EM(エンタメイト)ユーゴーレム:遊戯王カード考察

トランプガールのライバル登場!

 

今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこのカードです。

 

 

 

EMユーゴーレム
ペンデュラム・効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻 1600/守 1000
【Pスケール:青1/赤1】
①:1ターンに1度、自分フィールドに融合モンスターが融合召喚された場合に発動できる。
自分の墓地のPモンスターまたは自分のエクストラデッキの表側表示のPモンスターの中から
「EM」モンスター、「オッドアイズ」モンスター、
「魔術師」モンスターの内いずれか1枚を選んで手札に加える。
【モンスター効果】
①:このカードがP召喚に成功したターンの自分メインフェイズに1度だけ発動できる。
融合モンスターカードによって決められた
このカードを含む融合素材モンスターを自分フィールドから墓地へ送り、
その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
その際、他の融合素材モンスターはドラゴン族モンスターでなければならない。

 

 

エンタメイトの新しい仲間となるレベル4ペンデュラムです。

アークファイブにおいて榊遊矢が赤馬零王戦で使用したカードであり

オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンと共にEMガトリングールの融合素材となりました。

アニメでは融合召喚の素材に一切の制約がありませんでしたが

さすがにこのままだとトランプガールの立つ瀬が無いのかOCG化に伴い制約がつきました。

 

U字型のレンガが2つ重なったような姿をしたゴーレムです。

いかつい顔と恐らくこれもブロック製のシルクハットが特徴的です。

U字型のゴーレムだからユーゴーレム、融合にもちなんでいて実に分かりやすい名前です。

名前からも外見からも岩石族を連想させますが悪魔族となっています。

 

 

ペンデュラム効果は1ターンに1度、自分の場に融合モンスターが融合召喚された場合に

エンタメイト、オッドアイズ、魔術師のペンデュラムモンスター1体を

墓地かエクストラデッキから手札に加えるというものです。

特にエンタメイトにおいてはドクロバットジョーカーを手札に回収して

再びモンスター効果の発動を狙えるのは大きいでしょう。

融合素材を回収できるのは勿論の事、

エクシーズ素材に利用するなどして墓地にいったペンデュラムも手札に回収可能です。

 

 

モンスター効果はペンデュラム召喚したターンのメインフェイズに1度、

このカードを含むフィールドのモンスターを素材に融合カードなしで融合召喚するというものです。

ただしこの効果で融合召喚する場合

このカード以外はドラゴン族しか融合素材にできない制約が存在します。

このカードで融合召喚を狙える融合モンスターとしてはスターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン、

捕食植物ドラゴスタペリア、EMガトリングールあたりが候補となってきます。

この中でも特に狙いやすいのはスターヴヴェノムフュージョンドラゴンであり

同じくレベル4の竜魔王レクターPや覇王眷竜ダークヴルムあたりと

一緒にペンデュラム召喚すれば融合召喚を狙っていけます。

EMガトリングールの融合召喚を狙う場合は

レベルの近いオッドアイズ・ペルソナ・ドラゴンを素材にするのがオススメです。

 

 

同じくモンスター効果で融合召喚のできるEMトランプ・ガールと比較した場合

ペンデュラム召喚時しか融合召喚できない点や他の融合素材にドラゴン族が必要な点で劣りますが

レベル4である為トランプガールもよりもペンデュラム召喚が狙いやすい点、

スケールやペンデュラム効果によりスケールのセット要因としても優秀な点で優れています。

ドラゴン族が必要な点から純正のエンタメイトには採用し辛く、

オッドアイズを多く採用しているデッキでこそ活躍できるカードだと言えるでしょう。

このカードをスケールにセッティングすればトランプガールのペンデュラム召喚も狙える為、

トランプガールと一緒に採用して融合召喚に特化した構築をするのも全然アリです。

その場合このカードのペンデュラム召喚もより発動しやすくなるでしょう。

 

関連記事

遊戯王アークファイブ第127話『リバイバル・ゼロ』感想

遊戯王ARC-V127話の感想です。 赤馬零王の元いた世界ではズァークがモンスターと1つになり

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:チェーン・リゾネーター

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:黄昏の忍者シンゲツ

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王アークファイブ第102話『非情の狩人』感想

遊戯王ARC-V102話の感想です。 沢渡と権現坂を倒したカイトは怒りの矛先を次は遊矢に向けて

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:半魔導帯域

ミドル・シールド・ガードナー「君達!やめたまへ!」   今回紹介するのはザ・ダ

記事を読む

遊戯王OCG、2016年4月の制限改定判明!がっつり変更がありました

とうとう2016年4月のリミットレギュレーションが判明しました。 前回3つのカードが規制される

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:レッド・ワイバーン

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:霊獣の誓還(れいじゅうのせいかん)

ガスタ・ファルコ、ウィンダと共に無事帰還!   今回紹介するのはレイジング・テ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:霊魂鳥神-彦孔雀(エスプリット・ロード-ひこくじゃく)、霊魂の降神(エスプリット・コーリング)

史上初!儀式モンスターにしてスピリットモンスター!   今回紹介するのはレイジ

記事を読む

魂喰い(たまぐい)オヴィラプター:遊戯王カード考察

サーチも墓地肥やしもどっちもできる!   今回紹介するのはストラクチャーデッキ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
【SPYRAL(スパイラル)】:遊戯王テーマ考察  相手のデッキトップを調べつつ破壊工作せよ

9月9日にEXTRA PACK 2017(エクストラパック2017)が

灼銀の機竜(ドラッグ・オン・ヴァーミリオン)遊戯王カード考察  不鵺城の蘇生対象としてうってつけ!

9月9日に海外のカードが多数収録されたEXTRA PACK 2017が

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第10話『衝撃!サイバース消失』感想

遊戯王ヴレインズ第10話の感想です。 ストームアクセスによってト

リンクリボー:遊戯王カード考察  レベル1モンスターの活用手段がまた増えました

今回紹介するのは8月4日に発売される最強ジャンプの付録となるこのカード

炎王獣 ガネーシャ:遊戯王カード考察  強い事しか書いてない至れり尽くせりの1枚

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,461,367 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑