊戯王カード考察  ほらほら、セットカード破壊してもいいんだよ?

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:霊魂(エスプリット)

史上初のスピリットテーマにして儀式テーマでもるエスプリット、 前回に一度霊魂鳥神-彦孔雀につい

記事を読む

クリア・エフェクター:遊戯王カード考察

ドローしつつ耐性付与!   今回紹介するのは20th ANNIVERSAR

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:マジェスティックP(ペガサス)、マジェスペクター・フォックス

マジェスペクター、早速大会で成績残したみたいですね。 サーチ能力に関しては圧倒的な性能を持つテ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:The tripping MERCURY(ザ・トリッピング・マーキュリー)

今回紹介するのはコレクターズパック「閃光の決闘者編」よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト

とうとうディメンション・オブ・カオスのパッケージを堂々と飾るカードが判明しました。 今回紹介す

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:不知火の隠者(かげもの)

不知火だけでなくアンデット族全般とっての期待の新生!   今回紹介するのはザ・

記事を読む

真紅眼の鉄騎士(レッドアイズ・メタルナイト)-ギア・フリード、真紅眼の幼竜(レッドアイズ・ベビードラゴン):遊戯王カード考察

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
サイバネット・バックドア:遊戯王カード考察 サイバース族用強化版亜空間物質転送装置!

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。 &nbs

【オルターガイスト】:遊戯王テーマ考察  罠カードメイン低速メタビート!いやらしく相手を妨害していこう

遊戯王VRAINSにおいて財前晃とちょっと大人な関係を匂わせつつ

拮抗勝負(きっこうしょうぶ):遊戯王カード考察  大量展開にきっついオシオキを

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第7話『ハノイの天使』感想

遊戯王ヴレインズ第7話の感想です。 プレイメーカーとブルーエンジ

ダックドロッパー:遊戯王カード考察  相手にダイレクトアタックを強要しつつ自分は高い耐性で身を隠す!

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,384,955 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑