熱き決闘者たち(あつきデュエリストたち):遊戯王カード考察

3つの特徴的な効果を使いこなせ!

 

今回紹介するのは20th ANNIVERSARY PACK 1st WAVEよりこのカードです。

 

 

 

熱き決闘者たち
永続魔法
①:自分のモンスターの攻撃宣言時に、
相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
その攻撃を無効にし、対象のカードを破壊する。
②:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
お互いに1ターンに1枚しか魔法・罠カードを手札からセットできず、
エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターはそのターンには攻撃できない。
③:自分ドローフェイズのドロー前に発動できる。
このターン通常のドローを行う代わりに、
自分の墓地のモンスター1体を選んで手札に加える。

 

 

汎用の永続魔法です。

「熱き決闘者たち」とは遊戯王デュエルモンスターズのBGMの1つであり

特に1番盛り上がるクライマックス場面でよく使われた曲です。

劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONSや

遊戯王GXのラストデュエルでもこの曲のアレンジが使われており

「遊戯王のBGMと言えばこれ!」

と主張する決闘者も少なくないでしょう。

 

イラストではブラック・マジシャンと青眼の白龍が

シルエットで対峙している様子が描かれています。

 

 

①の効果は自分モンスターの攻撃宣言時にその攻撃を無効にする事で

相手の魔法罠1枚を破壊できるというものです。

多分なんか月とか攻撃してたのを再現した効果だと思います。

特にペンデュラムデッキ相手に対しては発動できる機会も多いでしょう。

そのモンスターの攻撃と引き換えになりますがそもそも戦闘で勝てない時に

攻撃を無駄にしない手段として活用したり直接攻撃が狙える時に

ダメージよりもボードアドバンテージを重視したい時などに活用可能です。

1ターンに1度の制限もない為、魔界劇団ティンクル・リトルスターなど

複数回攻撃できるモンスターであれば魔法罠の大量破壊も狙う事が可能です。

 

 

②の効果はこのカードが魔法罠ゾーンに存在する間

お互いに1ターンに1枚しか魔法罠を手札からセットできない制約と

エクストラデッキから特殊召喚したモンスターはそのターンは攻撃できないという

いわゆる召喚酔いを付与する制約の2種類を付与したものです。

この2つは原作遊戯王において海馬コーポレーションが主催した

バトル・シティ大会のルールを強く意識したものでありこのルールにおいては

1ターンに魔法罠を1枚しかセットできないルールと

融合モンスターは召喚したターンには攻撃できないルールがありました。

魔法罠の制約の方はあくまで封じるのはセットのみであり発動自体は可能な為、

アーティファクトやバージェストマなど一部のデッキ以外大きな影響はないでしょう。

その一方で召喚酔いに関する制約は多くのデッキが影響を受けます。

エクストラデッキのカードを主軸にするデッキが相手であれば

その攻撃を大きく抑制する事が出来るでしょう。

この制約は自分にも影響する為、エクストラデッキに依存しないデッキ構築をするか

もしくはアタッカー以外のカードをエクストラデッキに多く採用するといいでしょう。

 

 

③の効果は自分ターンのドローフェイズ時に通常のドローの代わりに

自分の墓地のモンスター1体を手札に回収するというものです。

ドローこそ引き換えにする必要がありますが回収するモンスターに制約は一切なく、

特に三邪神や創星神 sophia、創星神 tierraなど

サーチに対応していないモンスターにとっては一旦墓地に落とす事が出来れば

能動的に手札に持ってこれる貴重な手段となりえます。

制限カードを何度も使いまわすような運用をするのも面白いでしょう。

 

 

②の効果を受けづらく、その上で①か③のどちらかの効果を活かせるのであれば

このカードを採用する意義があると思います。

例えばライトロードでは墓地肥やしで③の効果の対象を増やしつつ

裁きの龍など墓地へ落したくなかったカードを回収して利用しやすくなります。

①の効果を活かす場合特に魔封じの芳香と組み合わせると破壊できるカードを増やせます。

また好きなモンスターでダブル・アップ・チャンスを発動する事も可能であり

ブルーアイズ・カオス!MAX!ドラゴンあたりがダブルアップチャンスすれば

1ターンキルを狙う事も十分にできるでしょう。

3つの効果はどれも癖が強いですがそれゆえに面白いカードです。

是非とも皆さんもこのカードをうまく活かせるデッキを探してみてください。

 

関連記事

遊戯王OCGカード考察:竜魔王レクターP(ペンデュラム)

シャイニング・ビクトリーズの発売も近づいてまいりました。 既にフラゲ情報も出回っているようです

記事を読む

遊戯王カード考察:無限泡影(むげんほうよう) 君は手札から発動してもいいし普通にセットして発動してもいい

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

トリックスター・スイートデビル:遊戯王カード考察 というわけでメインモンスターゾーン向きのリンクが来ました

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:真実の名

今回紹介するのはMILLENNIUM PACKよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王アークファイブ第129話『覇王の片鱗』感想

遊戯王ARC-V129話の感想です。 零王の精霊機巧軍に立ち向かう遊矢と零児。 そしてレ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:RR(レイド・ラプターズ)-ファジー・レイニアス

クラッシュ・オブ・リベリオンが発売されましたね。 皆さんが特に注目しているカードは何でしょうか

記事を読む

GUYダンス:遊戯王カード考察 とりあえず複数同時展開の妨害にはなるかな

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王カード考察:アイアンドロー 機械族デッキの新たなドローソース

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:クリアクリボー

効果ダメージと直接攻撃をそれぞれ防ぐ!   今回紹介するのは4月3日に発売され

記事を読む

トワイライトロード・ファイター ライコウ:遊戯王カード考察  破壊じゃなくて除外になった!しかも通常召喚でも発動できる!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:屍界(しかい)のバンシー アンデットワールド最重要カードと言ってもいいです

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-アンデットワールド-よりこのカ

ストラクチャーデッキR-アンデットワールド-と一緒に揃えておきたいカードは? アンデット族に欲しいものが大体ある

昨日9月22日に発売されたアンデットワールドR。 収録されて

遊戯王カード考察:死霊王 ドーハスーラ 何気にアンデット族以外でも有用

本日9月22日、ストラクチャーデッキR-アンデットワールド-が発売され

ソード・ワールド2.5ルールブックⅡ登場!新種族「メリア」やバードやフェアリーテイマーなどの仕様変更など

ソード・ワールド2.0のバージョンアップとなるソード・ワールド2.5。

遊戯王カード考察:コード・ジェネレーター マイクロ・コーダーやコード・ラジエーターの仲間が増えました

Vジャンプ11月号が9月21日に発売されます。 今回紹介するのは

→もっと見る

    • 5,653,077 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑