EM(エンタメイト)ユーゴーレム:遊戯王カード考察

トランプガールのライバル登場!

 

今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこのカードです。

 

 

 

EMユーゴーレム
ペンデュラム・効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻 1600/守 1000
【Pスケール:青1/赤1】
①:1ターンに1度、自分フィールドに融合モンスターが融合召喚された場合に発動できる。
自分の墓地のPモンスターまたは自分のエクストラデッキの表側表示のPモンスターの中から
「EM」モンスター、「オッドアイズ」モンスター、
「魔術師」モンスターの内いずれか1枚を選んで手札に加える。
【モンスター効果】
①:このカードがP召喚に成功したターンの自分メインフェイズに1度だけ発動できる。
融合モンスターカードによって決められた
このカードを含む融合素材モンスターを自分フィールドから墓地へ送り、
その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
その際、他の融合素材モンスターはドラゴン族モンスターでなければならない。

 

 

エンタメイトの新しい仲間となるレベル4ペンデュラムです。

アークファイブにおいて榊遊矢が赤馬零王戦で使用したカードであり

オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンと共にEMガトリングールの融合素材となりました。

アニメでは融合召喚の素材に一切の制約がありませんでしたが

さすがにこのままだとトランプガールの立つ瀬が無いのかOCG化に伴い制約がつきました。

 

U字型のレンガが2つ重なったような姿をしたゴーレムです。

いかつい顔と恐らくこれもブロック製のシルクハットが特徴的です。

U字型のゴーレムだからユーゴーレム、融合にもちなんでいて実に分かりやすい名前です。

名前からも外見からも岩石族を連想させますが悪魔族となっています。

 

 

ペンデュラム効果は1ターンに1度、自分の場に融合モンスターが融合召喚された場合に

エンタメイト、オッドアイズ、魔術師のペンデュラムモンスター1体を

墓地かエクストラデッキから手札に加えるというものです。

特にエンタメイトにおいてはドクロバットジョーカーを手札に回収して

再びモンスター効果の発動を狙えるのは大きいでしょう。

融合素材を回収できるのは勿論の事、

エクシーズ素材に利用するなどして墓地にいったペンデュラムも手札に回収可能です。

 

 

モンスター効果はペンデュラム召喚したターンのメインフェイズに1度、

このカードを含むフィールドのモンスターを素材に融合カードなしで融合召喚するというものです。

ただしこの効果で融合召喚する場合

このカード以外はドラゴン族しか融合素材にできない制約が存在します。

このカードで融合召喚を狙える融合モンスターとしてはスターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン、

捕食植物ドラゴスタペリア、EMガトリングールあたりが候補となってきます。

この中でも特に狙いやすいのはスターヴヴェノムフュージョンドラゴンであり

同じくレベル4の竜魔王レクターPや覇王眷竜ダークヴルムあたりと

一緒にペンデュラム召喚すれば融合召喚を狙っていけます。

EMガトリングールの融合召喚を狙う場合は

レベルの近いオッドアイズ・ペルソナ・ドラゴンを素材にするのがオススメです。

 

 

同じくモンスター効果で融合召喚のできるEMトランプ・ガールと比較した場合

ペンデュラム召喚時しか融合召喚できない点や他の融合素材にドラゴン族が必要な点で劣りますが

レベル4である為トランプガールもよりもペンデュラム召喚が狙いやすい点、

スケールやペンデュラム効果によりスケールのセット要因としても優秀な点で優れています。

ドラゴン族が必要な点から純正のエンタメイトには採用し辛く、

オッドアイズを多く採用しているデッキでこそ活躍できるカードだと言えるでしょう。

このカードをスケールにセッティングすればトランプガールのペンデュラム召喚も狙える為、

トランプガールと一緒に採用して融合召喚に特化した構築をするのも全然アリです。

その場合このカードのペンデュラム召喚もより発動しやすくなるでしょう。

 

関連記事

遊戯王OCGカード考察:超電導戦機(ちょうでんどうせんき)インペリオン・マグナム

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-武藤遊戯-よりこのカードです。   &n

記事を読む

【F.A.(フォーミュラアスリート)】:遊戯王テーマ考察  LEVEL=SPEED……誰かがそう教えてくれた……

「……誰もが恐れ、おびえた目をして見てた……」 「………そうさ、俺は………」 「……『クレイジー

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:百万喰らい(よろずぐらい)のグラットン

追撃のダ・イーザでダメージはさらに加速した   今回紹介するのはレイジング・テ

記事を読む

白闘気双頭神龍(ホワイト・オーラ・バイファムート):遊戯王カード考察 すげー頑張って原作再現してます

10月4日に漫画版遊戯王ARC-V4巻が発売されます。 今回紹介するのはその付録となるこのカー

記事を読む

遊戯王アークファイブ考察:2017年現在まだ解明されていない謎はどれだけあるか?

皆様、あけましておめでとうございます。 2017年もこの考察好きニコ厨のMUGEN次元をよろし

記事を読む

RR(レイド・ラプターズ)-ファイナル・フォートレス・ファルコン:遊戯王カード考察 完全耐性がついて守りも強固になった最後の砦

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:破壊竜ガンドラ-ギガ・レイズ

フィールドも墓地も全て除外してしまえ   今回紹介するのは12月19日に発売さ

記事を読む

サイバース・ガジェット:遊戯王カード考察

1枚で3体分の素材になる新時代のガジェット!   3月21日にVジャンプ5月号

記事を読む

遊戯王OCG考察:あの禁止カードどもはどうエラッタすれば復帰できるか?その4

昨日の夜、ライフを失くしてバーンの海に濡れていた。 今日の昼、ドローカードを元にエクゾディアを追っ

記事を読む

灰流うらら(はるうらら):遊戯王カード考察

すごいメタカードが来ちゃいました   今回紹介するのはマキシマム・クライシスよ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:聖騎士の追想 イゾルデ ボールスに続くまとまった聖剣墓地肥やし手段

いよいよ今日、LINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パ

遊戯王カード考察:インヴェルズ・オリジン 激流葬あたりと組み合わせよう

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王カード考察:フレッシュマドルチェ・シスタルト 魔法罠を守る優しいシスター

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第28話『三騎士、最後の将』感想

遊戯王ヴレインズ28話の感想です。 惜しくもロンリーブレイブの前

遊戯王カード考察:トラフィックゴースト 待望の下方向3つの汎用LINK-3

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

→もっと見る

    • 4,814,486 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑