ハーピィの羽根吹雪(はねふぶき):遊戯王カード考察

お前このターンモンスター効果発動禁止な

 

いよいよ今日アニバーサリーパック1st WAVEが発売されます。

今回紹介するのは20th ANNIVERSARY PACK 1st WAVEよりこのカードです。

 

 

 

ハーピィの羽根吹雪
通常罠
自分フィールドに「ハーピィ」モンスターが存在する場合、
このカードの発動は手札からもできる。
①:自分フィールドに鳥獣族・風属性モンスターが存在する場合に発動できる。
ターン終了時まで、相手が発動したモンスターの効果は無効化される。
②:魔法&罠ゾーンのこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から「ハーピィの羽根帚」1枚を選んで手札に加える。

 

 

ハーピィ用の通常罠です。

デュエルモンスターズにおいて孔雀舞が城之内克也戦で使用したカードであり

ファイバーポッドのリバース効果を無効にしていました。

アニメではカウンター罠でしたがOCG化にあたり通常罠に変更されており

残念ながら作中の再現はできなくなっています。

 

カード名は「花吹雪」とかけたものなのでしょう。

多数の羽根が花吹雪のように舞っています。

 

 

①の効果は自分の場に風属性の鳥獣族モンスターが存在する場合に発動でき

ターン終了時まで、相手が発動したモンスター効果を全て無効にするというものです。

どれか1つの効果ではなく全ての発動するタイプのモンスター効果を無効です。

モンスター効果に強く依存するデッキが相手であれば

そのターンの間ほぼ機能停止に追い込むほどの妨害効果を発揮してくれるでしょう。

場に風属性の鳥獣族を用意する条件を考慮しても非常に強力な効果だと言えます。

さらにフィールドにハーピィモンスターが存在する場合には

手札から発動のできるという豪華特典までついてきます。

魔法罠は無効にはできませんが魔封じの芳香がいい感じにその弱点を補強してくれる為

特にアロマハーピィにおいて強力なシナジーが期待できます。

 

 

②の効果は魔法罠ゾーンにあるこの効果が相手の効果で破壊された場合に

デッキか墓地からハーピィの羽根箒を手札に回収できるというものです。

相手に依存する形になりますが制限カードである羽根箒を使いまわせる点は優秀で

単純に1枚のアドバンテージに留まらない性能を秘めています。

デッキと墓地、どちらからでも回収できるというのも嬉しい点であり

さらに破壊される時に風属性の鳥獣族がフィールドにいれば

①の効果を発動しつつ②の効果の発動も同時に狙う事が可能です。

相手としては風属性鳥獣族がフィールドにいるだけで

迂闊にセットカードを破壊できなくなるでしょう。

そしてこれがハーピィであれば手札からいつでもこれを飛ばせるわけです。

相手が迂闊にも羽根箒などの魔法罠全体除去使った場合には

手札からすっとこれを出して破壊してもらいましょう。

 

 

ハーピィと名の付く為にヒステリック・サインでサーチできる事もあり

元々魔法罠の除去は得意であった【ハーピィ】において

モンスター効果を強烈に妨害してくれるハーピィの羽根吹雪は

非常にありがたい強力なサポートとなってくれるでしょう。

またハーピィデッキでこそ真価を発揮するカードではありますが

例え手札から発動でなくとも十分に優秀な性能を持っており、

風属性の鳥獣族を主軸にするデッキであれば十分に採用が検討できます。

その場合ブレイクスルー・スキルとは相互互換のような関係となるでしょう。

あちらは場に風属性鳥獣族がいなくても発動できる点、

墓地からでも発動が出来る点で優れていますが

こちらは同時に複数のモンスター効果を封じ込める点と

ブラフとしても機能してくれる点で優れています。

 

 

風属性鳥獣族のテーマはリリカル・ルスキニアやエスプリットが存在しており

他にも霞の谷のファルコンを使う【セルフ・バウンス】にドラグニティや剣闘獣、

霞の谷の巨神鳥を採用したレベル7のペンデュラム召喚を狙えるデッキ、

風帝ライザーや烈風帝ライザーを採用した帝あたりが採用候補となってきます。

またランク4には鳥銃士カステルが、ランク3にはトーテムバードが存在しており

これらのカードを多めに採用しているのであれば

ランク4やランク3のエクシーズデッキ全般でも採用は可能です。

 

 

個人的にアニバーサリーパック1st WAVEのカードの中でも

今判明している中では一番注目しているカードです。

特にリリカル・ルスキニアやエスプリットでの採用に可能性を感じています。

 

関連記事

遊戯王OCGカード考察:レッド・ウルフ

シンクロ召喚以外でも使って見る?   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第127話『リバイバル・ゼロ』感想

遊戯王ARC-V127話の感想です。 赤馬零王の元いた世界ではズァークがモンスターと1つになり

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:裏風(うらかぜ)の精霊

まだリバースモンスターは終わらない!   今回紹介するのはシャイニング・ビクト

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第9話『追い求めてきた敵』感想

遊戯王ヴレインズ第9話の感想です。 ついにプレイメーカーの前に姿を現したリボルバー。 リ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:巨神竜の遺跡

結構色々なデッキに使えるぞ!   巨神竜復活、続々と再録されるカードが判明して

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:オッドアイズ・ミラージュ・ドラゴン

素材としてとっても優秀!   今回紹介するのはコレクターズパック「閃光の決闘者

記事を読む

無差別崩壊:遊戯王カード考察  ギャンブルカードの中でもかなり使いやすいです

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:エンジェル・トランペッター

ついに登場したレベル4バニラチューナー!   今回紹介するのはシャイニング・ビ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:グレイドル・アリゲーター、グレイドル・コブラ

ディメンション・オブ・カオス、一気にカードが判明しましたが、 マイペースに少しずつ紹介していき

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:The despair URANUS(ザ・ディスペア・ウラヌス)

普通にアタッカーとして優秀   今回紹介するのはコレクターズパック「閃光の決闘

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:トリックスター・デビルフィニウム リンカーネイションの再利用手段にどうぞ

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第35話『もう一つのロスト事件』感想

遊戯王ヴレインズ35話の感想です。 前回のあらすじ:スペ

遊戯王カード考察:やぶ蛇 地雷カードの決定版 発動できた場合皆は何を出す?

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:クインテット・マジシャン シンプルに豪快で強い、未来融合もオススメ

2月23日にザ・ヴァリュアブル・ブック20が発売されます。 今回

遊戯王カード考察:ヤジロベーダー さあなんか新用語が出て来ましたよ

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

→もっと見る

    • 4,970,658 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑