遊戯王カード考察:魔玩具補綴(デストーイ・パッチワーク)

強い事しか書いてない

 

今回紹介するのはDIMENSION BOXよりこのカードです。

 

 

 

魔玩具補綴
通常魔法
「魔玩具補綴」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:デッキから「融合」1枚と「エッジインプ」モンスター1体を手札に加える。

 

 

【ファーニマル】用の通常魔法です。

「デストーイ」と名のつくカードであり

エッジインプ・チェーンの効果でサーチが可能です。

 

%e3%83%87%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%a4%e3%83%bb%e3%83%91%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af

ファーニマルライオ、ファーニマルドッグ、ファーニマルオウルの頭を持つ

ボロボロになったぬいぐるみが横たわる痛々しいイラストです。

3つの頭を持つ事からデストーイ・マッド・キマイラが力を失い

元のファーニマルであった姿に戻っているのかもしれません。

 

 

その効果は1ターンに1度、

デッキからエッジインプ1体と融合をまとめて手札に加えます。以上!

 

 

・・・・・・普通に強すぎて書く事に困るんですが

あのさぁ!どう使っていいか分からないカードも紹介に困るけどさぁ!

それ以上に誰がどう見ても強いカードも解説するの難しいんですよ!

まさにファーニマル版儀式の下準備とも言えるようなカードであり

1枚で2枚分のサーチを行えるカードが弱いわけありません。

デメリットも何もなしにただ一言強い事が書いてあります。

メタルフォーゼあたりにあったら絶対許されないカードでしょう。

ファーニマルにとってはいわゆる必須カード級の強さを誇っており

「採用する理由」ではなく「採用しない理由」を考えるべきカードだと言えます。

特に理由がなければ思考停止で3枚積みしていいでしょう。

 

 

一応補足説明をしておくとファーニマルには

元々デッキから融合をサーチできるファーニマル・オウルが存在しており

ファーニマルオウルと魔玩具補綴の両方を採用していると

デッキの融合をサーチしきってしまうというケースはよく発生すると思います。

その場合魔玩具補綴の発動自体が不可能になってしまうため

デッキに残る融合の枚数には気をつける必要があるでしょう。

ただこの場合でも手札に融合を握っている状態であるならば

エッジインプ・シザーやエッジインプ・ソウの効果で融合をデッキに戻す事で

改めて魔玩具補綴を発動する事が可能です。

この時エッジインプ・DTモドキをサーチすれば

デストーイ・サーベル・タイガーの融合召喚にも繋げられる為、

小手先のテクニックとして覚えておいて損は無いでしょう。

追記:無理でした。ごめんなさい

 

 

またエッジインプ・シザーは元々出張させやすいカードであり

このカードとエッジインプ・シザー、融合の3種類のカードを

融合召喚を狙える別のテーマに出張させるのも1つの手です。

特にデッキに戻す効果が重宝するD-HEROにとっては

融合召喚も狙いやすく有力な出張候補となってくるでしょう。

それ以外でも闇属性をメインに活用しているデッキに出張させれば

スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴンの融合召喚を狙えます。

 

 

まあ何にせよ「シンプルなテキストのカードは強い」を地で行く1枚です。

間違いなく【ファーニマル】の強化に貢献してくれるカードであり

ここ最近はファーニマルの強化っぷりが凄まじいですね。

 

%e7%b4%a0%e8%89%af%ef%bc%98

関連記事

遊戯王OCGカード考察:水晶機巧(クリストロン)-リオン

除外されたカードを再利用!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこの

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:デストーイ・マーチ

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ダイナミスト・スピノス

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG,7月の制限改定を個人的に予想してみる

新しいリミットレギュレーションの時期も近づいて来ましたね。 かなり群雄割拠の環境ですがそれでも

記事を読む

遊戯王アークファイブ第126話『悪魔の生まれた日』感想

遊戯王ARC-V126話の感想です。 暴走により瑠璃とセレナを撃退した遊矢とユートは2人を追い

記事を読む

遊戯王アークファイブ第114話『闇に輝く超銀河』感想

遊戯王ARC-V114話の感想です。 見事勝鬨相手のエンタメデュエルを成功に収めた遊矢。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:アモルファージ・ガストル、アモルファージ・ルクス、アモルファージ・プレスト

魔法ダメ!罠ダメ!モンスター効果もダメ!   今回紹介するのはシャイニング・ビ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:レッドアイズ・インサイト

レッドアイズに超朗報   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムよ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ブンボーグ007(ゼロゼロセブン)、ブンボーグ008(ゼロゼロエイト)

ブレイカーズ・オブ・シャドウ、とうとう今日発売ですね! 今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:アーティファクト-ヴァジュラ

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

Comment

  1. DT より:

    サーベルタイガーは融合素材に「デストーイ融合モンスター」を指定してるからDTモドキは使えないと思いますのん

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
Re:EX(レックス):遊戯王カード考察  2700打点まで届く下級恐竜族の脳筋担当!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。

レスキューフェレット:遊戯王カード考察  レベル6までなら何でも特殊召喚可能!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。

東方鈴奈庵第49話『本居小鈴の葛藤(後編)』感想

鈴奈庵49話の感想です。 前回は前編と書かれていなかったのですが

覇王眷竜(はおうけんりゅう)クリアウィング:遊戯王カード考察  シンクロ召喚すれば相手モンスター全破壊、覇王眷竜どれも強いぞ!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。

遊戯王アークファイブ第148話(最終回)『ペンデュラムが描く奇跡』感想

遊戯王ARC-V148話の感想です。 3年続いたアークファイブも

→もっと見る

PAGE TOP ↑