遊戯王カード考察:魔界劇団-ティンクル・リトルスター

公開日: : 最終更新日:2017/01/06 カード考察, 遊戯王, 遊戯王OCG ,

デビル・ヒールと相性バッチリ!

 

今回紹介するのはDIMENSION BOXよりこのカードです。

 

 

 

魔界劇団-ティンクル・リトルスター
ペンデュラム・効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1000/守1000
【Pスケール:青9/赤9】
①:自分は「魔界劇団」モンスターしかP召喚できない。
この効果は無効化されない。
②:1ターンに1度、
自分フィールドの「魔界劇団」モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、
そのモンスターは1度のバトルフェイズ中に3回までモンスターに攻撃でき、
対象のモンスター以外の自分のモンスターは攻撃できない。
【モンスター効果】
①:このカードは自分のターンには戦闘では破壊されず、
1度のバトルフェイズ中に3回までモンスターに攻撃できる。

 

 

魔界劇団の新しいメンバーとなるレベル4のペンデュラムモンスターです。

%e9%ad%94%e7%95%8c%e5%8a%87%e5%9b%a3%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%aa%e3%83%88%e3%83%ab%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc

ワインレッドを基調とした衣装を身にまとった小さな女の子です。

ティンクル・リトルスターは訳すなら「煌く小さなスター」と言った所で

劇団における子役のポジションだと考えていいでしょう。

髪とも帽子とも取れる頭の部分がビッグ・スターとよく似ており

恐らくはビッグ・スターの妹ではないかと思われます。

 

 

ペンデュラム効果の①はこのカードがペンデュラムゾーンにある限り

魔界劇団しかペンデュラム召喚できなくなる制約効果です。

このカードのスケールが9と高い為制約がつくのは仕方ない所でしょう。

レベル4の魔界劇団の中でも特にスケールが高く

ワイルド・ホープと同じくデビル・ヒールのペンデュラム召喚に対応します。

 

ペンデュラム効果の②は1ターンに1度、

自分の場の魔界劇団モンスター1体を指定、そのターンの間

指定した魔界劇団しか攻撃できなくなる代わりに

その魔界劇団が3回攻撃できるようにするというものです。

特にデビル・ヒールに対して発動できれば非常に恩恵が大きく、

攻撃力3000で3回攻撃しつつ最大で3枚もの魔界台本の回収を行えます。

これに加えて魔界台本「火竜の住処」でも発動しようものなら

相手は最大で9枚ものカードをエクストラデッキから除外しなければいけません。

 

 

 

モンスター効果は自分ターンの場合このカードは戦闘で破壊されず

また1度のバトルフェイズに最大で3回まで攻撃できるというものです。

このカードの攻撃力は1000と低めな為そのままでは活かしづらいですが

魔界台本「ファンタジー・マジック」と組み合わせる事で

最大で3体もの相手モンスターをバウンスさせる事が可能です。

そもそも自分ターンのみの戦闘破壊耐性を持っている事からも

ファンタジーマジックを発動して自爆特攻するのを前提にした効果なのでしょう。

強力なコンボですが戦闘ダメージには気をつけましょう。

また団結の力や魔導師の力、ファンキーコメディアンなどで攻撃力を強化できれば

3回攻撃できる強力なアタッカーとしても使う事が可能です。

 

 

ファンタジー・マジックと火竜の住処の価値を大きくあげてくれる1枚です。

どちらも通常魔法のサポートとしてはあまりパッとしない性能でしたが

ティンクル・リトルスターの登場によりその性能を最大限に発揮できます。

特にエクストラデッキの消耗が激しいデッキが相手の場合

火竜の住処でエクストラデッキを根こそぎ除外されれば悲鳴が上がるでしょう。

またスケール2の多い魔界劇団にとってはレベル4のであるのも嬉しい点で

サッシー・ルーキー、ワイルド・ホープ、プリティ・ヒロインらと共に

ペンデュラム召喚で一気に展開がしやすく同胞の絆も共有可能です。

魔界劇団は特にレベル4の上記のトリオが優秀ですが

このカードも3人に負けず劣らず優秀なレベル4と言えるでしょう。

 

 

スケール9である点や3回攻撃を付与するペンデュラム効果から

デビル・ヒールを最大限にサポートする為のカードだと言えるでしょう。

いかにもな悪役が小さな女の子に慕われるという構図は王道中の王道であり

沢渡さんはよく分かっています。

 

%e6%b2%a2%e6%b8%a1%ef%bc%91%ef%bc%90

関連記事

遊戯王OCGテーマ考察:方界(ほうかい) ”ムービーパック”

2016年4月23日! とうとう劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIME

記事を読む

砂塵の大嵐(さじんのおおあらし):遊戯王カード考察  特にアーティファクトと高相性!つまり相手ターンに使えという事です

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:D-HERO(デステニーヒーロー) ディシジョンガイ

デュエル中に1度だけの決断を   今回紹介するのはデステニー・ソルジャーズより

記事を読む

遊戯王カード考察:シャドール・ネフィリム ネフィリムが帰って来た!・・・・・・あれなんか違う

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

遊戯王OCG、2017年4月の制限改定判明!十二獣はがっつり規制!新マスタールールの影響で規制、緩和されたカードも

2017年4月のリミットレギュレーションが判明しました。 新マスタールールの登場もあり今回の制

記事を読む

超重蒸鬼テツドウ-O(ちょうじゅうじょうきてつどうおう):遊戯王カード考察  シンプルに打点が強い!

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

覇王眷竜(はおうけんりゅう)ダークリベリオン:遊戯王カード考察 4000程度のダメージは軽くいけます

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:D-HERO(デステニーヒーロー) デッドリーガイ

結構お世話になる打点強化要因   今回紹介するのは20th ライバル・コレクシ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:古代の機械熱核竜(アンティーク・ギア・リアクター・ドラゴン)

9月24日にストラクチャーデッキ-機械の叛乱-のリメイクとなる ストラクチャーデッキR-機械竜

記事を読む

D-HERO(デステニーヒーロー) ダスクユートピアガイ:遊戯王カード考察 融合召喚狙うより幻想召喚師使った方がいいかも

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    そろそろスケール1の追加もだな……
    バイプレイヤーのP召喚難度下げてくれい。
    つーかバイプレイヤーが3か4ならといつも思う。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:聖騎士の追想 イゾルデ ボールスに続くまとまった聖剣墓地肥やし手段

いよいよ今日、LINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パ

遊戯王カード考察:インヴェルズ・オリジン 激流葬あたりと組み合わせよう

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王カード考察:フレッシュマドルチェ・シスタルト 魔法罠を守る優しいシスター

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第28話『三騎士、最後の将』感想

遊戯王ヴレインズ28話の感想です。 惜しくもロンリーブレイブの前

遊戯王カード考察:トラフィックゴースト 待望の下方向3つの汎用LINK-3

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

→もっと見る

    • 4,815,283 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑