東方深秘録、ネット対戦可能な体験版が配信

というわけで黄昏フロンティアの公式サイトで東方深秘録の

新しい体験版のバージョンがダウンロードできるようになりました。

ダウンロード可能になったのは5月4日の深夜ですがまあ配信直後というのは

ものすごく公式ページが重くなりますね。

最初はミラーが追加されましたがまだまだ重い感じですね。

自分は昨日の深夜になんとかダウンロードできました。

 

実は今回初めて深秘録触ったのですが心綺楼とは全然違っていましたね。

ボタンの数も少なくなっており、そういう意味では心綺楼よりも、

操作は簡単になっているのではないでしょうか?

しかし必殺技の配置にあらたにニュートラルが加わっているのは、

また少し戸惑う部分かもしれません。

このスマブラ方式のコマンド入力システム、自分苦手なんですよね。

まあこういう空中でふわふわしたゲームで昇竜拳コマンドとか、

それこそ操作難易度が上がってしまうのでこの入力システムは英断だと思います。

あと飛翔ボタンの追加は嬉しいですね。

これがあるだけで大分動きやすくなった感じします。

ただキャラのカスタマイズ性が大分減ってるのは残念ですね。

非想天則でもオールスキカデッキとかやっていたのであんな風に思いっきり

キャラの性能をいじるのはすごく好きでしたから。

 

キャラ増えてるかなー?と期待していましたが以前と同じようにプレイ可能なのは

博麗霊夢、霧雨魔理沙、茨木華扇の3キャラでした、残念。

何にしてもネット対戦が可能になりましたので今の内にやりこむことができれば

深秘録対戦当日に初めて触る人と差をつける事もできると思います。

例え使う予定のキャラがまだいないとしても今の内に何かしらのキャラを触っておくのは

間違いなく成長に繋がります。

格闘ゲーム(あんまり格闘ゲームっぽくないけどそういう事にしとこう)は

ある程度の段階になるとキャラ対策のゲームになりますからね。

キャラ対策にはそのキャラを実際に触ってみるのが一番です。

「自分がされて嫌な事は人にしない!」なんていう実に道徳的な教えは、

こと対戦ゲームの戦術においてはドブに捨てるべき感情です。

「自分が何をされたら嫌か」というのを把握しそれを思いっきり人にしましょう!

あ、勿論ゲーム中の話ですので対戦後の煽りとか駄目ですよ。

 

ちょっとネット対戦をしてみましたが心綺楼に比べると

圧倒的にタイムアップにはなりにくい感じですね。

まだつたない操作ですが結構逃げ回る感じの立ち回りでも時間には余裕がある感じでした。

心綺楼の頃はかなりタイムアップになりやすかったですからね。

基本的に時間はあまり気にしない立ち回りをしてもよさそうな感じです。

関連記事

東方深秘録:CPU戦の勝利時の台詞を一部抜粋 そのに

今回のランダムってスペルカードまでランダムで選択されるストⅣ方式なんですね・・・。 菫子の電波

記事を読む

東方外来韋編(とうほうがいらいいへん)発売!東方香霖堂の復活や色々と興味深い新事実も・・・

9月30日に東方projectの公式マガジンとなる東方外来韋編・壱が発売されました。 壱という

記事を読む

キャッチフィーリング用の辞書を作りました:ニコニコMUGEN

転校生の薫ちゃんにはある秘密があった!? 平和に学園生活を送りたい薫ちゃんですがそれを周りが許

記事を読む

「東方天空璋~ Hidden Star in Four Seasons.」製品版発売、新キャラクター判明(ネタバレ注意)

8月11日、東方天空璋が発売されました。 自分は委託待ちの1人ですが早くプレイしたい所

記事を読む

東方鈴奈庵第34話『誰がデマゴギーを広めるのか 前編』感想

東方鈴奈庵34話の感想です。 付録のポスターがでかいと評判みたいですね。  

記事を読む

遊戯王用に今まで作った七英雄コラを1年の終わりに振り返ってみる

2016年もいよいよ終わりです。 今年も1年この考察好きニコ厨のMUGEN次元に付き合っていた

記事を読む

東方深秘録:CPU戦の勝利時の台詞を一部抜粋

ストーリークリア後、キャラクターの動きに慣れる為も兼ねて ちょっとCPU戦で見られる試合後のキ

記事を読む

聖白蓮がはっちゃけすぎてる件:東方深秘録ネタバレ

とりあえず東方深秘録が委託販売される15日ぐらいまでは ネタバレ注意って書いておこうかなって思

記事を読む

2018年度遊戯王OCG検定テスト、気になった問題の解説など

毎年このぐらいの時期になるとやってくる遊戯王OCG検定。 今年も4月の間行われていました。

記事を読む

ソードワールド2.0の神々の何かちょっとおかしい紹介:始祖神ライフォス

ソードワールド2.0に関する記事、何か書こうかなーとも思っていたのですが、 何を記事にしたらい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:サイバネット・オプティマイズ 通常召喚追加はやっぱり強い!

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:トークバック・ランサー LINK-1の中でも攻撃力高め、効果も優秀

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:サイバネット・コーデック 最大で6枚サーチ!あとはデッキに何を採用するか

本日6月23日、ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-の発売です。

遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

→もっと見る

    • 5,414,011 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑