遊戯王OCG:2017年1月の制限改定を個人的に予想してみる

公開日: : 最終更新日:2016/12/04 遊戯王, 遊戯王OCG

12月ですね。とうとう今年も残り1ヶ月となりました。

遊戯王にとっては来月には新しいリミットレギュレーションの時期です。

今の環境は何というかまあ十二獣です

十二獣十二獣十二獣!どいつもこいつも十二獣といわんばかりの環境で

もはや「十二獣にあらずは環境にあらず」と言わんばかりの環境です。

厳密には壊獣十二獣とか十二獣召喚獣とかいろいろ派生あるんですが

とにかく十二獣の出張性能と汎用性が高すぎていろんなデッキに使われています。

十二獣を筆頭にインフェルノイドと餅が続くといったそんな状況ですね。

そのあたりを考慮して今回の制限改訂の予想をしたいと思います。

正解率は低いのでそこはご愛嬌です。

 

規制強化されそうなカード

十二獣モルモラット

うんまあさすがにこれやりすぎだったんじゃないかなぁ

出たばかりの十二獣が規制される可能性は低いと思ってるんですが

でも正直現状これ規制しないでなに規制するんだっていう状態です。

1枚でエクシーズ召喚できる十二獣の中でもとくにやばいカードで

こいつを元にエクシーズ召喚すると次々と特殊召喚されていきます。

そのうえ十二獣の会局、炎舞-「天璣」、M.X-セイバー インヴォーカー

デッキからサーチ、特殊召喚が可能という抜群の安定性を誇るカードであり

仮に天璣とインヴォーカーが禁止になってもその勢いは止まらないでしょう。

というかさぁ!ヒグルミの時もそうですけど最近ターン1制限ついたカード多いのに

どうしてこういうカードに限ってターン1制限つけないんですかコナミさん!

 

 

餅カエル

その凶悪すぎる制圧力から「餅が出せる=強い」という図式を成立させ

ランク2最強の名をほしいままにする圧倒的パワーカードです。

強いことして書いてない上にエクシーズなのに素材がなくても強くて

直接出す以外にもバハムートシャークから出す場合でも大人気です。

早いもので登場から5ヶ月ほどたちました。

禁止とはいかないまでも制限ぐらいにはなってもおかしくありません。

 

 

SRベイゴマックス

むしろ前回規制されてないのが驚きでした

発売当初から散々SRタケトンボーグとセットで

シンクロではなくむしろランク3のエクシーズに大活躍のカードとして

様々なデッキに出張しまくっています。

十二獣においてもインヴォーカーに繋げられるカードとして大活躍です。

やっぱり召喚権無しで手札1枚からのエクシーズはやりすぎなのでしょう。

純正のスピードロイドにとってはとんだとばっちりな話ですが

それでもそろそろ規制されそうな感じはします。

 

 

インフェルノイド・デカトロン

十二獣に食らいついているのがインフェルノイドです。

たまに共闘している姿も見かけます。

モンスターゲートの緩和に加え煉獄の狂宴や隣の芝刈りといった強化も受け

今日も元気に芝刈っている姿が目撃されています。

芝刈りはともかく煉獄の狂宴はさすがに少しやりすぎた感も見られ

再度規制強化の方向に行く可能性が高いのではないかと思います。

 

 

ABC-ドラゴン・バスター

インフェルノイドとの相性が悪い事もあり最近は影に隠れがちなABCですが

環境トップになっていた事もあり強力なテーマである事は間違いありません。

墓地コストだけで出せる召喚条件の緩さと

そこからさらに次のドラゴンバスターへと繋げられる性能は

今なおそん色ない強力さを秘めているでしょう。

 

 

神の通告

やっぱりちょっと便利すぎると思うんだよね君

神カウンターシリーズの中でも特にライフコストの安い1枚であり

相手の展開を簡単に妨害できる手段として引っ張りだこです。

最近では宣告や警告をいれずに通告のみを採用しているデッキも多いです。

神の宣告、神の警告が制限なのもあり

このカードも制限カードが妥当じゃないかなと個人的に思ってます。

 

 

規制緩和されそうなカード

輪廻天狗

日本では1度も無制限になった事が無いカードです。

まだ日本と海外でリミットレギュレーションが統一されていた頃に

海外で活躍していた結果規制されたカードなのですが

日本ではまったく日の目を見る事ないまま準制限であり続けてます。

それでも海外で活躍していた事もあり弱いカードではないんですが

8期の頃に登場して準制限で全然見なかったカードなわけで

許してあげてもいいんじゃないかなって前から言い続けてます。

 

 

Emダメージ・ジャグラー

ディメンションボックスで新しいEm出ませんでしたね・・・

というわけでヒグルミとジャグラー禁止になってから

すっかり影も形も見なくなったエンタメイジです。

ヒグルミはさすがに禁止解除しちゃ駄目だと思いますが

ジャグラーは解除してもいいんじゃないかなと考えてます。

 

 

総評

本格的な制限改定が行われるのは4月と9月であり

1月に行われる制限改定はそこまで変更は無いかと思われますが

それでも今回環境が特に荒れている事もあり

環境上位のデッキ達に修正が入る事は十分に考えられます。

特に十二獣がどうなるかは一番の注目どころでしょう。

海外だとKozmo-ダークシミターあたりも制限になっており

そのあたりがどこまで日本に影響するかも気になる所です。

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン

「マスター・オブ・ペンデュラム」の新カードの情報が出ました。 早速考察していきたいと思います。

記事を読む

遊戯王カード考察:フレッシュマドルチェ・シスタルト 魔法罠を守る優しいシスター

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)45 滅亡の予言者 クランブル・ロゴス

新たなるランク2の主力候補!   今回紹介するのはコレクターズパック「閃光の決

記事を読む

心眼の祭殿:遊戯王カード考察  戦闘ダメージを1000に固定、中々用途が広いです

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:幻想龍ファンタズメイ 相手がリンク召喚すれば手札から出て来て手札交換

今回紹介するのはSAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)よりこのカードです。 &nb

記事を読む

戦線復帰(せんせんふっき):遊戯王カード考察

こんなカードを待っていた人も多いはず!   今回紹介するのはコード・オブ・ザ・

記事を読む

幻影騎士団(ファントム・ナイツ)カースド・ジャベリン:遊戯王カード考察

幻影騎士団がランク2にも手を出し始めました   今回紹介するのはマキシマム・ク

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:烏合無象(うごうむぞう)(Cattle Call)

いくらでも悪用がききます   今回紹介するのはエクストラパック2016よりこの

記事を読む

遊戯王カード考察:EM(エンタメイト)ダグ・ダガーマン

ブレイブアイズの融合素材にどうぞ   今回紹介するのはレイジング・テンペストよ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:黒竜降臨、黒竜の聖騎士(ナイト・オブ・ブラックドラゴン)

今回紹介するのはコレクターズパック-運命の決闘者編-よりこれらのカードです。  

記事を読む

Comment

  1. こずみっく より:

    ダークエクリプサーで無くダークシミターですよ
    あと通告、モルモラットはまだないと思います。通告は再販後
    モルモラットは天キ、ベイゴマら辺の関連パーツがかかるだけだと思います

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:プラチナ・ガジェット 何かこの制約流行りそう

11月21日にVジャンプ1月号が発売されます。 今回紹介するのは

遊戯王カード考察:ハーピィ・パフューマー サーチ対象は結構多いです

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-よりこ

遊戯王カード考察:ガーデン・ローズ・メイデン ブラック・ガーデンのサポートカード登場

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-よりこ

遊戯王カード考察:弾丸特急バレット・ライナー 地属性機械族って結構います

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-よりこ

遊戯王カード考察:月光融合(ムーンライト・フュージョン) 舞豹姫や舞獅子姫がより出しやすく

本日11月10日、デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-が発

→もっと見る

    • 5,847,780 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑