エンタメデュエル:遊戯王カード考察

見事条件を達成できましたらご喝采!

 

今回紹介するのは20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVEよりこのカードです。

 

 

エンタメデュエル
フィールド魔法
①:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
お互いのプレイヤーは1ターン中に以下の条件をそれぞれ満たす度に、
1つの条件につき1ターンに1度ずつデッキから2枚ドローする。
●レベルの異なるモンスター5体を同時に特殊召喚した。
●自身のモンスター1体が5回戦闘を行った。
●チェーン5以上でカードの効果を発動した。
●サイコロを振った回数及びコイントスの回数が合計5回になった。
●自身のLPが500以下になるダメージを受けた。

 

 

アークファイブにおける遊矢の理念となるデュエルと同名となるフィールド魔法です。

 

イラストではEMスカイ・マジシャンが夜の街を飛んでいます。

アークファイブOPの冒頭のシーンとポーズと背景の建物が一致しており

遊勝がいない点以外はこのシーンの再現である事がわかります。

遊勝はエンタメデュエルの始祖でありカード名に相応しいイラストだと言えます。

 

 

その効果はお互いのプレイヤーが1ターンの間に特定の条件を満たした場合に

満たした条件1つにつき2枚ドローできるというものです。

条件は5つありどれも5とう数字にちなんだ条件であるのが特徴です。

 

 

1つ目の条件はレベルの異なるモンスター5体を同時に特殊召喚した場合です。

丁度アークファイブにおけるストレートペンデュラムと同じ条件ですね。

ただ5体同時に特殊召喚するだけであればペンデュラム召喚や真炎の爆発で狙えますが

全て違うレベルのモンスターを特殊召喚しなければいけないのが相当に厄介で、

ペンデュラム召喚するにしても専用のデッキ構築が求められるでしょう。

比較的狙いやすいのは各種レベルのペンデュラムを揃えたエンタメイトであり

エクストラデッキも肥やしやすい為オススメです。

スケールが広く2~7レベルまで4種類備えているメタルフォーゼも狙い目で

あと1レベルどこかから持ってくれば5体同時特殊召喚が可能です。

 

 

2つ目の条件は1体のモンスターで5回連続で戦闘させる事です。

この条件を狙う場合もっとも現実的なのは

5体を素材にしたLL-アセンブリー・ナイチンゲールを用意する事でしょう。

5回のダイレクトアタックを狙いつつ2枚のドローが狙えます。

それ以外のカードで5回連続攻撃を狙うのはかなり厳しいというか

そもそも5回も攻撃できているなら大体相手は死んでます。

ちなみに相手のモンスターが自分のモンスター1体に

合計5回攻撃してきた場合にも条件を満たすことが可能です。

【ダストン】あたりでバトルマニアを発動すればワンチャンあるかもしれません。

 

 

3つ目の条件はチェーンブロックが5つ以上組まれた状態でカードの発動をする事です。

【チェーンバーン】や【バージェストマ】であれば5回チェーンを組むことも珍しくなく、

また幻影騎士団あたりでもシャドーベイル3体を墓地に落とせているならば

相手の攻撃時にチェーンの回数を大きく稼ぐことが可能です。

ただしこの条件を満たした後に相手も何かカードをチェーンしてきた場合

相手もカードを2枚ドローできてしまう為注意が必要です。

5つの条件の中でもかなり条件を満たしやすく積極的に狙っていけます。

 

 

4つ目の条件はサイコロとコイントスを合計で5つ使用する事です。

この条件を満たす場合に重要なのは複数のサイコロやコイントスを使う効果の場合

使ったサイコロやコインの数だけ使用回数をカウントできる点です。

サンド・ギャンブラーやブローバック・ドラゴンなど3回コイントスを行うカードであれば

これにセカンド・チャンスを組み合わせる事で条件を満たすことが可能です。

またNo.7 ラッキー・ストライプは1ターンにサイコロを6回振る事が可能であり

単体でこの条件を満たすことが可能となっています。

特化した構築であれば恐らくはこの条件が5つの中で一番満たしやすいでしょう。

 

 

5つ目の条件はライフが500以下になるようなダメージを受けた場合です。

これは戦闘ダメージでも効果ダメージでもどちらでもOKです。

5つの条件の中では一番通常のデュエルで起こり得る条件ですが

このカードが発動されている以上そうならないような立ち回りが発生するでしょう。

その為発動を狙うにはダメージ・ダイエットなどのライフ調整手段や

自分でダメージを受ける手段などが必要になってきます。

その場合でも通常であれば発動できるのは1回が限度だと思われる為

複数回の発動を狙う場合ライフの回復手段も用意しておくといいでしょう。

 

 

いずれも相当に厳しい条件である為、専用の構築が必要になってくるでしょう。

相手もこれらの条件を満たすことでカードを2枚ドローできますが条件が厳しい為、

基本的に3つ目の効果に便乗される以外ではまず相手に利用される事はないでしょう。

個人的に狙い目だと思うのはチェーン5回とサイコロ&コイントス5回の条件です。

チェーンバーンやバージェストマであればドローソースとして活用もしやすいでしょう。

またコイントスやダイスロールを積極的に行うギャンブルデッキでも恩恵が高く、

運に身を任せるそのデュエルスタイルは中々エンタメ感も出ていいと思います。

 

 

複数の条件を同時に満たすことが出来ればその数だけドローする事が出来ますが、

あまり現実的ではない為このカードを活用する場合どれか1つに絞った方がいいと思います。

ただもし複数の条件を満たすことが出来ればそれはまさしくエンタメデュエルと呼べるものであり

夢とロマンを求めるならば挑戦してみるのも面白いと思います。

例として特殊召喚時に効果発動できるモンスターを

全て違うレベルで5体同時に出すことが出来れば実現可能です。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ユニ、EM(エンタメイト)コン

墓地効果を上手く活用できるか?   今回紹介するのはコレクターズパック「閃光の

記事を読む

醒めない悪夢:遊戯王カード考察

メタとしても優秀だし悪用も効く   今回紹介するのはマキシマム・クライシスより

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:イグナイト・ウージー

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

覇王白竜(はおうはくりゅう)オッドアイズ・ウィング・ドラゴン:遊戯王カード考察 Pゾーンにいってからが本番だ

4月28日にマスターガイド5が発売されます。 今回紹介するのはその付属カードとしてついてくるこ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第56話『セキュリティ完全包囲網』感想

遊戯王ARC-V56話です。 シンクロ次元と同盟を結びに来たはずなのに シンクロ次元の住

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)トランプ・ガール

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王アークファイブ第81話『それぞれの戦場』感想

遊戯王ARC-V81話の感想です。 期待していたであろう新旧闇属性鳥獣族対決。 はたして

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ラーの翼神竜-球体形(スフィア・モード)

初代遊戯王のボス敵存在であり多くのファンを持つ人気カードであるラーの翼神竜。 ですが今までOC

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:強欲で貪欲な壷

え?3枚積みしていいの?   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:沈黙の剣士-サイレント・ソードマン、沈黙の剣

今回紹介するのはデュエリストパック-王の記憶編-よりこのカードです。   &n

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    2枚ドローはおひねりをイメージしてるのだろうかな

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
輪廻のパーシアス:遊戯王カード考察 カウンター罠多めに採用すれば他のデッキにも

ストラクチャーデッキR-神光の波動-の発売にも近づいてまいりました。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第19話『闇に葬られし事件』感想

遊戯王VRAINS19話の感想です。 リバースモンスターを駆使す

SW2.0:エイジ・オブ・グリモワール登場 新種族「ノーブルエルフ」「マナフレア」に新技能「グリモワール」「アーティサン」「アリストクラシー」

2017年9月20日、ソードワールド2.0の新しいサプリメント、

銃砲撃(ガン・キャノン・ショット):遊戯王カード考察 実にキースらしいイカサマカード

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

究極変異態・インセクト女王(クィーン):遊戯王カード考察 ちゃんとトークン守備表示で出せます

こちらはなんとか台風が通過しました。 でもまた少し暑くなってきま

→もっと見る

    • 4,629,071 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑