遊戯王カード考察:EM(エンタメイト)ガトリングール

凶悪なバーン効果で相手をハチの巣だぁ!

 

今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこのカードです。

 

 

 

EMガトリングール
融合・効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻2900/守 900
「EM」モンスター+レベル5以上の闇属性モンスター
「EMガトリングール」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。
フィールドのカードの数×200ダメージを相手に与える。
このカードがPモンスターを素材として融合召喚していた場合、
さらに相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、
そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

 

 

二色の眼の竜よ 土より生まれし巨人と一つとなりて
新たな種族としてよみがえれ!
融合召喚!現れよレベル8!EMガトリングール!

 

 

EMオッドアイズ・メタル・クロウに続く2体目のEM融合モンスターであり

またエンタメイトとしては初の悪魔族モンスターです。

アークファイブにおいて榊遊矢が赤馬零王戦で使用したカードであり

暴走した結果オッドアイズペンデュラムとEMユーゴーレムを素材に融合召喚、

その効果で零王のライフをガリガリと削っていきました。

どうやら元からエンタメイトとして存在していたわけではなく

ズァークの意思に取り込まれた結果このようなモンスターが誕生したようで

作中でも皆から「こんなの遊矢らしくない」と散々否定されています。

でも個人的には遊矢にもデニスのように「悪役のエンタメ」して欲しいんですよね。

いつかこのカードを使うようなエンタメも見せて欲しい所です。

 

ガトリング砲を装着したグールだからガトリングール、

実にエンタメイトらしい分かりやすいネーミングです。

ガトリング砲とは複数ある銃身を回転させて弾を発射する機関銃の一種です。

何故わざわざ回転させるのかというと銃身を冷却させる為です。

1つの銃身で同じことをしてまうと発熱で銃身が焼け焦げてしまうので

そこで複数の銃身を用意してそれを回転させて順次切り替えて発射、

発熱を複数の銃身に分散させようとしたわけです。

エンタメイトの中ではとりわけ凶悪な見た目をしたカードであり

明らかに悪役といった風貌をしています。

ですがスーツにシルクハット、蝶ネクタイといった洒落た格好をしており

悪役でありながらもやはりエンタメイトの一員である事を伺わせます。

 

 

その効果は1ターンに1度、融合召喚に成功した場合に

フィールドのカードの枚数×200ダメージを与えるというものです。

ペンデュラムモンスターを融合素材にしていた場合には

さらにさらにぃ豪華特典として相手のモンスター1体を選んで破壊、

その破壊したモンスターの元々の攻撃力分相手にダメージを与えます。

特にこの相手のモンスターを破壊しつつダメージを与える効果が強力無比で

①の効果と合わせて3000以上のダメージは軽く叩き出せます。

その上で2900の打点を持つこのカードでさらに攻撃をする事も可能であり

特に相手モンスターが1体のみの場合には大ダメージを狙っていけます。

雷撃壊獣サンダー・ザ・キングあたりを送り付けて破壊すれば

そのれだけでも最低3700のダメージを相手に与える事が出来る為、

相当に強力なバーン効果だと言えるでしょう。

 

 

融合素材にはエンタメイト1体とレベル5以上の闇属性1体を要求します。

後半のモンスター破壊効果も使うには

このうちどちらか1体をペンデュラムモンスターにする必要もあります。

エンタメイトにはレベル5以上の闇属性がメインデッキに存在しない為

他のテーマの力を借りる事になるでしょう。

特にオススメなのがEMトランプ・ガールを使う方法であり

このカードとレベル5以上の闇属性モンスターを一緒に場に出せれば

そのままEMガトリングールの融合召喚に繋げられ後半の効果も使えます。

トランプガールの効果で出せる融合モンスターとしては

スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴンの次ぐらいに緩いです。

レベル5以上のモンスターは自力で特殊召喚できるカードであれば

トランプガールの通常召喚から2体揃える事が出来るので

カイザー・ブラッド・ヴォルスやBF-朧影のゴウフウあたりが狙い目です。

D-HEROディアボリックガイあたりも場に出しやすくオススメです。

簡易融合を使うのも手でありエルシャドール・ミドラーシュや

デストーイ・チェーン・シープなどからガトリングールに繋げられます。

レベル5以上のモンスターを出せるデッキにトランプガールを混ぜればいいので

様々なデッキでガトリングールの融合召喚を狙う事が可能です。

高レベルのモンスターが多いDDやギミック・パペット、

墓地からドロソフィルム・ヒドラを蘇生させやすい捕食植物あたりが候補です。

 

ペンデュラム召喚を狙うのであれば

オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴンあたりが個人的なオススメです。

スケールが1である為ペンデュラムゾーンにセッティングする場合でも

EMトランプガールのペンデュラム召喚に貢献してくれます。

トランプガールと一緒に毎ターンペンデュラム召喚が狙えるのであれば

毎ターンガトリングールを融合召喚する事も可能です。

3回も効果が発動できれば大体相手は死んでいるでしょう。

 

 

 

ほとんどアニメ版の効果のままじゃねーか!

さすがにバーン効果弱体化されるかなと思ってたらほぼ効果が再現されてました。

しかも破壊効果がアニメでは対象に取る効果だったのに

OCGでは対象に取らない効果へと強化されています。

唯一1ターンに1度しかガトリングールの効果が発動できない制約が付きましたが

これはまあ当然の調整と言えるでしょう。

無ければ下手すれば1ターンキルが横行します。

いずれにせよ強力なバーン効果を持った効果である事は間違いなく

特にライフを軽視するような相手には容易に引導を渡せるエンタメイトの切り札的存在です。

このカードを出しやすいEMトランプガールの価値も飛躍的に上昇する事でしょう。

 

関連記事

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)77 ザ・セブン・シンズ

本来ならば来年の2016年に発売されるプレミアムパック18。 しかし2015年の12月19日と

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:精霊獣使い(せいれいじゅうつかい) ウィンダ

ウィンダちゃんは自爆特攻を覚えた!   今回紹介するのはレイジング・テンペスト

記事を読む

剣闘獣(グラディアルビースト)ノクシウス:遊戯王カード考察  負けパターンの対策手段として機能する剣闘獣のメイン盾

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:砂塵のバリア -ダスト・フォース-

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:左腕の代償

最近ずっとモンスターハンターXやっております。 ニャンターがすごく楽しいです。 ブーメラ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第85話『水晶の翼』感想

遊戯王ARC-V85話の感想です。先週休みだったので2週間ぶりですね。 ユーゴVSセレナもこれ

記事を読む

遊戯王エイプリルフール企画、なんか集英社が海馬コーポレーションに乗っ取られてた

4月1日、エイプリルフールですね。 嘘をついていい日という事で日本の企業はやたらとこの日が大好

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:No.(ナンバーズ)93 希望皇ホープ・カイザー

今回はザ・ヴァリアブル・ブック18の付属カードであるこのカードの紹介です。  

記事を読む

絶縁の落とし穴:遊戯王カード考察  相手がリンクモンスター使わない?自分でリンク召喚すればいいじゃない!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:真紅眼(レッドアイズ)の凶星竜(きょうせいりゅう)-メテオ・ドラゴン、流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン

黒炎弾と合わせて4900バーン   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
【SPYRAL(スパイラル)】:遊戯王テーマ考察  相手のデッキトップを調べつつ破壊工作せよ

9月9日にEXTRA PACK 2017(エクストラパック2017)が

灼銀の機竜(ドラッグ・オン・ヴァーミリオン)遊戯王カード考察  不鵺城の蘇生対象としてうってつけ!

9月9日に海外のカードが多数収録されたEXTRA PACK 2017が

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第10話『衝撃!サイバース消失』感想

遊戯王ヴレインズ第10話の感想です。 ストームアクセスによってト

リンクリボー:遊戯王カード考察  レベル1モンスターの活用手段がまた増えました

今回紹介するのは8月4日に発売される最強ジャンプの付録となるこのカード

炎王獣 ガネーシャ:遊戯王カード考察  強い事しか書いてない至れり尽くせりの1枚

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,461,367 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑