ソードワールド2.0の神々の何かちょっとおかしい紹介:太陽神ティダン

公開日: : TRPG, 雑記、検証

MUGENのキャラを使ってソードワールド2.0の神々を紹介するコーナー。

今回紹介するのはこの神です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ティダン1

 

太陽神ティダン

古代神(エンシェント・ゴッド) 男神

聖印:日輪をモチーフにしたメダル

一般的な神像の形:隆々とした体躯の男性

格言
「太陽のごとく、公明正大に生きよ」
「弱き者に力を、驕れる者に戒めを、死せる者に安らぎを」
「偽ってはならない。太陽はいつも真実を照らすのだから」

 

 

ライフォスの次に神格を得たとされる神でありライフォスの無二の親友と言われています。

波紋太陽の力を使う事ができる神であり、天候をつかさどる神と言われています。

寒い地方では豊穣神として崇められる一方、乾燥地帯では祟り神として恐れられています。

温和なライフォスに対してこちらは熱血漢な性格をしていると伝えられ、

農民などの生産者を筆頭にライフォスに匹敵する信者の数を誇っています。

またソレイユを生み出した神と言われており、多くのソレイユがティダンを信仰しています。

 

「蛮族滅ぶべし、慈悲はない」なライフォス過激派に対してこちらは

「アンデッド滅ぶべし、慈悲はない」的な発想をしており、やはり過激派もいたりします。

まあアンデッドは蛮族以上に分かり合う余地の無い存在として扱われているので、

ちょっと過激なPCも演じやすいかもしれません。

公式リプレイのPCにも「キル・バルバロス!」が口癖のちょっと過激な信者がいましたが、

様々な冒険や出会いを通じて少しずつ自分の価値観を見つめいく王道なRPがありました。

公明正大が教義にもありますので正義感の強いRPなどにお勧めでしょう。

 

ティダンの話をする上で「これは外せない」と強く思う要素があります。

はい、とっても女癖が悪い事です。

ティダンを巡ってシーンとアステリアが正妻戦争を繰り広げたエピソードが有名な他、

フェトルとも浮気の疑いがあったという話でザイアに「女にだらしない」と言われる始末です。

ただ、自分から女性に言い寄るような事はないらしく「来るもの拒まず」な信条の元に

言い寄ってくる女性に対して平等に愛情を注いだという話です。

愛情を向けられたら同じように愛情を返す、彼なりの博愛精神だったのでしょう。

つまりギャルゲーの主人公バリにモテまくってただけです。

親友キャラにライフォスとかグレンダールとかいるあたり本当に主人公体質です。

個人的には鈍感系だったり難聴系だったりするよりこういうタイプのがよっぽど好感持てます。

そんな神ですがシーンは見事にティダンのハートを掴み自分の夫にする事に成功しました。

 

 

特殊神聖魔法
サンライト
レイ
ファイン・ウェザー
デイブレイク
エヴァンゲル

 

太陽神の名に恥じない、太陽や光に関係する魔法ばかりです。

極めて強力、というほどではないですが要所要所で便利な魔法が揃っています。

アンデッドや日光にペナルティを持つモンスター相手なら、

ティダンの特殊神聖魔法は大いに活躍してくれるでしょう。

特にレイはプリーストが習得できる範囲攻撃としては最も早く習得できる魔法です。

攻撃役にも参加したいというプリーストの場合ティダンは候補に入ってきます。

悪天候を解消するファイン・ウェザーも冒険の役に立つ場面は多いでしょう。

関連記事

東方深秘録、ネット対戦可能な体験版が配信

というわけで黄昏フロンティアの公式サイトで東方深秘録の 新しい体験版のバージョンがダウンロード

記事を読む

SW2.0:ラクシアゴッドブック登場、PC用新種族「センティアン」は3種類の性能に分かれます

5月20日、今まで登場した46柱もの神様を記載した神様用のゴッドブックです。 今までサプリやリ

記事を読む

【ソード・ワールド2.0】フォルトナコード発売!16レベル以上に特化したデータブックです

8月20日に発売されるSW2.0の新しいデータブックである「フォルトナコード」 無事ゲットして

記事を読む

pop’n musicラピストリアにて霊夢、魔理沙がプレイヤーキャラに

4月30日にポップンミュージック ラピストリアで東方アレンジの楽曲が追加され、 それに伴い霧雨

記事を読む

東方考察:もしかしてレミリア・スカーレットの一番強い形態って・・・

何か東方に関する考察記事もすっごい久しぶりな気がします。 今回考察するのはレミリア・スカーレッ

記事を読む

東方心綺楼から判断する東方キャラのバストサイズ比較

  今まで遊戯王に関する記事だけでしたが、遊戯王以外の記事も書いていきます。

記事を読む

SW2.0:バルバロスブック登場、追加PC種族に加えて蛮族の各種族についての生態や追加アイテムも

7月20日に発売されたSW2.0用の新しいデータブック「バルバロスブック」、 本来ソードワール

記事を読む

遊戯王OCG新ルール「リンク召喚」登場!新マスタールールにより今までのエクストラデッキにも多大な影響が発生!

今年の春に放送される遊戯王新アニメ「遊戯王ヴレインズ」 やはり皆さんが一番注目していたのは新し

記事を読む

MUGENのタッグ戦で同時に必殺技を発動させやすくするAIの仕組み

自分の事を知ってる人がいるなら大体の人がMUGEN関係だと思うのですが、 全然MUGENに関す

記事を読む

ソードワールド2.0の神々の何かちょっとおかしい紹介:賢神キルヒア

今月はSW2.0のリプレイ発売されないんですね、少し残念です。 MUGENキャラを使ったSW2

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
東方鈴奈庵第53(最終話)話『八雲紫の安寧(後編)』感想

東方鈴奈庵53話の感想です。 はい、最終話です。何の予告もなく突

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第11話『轟く弾倉 ヴァレルロード』感想

遊戯王ヴレインズ第11話の感想です。 ついにはじまったプレイメー

ソードワールド2.0の神々の何かちょっとおかしい紹介:戦勝神ユリスカロア

ものすごく久しぶりですがソードワールド2.0に関する記事です。

ゲートウェイ・ドラゴン:遊戯王カード考察 シンプルながらも重宝する展開要員

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

燃え竹光(もえたけみつ):遊戯王カード考察 これから毎ターンメインフェイズ1スキップしようぜ

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,473,435 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑