セフィラの神意(しんい)、セフィラの星戦(せいせん):遊戯王カード考察

まだまだセフィラは戦える!

 

今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこのカードです。

 

 

 

セフィラの神意
通常魔法
「セフィラの神意」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:デッキから「セフィラの神意」以外の「セフィラ」カード1枚を手札に加える。
②:自分フィールドの「セフィラ」カードが破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには使用できない。

 

 

セフィラの星戦
通常罠
「セフィラの星戦」は1ターンに1枚しか発動できない。
自分のPゾーンに「セフィラ」カードが2枚存在する場合、
このカードの発動は手札からもできる。
①:自分フィールドの「セフィラ」カード1枚と
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 

 

セフィラ用の新しい通常魔法と通常罠です。

 

これはセフィラの神意のイラストですが

影霊衣の大魔道士と舞姫、そしてジェムナイト・ラズリーが見送る中

ジェムナイト・クリスタとラピスが別れを告げるように手を振って歩いています。

役目を終えてどこかへ旅立っていくのかもしれません。

ラズリーが手を伸ばしているのを見ると相当に別れが惜しいのでしょうね。

クリスタの背中にしがみついているラピスがなんともラブリーです

 

 

 

セフィラの神意の①の効果は1ターンに1度、

このカードと同盟カード以外のセフィラをデッキからサーチするというものです。

セフィラ用のサーチカードには既にフィールド魔法であるセフィラの神託がありますが

こちらは魔法罠もサーチ可能というあちら以上の万能サーチとなっています。

このカードでキーカードであるセフィラの神託をサーチする事も出来ますし

セフィラの聖選士やセフィラの神撃をサーチしてより盤面を強化する事も可能です。

 

セフィラの神意の②の効果はフィールドのセフィラカードが破壊される場合

墓地のこのカードを除外する事でその身代わりになれるというものです。

ただし墓地に送られたターンにはこの効果を発揮する事はできません。

ペンデュラム召喚やフィールド魔法を主軸とするセフィラにおいて

奈落の落とし穴やハーピィの羽箒などの複数除去に対する大きな保険となる他

セフィラツバーンやセフィラツビートなどのモンスター効果から

自分のカードを守り相手のカードだけ破壊するといった芸当も可能です。

①の効果と合わせてペンデュラム召喚に非常に欲しい要素を持ったカードだと言えるでしょう。

 

 

 

セフィラの星戦の効果は1ターンに1度、

自分の場のセフィラと相手の場のカードを1枚ずつ破壊するというものです。

これに加えペンデュラムゾーンにセフィラが2枚ともセッティングされていれば

手札からでも発動可能という豪華特典が存在します。

丁度セフィラツバーンとセフィラビュートのモンスター効果に近い性質を持っており

こちらは表示形式を問わずに破壊できる万能除去となっています。

破壊するセフィラこそ必要ですがペンデュラム召喚が可能な状態であるのなら

セフィラペンデュラムを破壊する事でディアドバンテージを抑える事も可能です。

またこの自分のセフィラを破壊するというのを逆に利用する事も可能であり

破壊以外の除去にチェーンしてセフィラペンデュラムを安全にエクストラデッキに送ったり

ブレイクスルー・スキルやエフェクト・ヴェーラーをセフィラモンスターに撃たれた際に

その撃たれたセフィラを破壊して効果を無理やり通すリリース・エスケープにも使えます。

 

 

 

どちらもセフィラの強さを飛躍的に高めてくれるカードであり

今までいまいちパッとしなかったセフィラに大きな可能性を与えてくれる存在です。

特にセフィラの神意は思考停止で3枚積みしていいほどに優秀なカードであり

このカードの判明で大いに喜んだセフィラ使いの皆様も多いでしょう。

 

 

関連記事

遊戯王OCGカード考察:スケープ・ゴースト

これが新時代のリバースモンスターだ!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュー

記事を読む

遊戯王アークファイブ第111話『ペンデュラムハート』感想

遊戯王ARC-V110話の感想です。 絶対エンタメなんかに負けたりしないと意気込むエド総司令官

記事を読む

超重武者(ちょうじゅうむしゃ)オタス-K(ケー):遊戯王カード考察  見た目に恥じぬメイン盾、直接攻撃もこれで安心!

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:RR(レイド・ラプターズ)-デビル・イーグル、RR-ワイルド・ヴァルチャー

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:刻剣(こっけん)の魔術師

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:デストーイ・マーチ

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:聖戦士カオス・ソルジャー

待ちに待った大逆転裁判を入手できてちょっと興奮が抑えきれないユリポエです。 でも頑張ってブログ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超量士(ちょうりょうし)グリーンレイヤー

今回紹介するのはウィング・レイダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:SR(スピードロイド)三つ目のダイス

いよいよハイスピード・ライダーズの発売日ですね! 今回紹介するのはこのカードです。 &n

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:D-HERO(デステニーヒーロー) ディストピアガイ

デステニーヒーローの新たなる看板モンスター   今回紹介するのはデステニー・ソ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
サイバネット・バックドア:遊戯王カード考察 サイバース族用強化版亜空間物質転送装置!

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。 &nbs

【オルターガイスト】:遊戯王テーマ考察  罠カードメイン低速メタビート!いやらしく相手を妨害していこう

遊戯王VRAINSにおいて財前晃とちょっと大人な関係を匂わせつつ

拮抗勝負(きっこうしょうぶ):遊戯王カード考察  大量展開にきっついオシオキを

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第7話『ハノイの天使』感想

遊戯王ヴレインズ第7話の感想です。 プレイメーカーとブルーエンジ

ダックドロッパー:遊戯王カード考察  相手にダイレクトアタックを強要しつつ自分は高い耐性で身を隠す!

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,384,955 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑