覇王龍ズァーク:遊戯王カード考察

公開日: : 最終更新日:2016/12/25 カード考察, 遊戯王, 遊戯王OCG ,

アークファイブラスボス(多分)ここに君臨!

 

今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこのカードです。

 

 

 

覇王龍ズァーク
融合・ペンデュラム・効果モンスター
星12/闇属性/ドラゴン族/攻4000/守4000
【Pスケール:青1/赤1】
①:このカードがPゾーンに存在する限り、
相手フィールドの融合・S・Xモンスターは効果を発動できない。
②:1ターンに1度、
相手がドローフェイズ以外でデッキからカードを手札に加えた時に発動できる。
そのカードを破壊する。
【モンスター効果】
ドラゴン族の融合・S・X・Pモンスター1体ずつ合計4体
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。
相手フィールドのカードを全て破壊する。
②:このカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
③:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
デッキ・エクストラデッキから「覇王眷竜」モンスター1体を特殊召喚する。
④:モンスターゾーンのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを自分のPゾーンに置く。

 

 

四天の龍を統べ第5の次元に君臨する究極龍よ
今こそ この我と1つとなるのだ!
統合召喚!出でよ 覇王龍ズァーク!
我はペンデュラムにしてエクシーズ!シンクロにして融合!
全てを司る究極の存在なり!

 

 

マキシマム・クライシスのパッケージを務めるカードであり

OCGでは初となるペンデュラム融合モンスターです。

アニメではこのカードよりも前に大精霊機巧軍-ペンデュラム・ルーラーが

最初のペンデュラム融合モンスターとして登場しましたが

OCGではこのカードの存在が先に判明しています。

アークファイブにおいてズァークがアストログラフ・マジシャンの効果を使い

「オッドアイズ・ドラゴン」「ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン」

「クリアウィング・シンクロ・ドラゴン」「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」

この4体の竜を自身と合体させて世界に破滅をもたらました。

が、このシーンの時点で素オッドアイズが素材指定されてませんでした

現在アニメではズァークが復活するかどうかという瀬戸際ですが

このカードがOCGとして収録されるという時点ですごいネタバレですね。

まあズァークが復活しないと思っている人がどれほどいるかは疑問ですが

 

上記はアニメ版のズァークであり刃のようなパーツが随所にちりばめられたドラゴンです。

茶色がかった黒い体を基調に随所が薄緑色に光っているのが中々幻想的です。

OCGでは融合・ペンデュラムモンスターですがアニメではズァークの言う通り

ペンデュラムにしてエクシーズ、シンクロにして融合という全てを司る存在であり

カードの色も5色で彩られているというすごい事になっています。

残念ながらOCGでは2色です。そこはもっと頑張ろうよ!

 

またカードイラストではわかりづらいですが極めて巨大な翼をしているのも特徴です。

 

 

レベル12のペンデュラム融合モンスターであり融合召喚でしか特殊召喚できません。

ペンデュラム、融合、シンクロ、エクシーズのドラゴン族モンスターを

それぞれ1体ずつという極めて豪快な融合素材を指定しています。

さすがにこの融合素材をフィールドに揃えるのはそう簡単にできる事ではないですが

ドラゴン族であるため龍の鏡に対応しているのが救いです。

それ以外ではアストログラフ・マジシャン、クロノグラフマジシャンの効果で

ペンデュラム・ドラゴン、フュージョン・ドラゴン、シンクロ・ドラゴン、

エクシーズ・ドラゴンの4体を手札、墓地、フィールドから除外する方法もあります。

こちらの方法でも合計5体のモンスターを要求されますが

それでもこちらの方が難易度が低い為こちらの方法で出すのが基本となるでしょう。

 

 

 

モンスター効果は4つあります。

①は特殊召喚に成功した場合に相手フィールドのカードを全て破壊するというものです。

問答無用の全体除去であり相手のフィールドががら空きになれば

そのまま攻撃力4000でダイレクトアタックが可能です。

シンプルながらも間違いなく強力な効果であり

世界を破壊する覇王龍ズァークに実にピッタリな効果だと言えるでしょう。

 

②は相手のカードの対象にならず相手の効果で破壊されないという

最近ではすっかりおなじみになった対象耐性と効果破壊耐性の複合耐性です。

4000という攻撃力も相まって場持ち性能は相当に高いです。

 

③は相手モンスターを戦闘破壊した時に

デッキかエクストラデッキから覇王眷竜1体を特殊召喚するというものです。

現在判明している覇王眷竜には覇王眷竜ダークヴルムがありますが

このカードは特殊召喚時にサーチ効果を発動できる為、

実質的に2枚分のアドバンテージが狙える効果となっています。

ただし①の効果で相手モンスターを全滅させているケースも多く、

実際にこの効果を発動する機会はそれほど恵まれない可能性もあります。

しかし逆に言えば相手モンスターが残っていたとしても更なる展開が可能であり

残っていなかったら残っていなかったで4000のダイレクトアタックを叩き込めるという

どちらに転んでも美味しい状況を作り出せるという事でもあります。

相手がこのズァークをどうにかする手段を用意できなければこの状況は続く為、

壁を出して展開を許すか何も出さずに4000を食らうかの苦渋の選択を強いる事も出来ます。

 

④の効果はモンスターゾーンに存在するこのカードが戦闘か効果で破壊された場合に

このカードを自分のペンデュラムゾーンに置くことができるというものです。

攻撃力が4000ありそうそう戦闘破壊はされない上に相手カード効果では破壊されない為、

自分の手で破壊してペンデュラムゾーンに送るのが基本となるでしょう。

 

 

 

ペンデュラム効果は2つあります。

①はこのカードがペンデュラムゾーンに存在する限り

相手の融合、シンクロ、エクシーズのモンスター効果の発動を封じるというものです。

妨害効果として非常に強力であり相手がこれらのカードを主軸にするデッキであれば

このカードがペンデュラムゾーンにあるだけでかなりの機能が停止します。

 

②は1ターンに1度、相手がドローフェイズ以外のタイミングでカードを手札に加えた時に

そのカードを破壊できるというものです。

現在ではサーチ効果を使わないデッキはほとんど存在しないと言ってもよく

ほぼ腐らないハンデスの一種として機能します。

ただし真竜のように破壊された時に発動するカードには注意が必要です。

破壊するかどうかは任意である為ちゃんとカードを見極めて破壊するといいでしょう。

 

 

 

ステータス、モンスター効果、ペンデュラム効果どれを取っても一級品であり

融合素材の豪快さも相まって「出しづらいけど出せれば強い」という

切り札とはかくあるべしと言わんばかりの性能を持ったカードです。

非常に強力なカードである事は間違いありませんが

ホープ・ザ・ライトニングには戦闘破壊を許してしまう上に

④のモンスター効果の発動も封じられてしまいます。

融合召喚でしか特殊召喚できない為エクストラデッキにいったらやる事がありません。

同様に壊獣でリリースされる場合でも無力でありこれらのカードが天敵となってきます。

このように強力なステータスと耐性こそありますがこのカードを突破できる存在もいくつかあり

ペンデュラム効果も非常に強力であるため状況によっては

デストラクト・ポーションなどで自分から破壊する事も重要な選択肢となります。

 

 

是非ともこの世界を破滅に導く龍を使いこなしラスボスとしての威厳を見せつけてやりましょう。

なんとなくズァーク戦のあとにレイ戦がありそうだけど

 

関連記事

遊戯王アークファイブ第59話『地下ライディング・デュエル!!』感想

遊戯王ARC-V59話の感想です。 Emウォーター・ダンサーとEmファイヤー・ダンサーでスケー

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:矮星竜 プラネター

クラッシュ・オブ・リベリオン、いよいよ今日発売ですね。 今回はこのカードの解説です。 &

記事を読む

シューティング・ソニック:遊戯王カード考察

上手く狙えば複数デッキバウンス可能!   今回紹介するのは20th ANNIV

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:炎神(ほむらがみ)-不知火

不知火の新しい切り札が馬にのって来た!   今回紹介するのはレイジング・テンペ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:暗黒騎士ガイアロード

簡単に手札から出せるレベル7!   今回紹介するのは劇場版 遊☆戯☆王 THE

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:スクランブル・ユニオン

上手くモンスターを除外しろ!   今回紹介するのはストラクチャーデッキ-海馬瀬

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:幻殻竜

クラッシュ・オブ・リベリオン、もうすぐ発売ですね。 今回解説するのはこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)84 ペイン・ゲイナー

今回紹介するのはプレミアムパック18よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RUM-光波昇華(ランクアップマジック サイファー・アセンション)

超銀河眼の光波龍を出す為のほぼ必須カード!   今回紹介するのはレイジング・テ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:九十九スラッシュ

耐えて、耐えて、耐えて……耐えて耐えて、耐えた甲斐あった!! 耐えた、耐えた、耐えた耐えた、耐えた

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    手札抹殺やプレゼントカードで全ハンデスできそうな効果

  2. 匿名 より:

    竜剣士で出しやすそう

  3. 結崎ハヤ より:

    ラスボスカードがこんなに強くOCG化されるなんて……
    (今までのラスボスカードの惨憺たるOCG化を見ながら)

    これでもアニメ効果から弱体化してるんでしょうけど、
    強くOCGになったというだけで、私にとっては感涙もの。

  4. 匿名 より:

    最後まで読んで思った。
    やっぱりライトニングは頭おかしいと

  5. 匿名 より:

    普通に色々出した方が強い罠(°▽°)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
東方鈴奈庵第51話『博麗霊夢の誤算(後編)』感想

鈴奈庵51話の感想です。 ・前回のあらすじ 魔理沙「君は行

白闘気海豚(ホワイト・オーラ・ドルフィン):遊戯王カード考察  自己蘇生の可能な戦闘担当レベル6シンクロ

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。

剛鬼(ごうき)サンダー・オーガ:遊戯王カード考察  お互いの召喚権を増やす豪気なカード!

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第3話『ファースト・コンタクト』感想

遊戯王ヴレインズ3話の感想です。 見事デコード・トーカーを駆使し

オッドアイズ・ランサー・ドラゴン:遊戯王カード考察  サポート豊富で結構出しやすい3000打点

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。

→もっと見る

    • 4,305,688 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑