遊戯王カード考察:超重武者ダイ-8(ちょうじゅうむしゃ ダイハチ)

旦那ぁ!超重武者装留お届けに参りました!

 

今回紹介するのはディメンション・ボックスよりこのカードです。

 

 

 

超重武者ダイ-8
効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻1200/守1800
「超重武者ダイ-8」の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
このカードの表示形式を変更する。
②:このカードは表側守備表示のままで攻撃できる。
その場合、このカードは守備力を攻撃力として扱いダメージ計算を行う。
③:自分の墓地に魔法・罠カードが存在しない場合に発動できる。
自分フィールドの表側守備表示のこのカードを攻撃表示にし、
デッキから「超重武者装留」モンスター1体を手札に加える。

 

 

超重武者の新しい仲間となるレベル4のモンスターです。

名前を一目見ると「ダイヤ」と読めそうですが「ダイハチ」です。

ダイハチとは正式には大八車(または代八車)の事で

江戸時代に荷物の運搬用によく使われていた人力車の事です。

イラストでは下半身がタイヤのロボットが

超重武者装留を大量に搭載した大八車を引いて爆走しています。

こいつも超重とか言いながらやたらフットワークが軽そうな奴です。

 

 

①と②の効果は召喚、特殊召喚時に表示形式を変更できる効果、

そして表側守備表示の時に守備表示を攻撃力扱いにして攻撃できる効果です。

どちらも超重武者ではすっかりお馴染となっている効果ですが

下級で②の効果を持っているのはこのダイ-8が初だったりします。

守備力は1800と実質的に1800打点の下級アタッカーとして運用可能です。

もしビッグベン-Kや超重武者シンクロを用意できない場合でも

いざという時にダイ-8に超重武者装留を装備させて攻撃させられる点は

事故率を軽減する役割として結構お世話になるケースもあるでしょう。

グレート・ウォールで強化すれば3000打点と中々馬鹿になりません。

多分こいつの守備表示攻撃はあれですね。きっと荷台で攻撃します

 

 

③の効果は1ターンに1度、自分の墓地に魔法罠が存在しない場合に

表側守備表示のこのカードを攻撃表示に変更する事で

デッキから超重武者装留1体をサーチできるというものです。

イラストの通りに大八車を引いて超重武者装留を届けてくれるんでしょう。

絵から判断すると多分「第八車を引いて走る=攻撃表示」なんだと思います。

特にチュウサイをサーチすればそのまま自身に装着してリリース、

任意の超重武者をデッキから特殊召喚する事が可能であり

実質的に「ダイ-8を場に出す=好きな超重武者をデッキから特殊召喚」という

非常に強力な効果だと言えます。

既に場にビッグベン-Kや超重武者シンクロがいる場合には

バスター・ガントレットをサーチして大ダメージを狙うのもいいでしょう。

 

 

レベル4な為に超重武者テンB-Nから蘇生できる点も強力で

テンB-Nで蘇生させた後に超重武者装留をサーチしつつ

ランク4のエクシーズ召喚に繋げる事も可能です。

特にフルモンスター型の超重武者を大幅に強化してくれる1枚ですが

魔法罠を採用しているタイプであってもいざという時の下級アタッカーとして

ブラック・ガーデンが発動している中でも問題なく戦えたり

D2シールドで3600打点になったりと結構有用だったりします。

少なくとも事故率の軽減要員にはなってくれるでしょう。

 

%e6%a8%a9%e7%8f%be%e5%9d%82%ef%bc%95

関連記事

EM(エンタメイト)オッドアイズ・シンクロン:遊戯王カード考察  ちゃっかり吊り上げ効果がつきました

5月13日、いよいよコレクターズパック2017の発売ですね。 今回紹介するのはコレクターズパッ

記事を読む

レスキューフェレット:遊戯王カード考察  レベル6までなら何でも特殊召喚可能!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王カード考察:ゾンビーノ 実はアンデット族通常モンスター中最大攻撃力です

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

RR(レイド・ラプターズ)-ファイナル・フォートレス・ファルコン:遊戯王カード考察 完全耐性がついて守りも強固になった最後の砦

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:トリックスター・ベラマドンナ 完全耐性を活かすには・・・

2018年1月13日に 新しいパック「フレイム・オブ・デストラクション」が発売されます。

記事を読む

オルターガイスト・ヘクスティア:遊戯王カード考察 メインアタッカー兼優秀な繋ぎ要因

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:竜魔王レクターP(ペンデュラム)

シャイニング・ビクトリーズの発売も近づいてまいりました。 既にフラゲ情報も出回っているようです

記事を読む

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)90 銀河眼の光子卿(ギャラクシーアイズ・フォトン・ロード)

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:強欲で貪欲な壷

え?3枚積みしていいの?   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこ

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話『終末のトリガー』感想

遊戯王ヴレインズ31話の感想です。 はじまったゴーストガールとリボルバーのデュエル。 そ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,558,498 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑