EM(エンタメイト)ユーゴーレム:遊戯王カード考察

トランプガールのライバル登場!

 

今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこのカードです。

 

 

 

EMユーゴーレム
ペンデュラム・効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻 1600/守 1000
【Pスケール:青1/赤1】
①:1ターンに1度、自分フィールドに融合モンスターが融合召喚された場合に発動できる。
自分の墓地のPモンスターまたは自分のエクストラデッキの表側表示のPモンスターの中から
「EM」モンスター、「オッドアイズ」モンスター、
「魔術師」モンスターの内いずれか1枚を選んで手札に加える。
【モンスター効果】
①:このカードがP召喚に成功したターンの自分メインフェイズに1度だけ発動できる。
融合モンスターカードによって決められた
このカードを含む融合素材モンスターを自分フィールドから墓地へ送り、
その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
その際、他の融合素材モンスターはドラゴン族モンスターでなければならない。

 

 

エンタメイトの新しい仲間となるレベル4ペンデュラムです。

アークファイブにおいて榊遊矢が赤馬零王戦で使用したカードであり

オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンと共にEMガトリングールの融合素材となりました。

アニメでは融合召喚の素材に一切の制約がありませんでしたが

さすがにこのままだとトランプガールの立つ瀬が無いのかOCG化に伴い制約がつきました。

 

U字型のレンガが2つ重なったような姿をしたゴーレムです。

いかつい顔と恐らくこれもブロック製のシルクハットが特徴的です。

U字型のゴーレムだからユーゴーレム、融合にもちなんでいて実に分かりやすい名前です。

名前からも外見からも岩石族を連想させますが悪魔族となっています。

 

 

ペンデュラム効果は1ターンに1度、自分の場に融合モンスターが融合召喚された場合に

エンタメイト、オッドアイズ、魔術師のペンデュラムモンスター1体を

墓地かエクストラデッキから手札に加えるというものです。

特にエンタメイトにおいてはドクロバットジョーカーを手札に回収して

再びモンスター効果の発動を狙えるのは大きいでしょう。

融合素材を回収できるのは勿論の事、

エクシーズ素材に利用するなどして墓地にいったペンデュラムも手札に回収可能です。

 

 

モンスター効果はペンデュラム召喚したターンのメインフェイズに1度、

このカードを含むフィールドのモンスターを素材に融合カードなしで融合召喚するというものです。

ただしこの効果で融合召喚する場合

このカード以外はドラゴン族しか融合素材にできない制約が存在します。

このカードで融合召喚を狙える融合モンスターとしてはスターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン、

捕食植物ドラゴスタペリア、EMガトリングールあたりが候補となってきます。

この中でも特に狙いやすいのはスターヴヴェノムフュージョンドラゴンであり

同じくレベル4の竜魔王レクターPや覇王眷竜ダークヴルムあたりと

一緒にペンデュラム召喚すれば融合召喚を狙っていけます。

EMガトリングールの融合召喚を狙う場合は

レベルの近いオッドアイズ・ペルソナ・ドラゴンを素材にするのがオススメです。

 

 

同じくモンスター効果で融合召喚のできるEMトランプ・ガールと比較した場合

ペンデュラム召喚時しか融合召喚できない点や他の融合素材にドラゴン族が必要な点で劣りますが

レベル4である為トランプガールもよりもペンデュラム召喚が狙いやすい点、

スケールやペンデュラム効果によりスケールのセット要因としても優秀な点で優れています。

ドラゴン族が必要な点から純正のエンタメイトには採用し辛く、

オッドアイズを多く採用しているデッキでこそ活躍できるカードだと言えるでしょう。

このカードをスケールにセッティングすればトランプガールのペンデュラム召喚も狙える為、

トランプガールと一緒に採用して融合召喚に特化した構築をするのも全然アリです。

その場合このカードのペンデュラム召喚もより発動しやすくなるでしょう。

 

関連記事

遊戯王OCGカード考察:D-HERO(デステニーヒーロー) ディストピアガイ

デステニーヒーローの新たなる看板モンスター   今回紹介するのはデステニー・ソ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第110話『破かれたスマイル・ワールド』感想

遊戯王アークファイブ110の感想です。 カイトの助けによりオベリスクフォースを撃破できた遊矢達

記事を読む

魂喰い(たまぐい)オヴィラプター:遊戯王カード考察

サーチも墓地肥やしもどっちもできる!   今回紹介するのはストラクチャーデッキ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:真竜皇(しんりゅうおう)バハルストスF(フェーラー)

対象を取らない2枚除外!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムよ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:DDD剋竜王(こくりゅうおう)ベオウルフ

今回紹介するのはペンデュラム・ドミネーションよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:百万喰らい(よろずぐらい)のグラットン

追撃のダ・イーザでダメージはさらに加速した   今回紹介するのはレイジング・テ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:The suppression PLUTO(ザ・サプレッション・プルート)

対象に取らないコントロール奪取!   今回紹介するのはコレクターズパック「閃光

記事を読む

遊戯王OCG,ストラクチャーデッキ-武藤遊戯-、ストラクチャーデッキ-海馬瀬人-と一緒に揃えておきたいカードは?

ストラクチャーデッキ-武藤遊戯-とストラクチャーデッキ-海馬瀬人-、 いよいよ2つのストラクチ

記事を読む

動画紹介:どういうことだ!? 説明しろギラグ!!

かつて、あの重々しき歌に送られた戦士たち。 故国を守る誇りを厚い拳に包んだ反骨の闘士の、ここは墓場

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:コズミック・サイクロン

墓地発動を許すな!   ザ・ダーク・イリュージョンのフラゲ情報が来たみたいです

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
東方鈴奈庵第51話『博麗霊夢の誤算(後編)』感想

鈴奈庵51話の感想です。 ・前回のあらすじ 魔理沙「君は行

白闘気海豚(ホワイト・オーラ・ドルフィン):遊戯王カード考察  自己蘇生の可能な戦闘担当レベル6シンクロ

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。

剛鬼(ごうき)サンダー・オーガ:遊戯王カード考察  お互いの召喚権を増やす豪気なカード!

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第3話『ファースト・コンタクト』感想

遊戯王ヴレインズ3話の感想です。 見事デコード・トーカーを駆使し

オッドアイズ・ランサー・ドラゴン:遊戯王カード考察  サポート豊富で結構出しやすい3000打点

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。

→もっと見る

    • 4,305,688 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑