EM(エンタメイト)ユーゴーレム:遊戯王カード考察

トランプガールのライバル登場!

 

今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこのカードです。

 

 

 

EMユーゴーレム
ペンデュラム・効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻 1600/守 1000
【Pスケール:青1/赤1】
①:1ターンに1度、自分フィールドに融合モンスターが融合召喚された場合に発動できる。
自分の墓地のPモンスターまたは自分のエクストラデッキの表側表示のPモンスターの中から
「EM」モンスター、「オッドアイズ」モンスター、
「魔術師」モンスターの内いずれか1枚を選んで手札に加える。
【モンスター効果】
①:このカードがP召喚に成功したターンの自分メインフェイズに1度だけ発動できる。
融合モンスターカードによって決められた
このカードを含む融合素材モンスターを自分フィールドから墓地へ送り、
その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
その際、他の融合素材モンスターはドラゴン族モンスターでなければならない。

 

 

エンタメイトの新しい仲間となるレベル4ペンデュラムです。

アークファイブにおいて榊遊矢が赤馬零王戦で使用したカードであり

オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンと共にEMガトリングールの融合素材となりました。

アニメでは融合召喚の素材に一切の制約がありませんでしたが

さすがにこのままだとトランプガールの立つ瀬が無いのかOCG化に伴い制約がつきました。

 

U字型のレンガが2つ重なったような姿をしたゴーレムです。

いかつい顔と恐らくこれもブロック製のシルクハットが特徴的です。

U字型のゴーレムだからユーゴーレム、融合にもちなんでいて実に分かりやすい名前です。

名前からも外見からも岩石族を連想させますが悪魔族となっています。

 

 

ペンデュラム効果は1ターンに1度、自分の場に融合モンスターが融合召喚された場合に

エンタメイト、オッドアイズ、魔術師のペンデュラムモンスター1体を

墓地かエクストラデッキから手札に加えるというものです。

特にエンタメイトにおいてはドクロバットジョーカーを手札に回収して

再びモンスター効果の発動を狙えるのは大きいでしょう。

融合素材を回収できるのは勿論の事、

エクシーズ素材に利用するなどして墓地にいったペンデュラムも手札に回収可能です。

 

 

モンスター効果はペンデュラム召喚したターンのメインフェイズに1度、

このカードを含むフィールドのモンスターを素材に融合カードなしで融合召喚するというものです。

ただしこの効果で融合召喚する場合

このカード以外はドラゴン族しか融合素材にできない制約が存在します。

このカードで融合召喚を狙える融合モンスターとしてはスターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン、

捕食植物ドラゴスタペリア、EMガトリングールあたりが候補となってきます。

この中でも特に狙いやすいのはスターヴヴェノムフュージョンドラゴンであり

同じくレベル4の竜魔王レクターPや覇王眷竜ダークヴルムあたりと

一緒にペンデュラム召喚すれば融合召喚を狙っていけます。

EMガトリングールの融合召喚を狙う場合は

レベルの近いオッドアイズ・ペルソナ・ドラゴンを素材にするのがオススメです。

 

 

同じくモンスター効果で融合召喚のできるEMトランプ・ガールと比較した場合

ペンデュラム召喚時しか融合召喚できない点や他の融合素材にドラゴン族が必要な点で劣りますが

レベル4である為トランプガールもよりもペンデュラム召喚が狙いやすい点、

スケールやペンデュラム効果によりスケールのセット要因としても優秀な点で優れています。

ドラゴン族が必要な点から純正のエンタメイトには採用し辛く、

オッドアイズを多く採用しているデッキでこそ活躍できるカードだと言えるでしょう。

このカードをスケールにセッティングすればトランプガールのペンデュラム召喚も狙える為、

トランプガールと一緒に採用して融合召喚に特化した構築をするのも全然アリです。

その場合このカードのペンデュラム召喚もより発動しやすくなるでしょう。

 

関連記事

遊戯王アークファイブ第105話『レジスタンスの絆』感想

遊戯王ARC-V105話の感想です。 父榊遊勝に憎しみを抱くエドに出会った遊矢でしたが

記事を読む

遊戯王OCG、2016年10月の制限改定判明!ついにあのカードが禁止解除!

2016年10月のリミットレギュレーションが判明しました。 4月と10月に大幅な改定が行われる

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:真紅眼の遡刻竜(レッドアイズ・トレーサードラゴン)

レジェンダリーコレクションから結構時間経ってますけど気にせずいきます。 今回紹介するのはこのカ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超重忍者(ちょうじゅうにんじゃ)シノビ-A・C(ア・シー)

意外と超重武者以外でも使えるぞ   今回紹介するのはレイジング・テンペストより

記事を読む

エクストラリンク等リンク召喚の細かな仕様が判明、新マスタールールに向けて改めてリンク召喚について知ろう

新マスタールールが実装される3月25日も近づいてまいりました。 それに伴いリンク召喚に関して不

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:幻奏の華歌聖(はなかせい)ブルーム・プリマ

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。    

記事を読む

テセウスの魔棲物(ませいぶつ)/Sea Monster of Theseus:遊戯王カード考察  簡易融合からシンクロ召喚を可能にしてくれる

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:古代の歯車機械(アンティーク・ギアガジェット)

機械複製術と相性抜群!   今回紹介するのはストラクチャーデッキR-機械竜叛乱

記事を読む

影六武衆(かげろくぶしゅう)-フウマ:遊戯王カード考察  効果も優秀だしチューナーとしても優秀

今回紹介するのはスピリット・ウォリアーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:幻影騎士団(ファントムナイツ)

11月14日に黒咲隼とユートが表紙を飾るブースターSP-ウィング・レイダーズ-が発売されます。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
寄生虫パラノイド:遊戯王カード考察 大丈夫、リメイク前よりはグロくないです

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

輪廻のパーシアス:遊戯王カード考察 カウンター罠多めに採用すれば他のデッキにも

ストラクチャーデッキR-神光の波動-の発売にも近づいてまいりました。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第19話『闇に葬られし事件』感想

遊戯王VRAINS19話の感想です。 リバースモンスターを駆使す

SW2.0:エイジ・オブ・グリモワール登場 新種族「ノーブルエルフ」「マナフレア」に新技能「グリモワール」「アーティサン」「アリストクラシー」

2017年9月20日、ソードワールド2.0の新しいサプリメント、

銃砲撃(ガン・キャノン・ショット):遊戯王カード考察 実にキースらしいイカサマカード

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

→もっと見る

    • 4,629,455 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑