遊戯王カード考察:EM(エンタメイト)スカイ・マジシャン

第1話から姿を見せていた存在がついにOCG化

 

今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこのカードです。

 

 

 

EMスカイ・マジシャン
効果モンスター
星7/風属性/魔法使い族/攻2500/守2000
「EMスカイ・マジシャン」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:1ターンに1度、自分が魔法カードを発動した場合に発動する。
このカードの攻撃力は300アップする。
②:自分フィールドの永続魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。
その後、手札から「魔術師」永続魔法カード1枚を発動できる。
この効果は相手ターンでも発動できる。
③:表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 

 

質量を持ったソリッドビジョンの実現により生まれたアクションデュエル
フィールド、モンスター、そしてデュエリストが一体となったこのデュエルは
人々を熱狂の渦に巻き込んだ

 

 

レベル7、風属性、魔法使い族のエンタメイトです。

エンタメイトの新しい仲間・・・というよりはむしろこのカードが元祖かもしれません。

アークファイブにおいて榊遊勝がユーリ戦で使用したカードで

榊遊勝のエースカードとしてこのカードを中心としたデュエルを展開しました。

アニメでは永続魔法を入れ替える効果でかなり特殊な処理をしていましたが

OCG化に伴い色々と調整されています。

 

em%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%82%a4%e3%83%9e%e3%82%b8%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%b3

大きなチャイナリングを手にした白と紫を貴重としたモンスターです。

下半身が円錐状になっている点はEMスライハンド・マジシャンと共通です。

スカイマジシャンという名からも空中ショーが十八番なのでしょう。

攻撃力2500守備力2000といういわゆる主人公エースのステータスであり

エンタメイトとしてはスライハンド・マジシャン、ラフメイカーに続く3体目です。

まさに「榊遊勝にとっての主人公カード」といえる存在でしょう。

 

%e9%81%8a%e5%8b%9d%ef%bc%92

アークファイブの1話の時点でその姿を見せていたモンスターでありながら

実際にデュエルで使われたのは実に132話になってからという年月を有しています。

そんなカードがこのたびついにOCG化される事になりました。

 

 

①の効果は1ターンに1度、このカードのプレイヤーが魔法カードを発動した場合に

このカードの攻撃力を300上げる強制効果です。

アニメと違い1ターンに1度の制約が付きましたが

簡単な条件で2800打点のモンスターとして運用させる事が可能です。

強制効果であると同時に永続効果であり

このカードを数ターン持続させればそれだけ攻撃力を上昇させられます。

 

 

②の効果は1ターンに1度、自分の場の永続魔法1枚を手札に戻しその後手札から

「魔術師」と名の付く永続魔法を発動させるというフリーチェーン効果です。

手札から発動する永続魔法は魔術師カードである必要はありますが

フィールドから手札に戻すのは永続魔法では何でもよく

またアニメ版と違い手札に戻したカードをそのまま再度発動する事も可能です。

魔術師の右手と魔術師の左手はどちらも1ターンに1度しか無効にできませんが

この効果で手札に戻して発動させる事で再度相手のカードを無効にする事ができます。

また魔術師の再演の蘇生効果も2回発動できるようになるなど

魔術師カードの性能を存分に発揮できる効果となっています。

 

 

③の効果はこのカードがフィールドから離れた場合に

フィールドのカード1枚を破壊できるというものです。

とにかくフィールドから離れれば破壊効果が発動可能であり

アニメのようにスカイピューピルなどで手札に戻して発動してもいいですし

刻剣の魔術師で毎ターン除外してしまうのも面白いです。

強制脱出装置や亜空間物質転送装置を使えば

相手ターンに破壊効果を発動する事も可能です。

無論ただ破壊されるだけでも発動する為、

単純に壁にするだけでも相手からすれば中々に厄介です。

 

 

非ペンデュラム軸のエンタメイトに大きく光明を与える1枚です

どの効果も優秀でありまさにエースと呼ぶに相応しいカードです。

非ペンデュラムのエンタメイトの中でも特に強力なカードであり

EMインコーラスの効果で特殊召喚するカードとしては最有力だと言えます。

ドクロバットジョーカーやロングフォーン・ブルでサーチも可能であり

このカードを中心としたデッキの構築も十分にできるでしょう。

是非ともこのカードを使いこなし共に地を蹴り宙を舞い

フィールド内を駆け巡るデュエルの最高進化形を見せてやりましょう。

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:聖戦士カオス・ソルジャー

待ちに待った大逆転裁判を入手できてちょっと興奮が抑えきれないユリポエです。 でも頑張ってブログ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:マイルド・ターキー、ゴースト・ビーフ

2月11日にデュエリストフェスティバル2016でプロモーションパックが配布されました。 今回紹

記事を読む

遊戯王カード考察:ファーニマル・オクト

墓地アドバンテージと手札アドバンテージを両方キープ   今回紹介するのはフュー

記事を読む

遊戯王アークファイブ第127話『リバイバル・ゼロ』感想

遊戯王ARC-V127話の感想です。 赤馬零王の元いた世界ではズァークがモンスターと1つになり

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:メタルフォーゼ ”ザ・ダーク・イリュージョン”

ザ・ダーク・イリュージョンに新しいテーマ「メタルフォーゼ」が登場します。 恐らく名前の由来は鉱

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)98 絶望皇ホープレス

これぞ真のアンチホープ!   今回紹介するのはコレクターズパック「閃光の決闘者

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:外神(がいしん)アザトート

今回紹介するのはEXTRA PACK 2015よりこのカードです。   &nb

記事を読む

ツイン・トライアングル・ドラゴン:遊戯王カード考察  出しやすくて使いやすいドラゴン族用リンク

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

力天使(りきてんし)ヴァルキリア:遊戯王カード考察 無効に出来ればサーチ発動、どうせなら相手ターンにも狙おう

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-神光の波動-よりこのカードです。  

記事を読む

EM(エンタメイト)オッドアイズ・シンクロン:遊戯王カード考察  ちゃっかり吊り上げ効果がつきました

5月13日、いよいよコレクターズパック2017の発売ですね。 今回紹介するのはコレクターズパッ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:やぶ蛇 地雷カードの決定版 発動できた場合皆は何を出す?

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:クインテット・マジシャン シンプルに豪快で強い、未来融合もオススメ

2月23日にザ・ヴァリュアブル・ブック20が発売されます。 今回

遊戯王カード考察:ヤジロベーダー さあなんか新用語が出て来ましたよ

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:急き兎馬(せきとば) 新しいランク5素材候補、実はデメリットも有効活用できる

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:星遺物-『星槍』(せいいぶつ せいそう) リンク用の強力な戦闘補助、回収もしやすい

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

→もっと見る

    • 4,966,755 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑